アンナdiary~Part2

日々のこと。

風に吹かれて。。。3年と19年。

2016年10月14日 12時18分45秒 | diary

おこんぬつわ~


ノーベル文学賞にボブ・ディランが受賞した。


私の中でボブ・ディランは「さんタク」なのw
朝から色々な局で「風に吹かれて」を流すから
その度に私の脳内はさんタク色に染まるwwww

 

中学の時、読書の時間というのがあって
ボブディランの歌詞集を読んでいたら
国語の先生が「そんなくだらないの読んでないで
文学的なものを読みなさい」と言われたっていうツイ見て
その先生は今何思うのだろうと、しみじみしたwwww

 

そっか~ボブ・ディランはノーベル文学賞になるのかぁ
平和賞じゃないんだすごいなぁ。。。


多くの日本人は、村上春樹さんが受賞するんじゃないかと
期待してたようですが。。。残念ですね。
でも、私は村上春樹さんの作品を読んだことがないので
どんなにすごいのかがわからない。
今度読んでみようかなぁ?



 

春じゃないのに、最近夜眠くて仕方なくて
テレビ見ないで、音楽聞きながら寝落ちしてる

 

秋ドラマ始ってるけど、全然見てない
今日からちょっとチェックしてみよう。

 


もう昨日だけど、10月13日は「安堂ロイド」と「ラブジェネレーション」の
初回放送記念日(^^)なんでも記念日にしてしまうw

ロイドはまだ記憶に新しい2013年10月13日
ラブジェネは1997年10月13日

3年と19年。

私の木村拓哉の第一のピークはラブジェネの頃かもなぁ。。。
ロンバケで落ちて、協奏曲→ギフトで一気に熱があがり当時はネットしてなかったから
もっぱら週刊誌やスポーツ新聞とテレビ・ラジオで情報収集。


ラブジェネの頃は、当時付き合ってた彼女と同棲始めた頃じゃなかったかな?
ワッツで話すプライベートネタがすっごいリアルで、妄想しまくってた
いまだかつてないアイドル像を確立させたの木村拓哉だと思うんだ。


ラブジェネは拓哉的にはイマイチだったのかも。
牡蠣にあたったり、色々あったみたいだし。
打ち上げで泣いたってワッツで言ってたと思ったけど。。。うろ覚えなので
テキトーに読んでwww


私は好きで当時何度もリピした。
最後の方の脚本がちょっと迷走してる感じがあって
後半の記憶が薄いけど


とにかくとてもリアルに演じる人なので、感情移入しちゃうのよね。
今見ても全然古く感じないから、ドラマの再放送枠欲しいなぁ。。。
今の若い子に見せてあげたい。

安堂ロイドは、まだ自分の中で未解決のままなんだ。
終わってないの。
お願いだから完結編として、映画かスペシャルやって欲しい。
拓哉ドラマの中では数字が良くなかったけど、こんなにハマった作品もない。


初回放送前に放送したメイキングが素晴らしかったのと、黎士ブログの存在が
この作品への思いを半端ないものにしてくれたかもなぁ。

拓哉のアクションのキレが素晴らしくて、走るシーンもカッコイイ。
放送では一瞬横切る感じでしか映らなかった走るシーンだけど
メイキングではこちらに向かう感じで走るロイドがメッチャ!カッコよくて
必見。

ドラマでDVD-BOXとサントラ両方買ったのは、ロンバケ以来だなぁ。。
写真集みたいなのも買ったし、ロケ地にも行っちゃったし、ロイドキューブ
買ってしまったりetc


メイキングで腰を強打した後に、スタッフが心配して話しかけてたけど
大丈夫って平気な顔してこの階段を下り、ロケ車に乗り込んだ拓哉の背中が
私の拓哉への思いを永遠にしたんだと思う。

この人に付いて行きたいって思わせた。


それぐらい、その背中がカッコ良かった



ごめん、語るとうざ過ぎて困る@自分

 

昨日公式がつぶやいてたね

「ロイドは現場で作っていけた作品
偉い人、偉そうにする人がひとりもいなくて。
あれだけのビッグネームがたくさんいたのにね(笑)
なんにも、気遣いは不要で、でも、優しさと熱意にあふれていて。
あの頃のみんなに、今でも愛されてるよと伝えてあげたい」


スタッフと演者の熱意が伝わった素晴らしい作品だと
私は思うんだ

 

拓哉の次なる作品が、どんなものかわからない。
SMAP解散の後なので、色々言われるのは目に見えてる。
でも、彼は期待を裏切らないと思う。
今まで一度も裏切られたことがないから

現場が大好きな人だから。
全力でみんなに届けてくれると思う。
今からすごく楽しみです。
願わくば、またブログやって欲しいな

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねほりんぱほりん? | トップ | ワッツ(゜ε゜,,)風邪ひいた。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。