アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

応援上映、初体験!

2017年07月08日 10時39分12秒 | diary

丸の内ピカデリーでの「無限の住人」応援上映に行ってきました。

応援上映がどんなものか?事前に他の応援上映会の模様を
ユーチューブでシュミレーションして参加

尚且つ、Wikipediaで調べて行きました

----------------------------------------

応援上映とは.......

映画の上映中に観客が大声を出すことが認められた特別上映回。

映画上映中に観客の声援、コスプレ、アフレコなどが許される新しい
映画鑑賞スタイルであり、映画館では静かに映画を鑑賞するという
従来の概念を覆すものである。
盛り上がるシーンで歓声や声援を上げたり、ツッコミを入れたり
劇中のセリフを唱和したり、サイリウムを持ち込んでコンサートのように
楽しむことができる。

応援上映の醍醐味は「ファンが作品の興奮や感動を共有できる」ことであり
会場が一体となる楽しさがネットや口コミで話題となり、同じ映画に何度も
通うファンが増えたという。

一方で上映中に声を出すという特性上、映画に集中したい人には不向きであり
ネタバレは避けられず、「リピーター向けの祭典」ともいえる。
また応援上映と知らずに入場してトラブルになった例や、観客の迷惑行為で
応援上映が中止された例が報告されており、映画館側の情報の周知や
観客のマナーが必要とされる......

--------------------------------------------

ユーチューブで応援上映見て、wiki読んどいて良かったよ。
静かに見るんじゃなくて、参加型なんだなってわかったので
最初から盛り上げて来たwwww

100均で赤いサイリウムを2個買って持っていきました。
サイリウムって使ったことがなかったので、どうやって使うんだろう?
ってツイでつぶやいたら、親切な人がすぐ教えてくれた
仕事をまたまた早退して後ろ髪引かれる思いで有楽町へ....

ピカデリーさんへ行くのはこれで何度目だろうか?

入口に木村から豪華なお花が届いていてね。
それ見ただけで感動しちゃって
ツイで見たけど、応援上映で花が届くことはめずらしいらしく
更に感涙この花を生で見れただけで、遠くから来て良かったって
隣で写真撮影してた人が感動してて、私もです
木村彦星ありがとう


ワッツでもこの応援上映を願ってくれた人とピカデリーさんに
感謝してたよね。
そんな木村の気持ちが私達にビンビンに届いて、本当に幸せな七夕の
夜でした。木村、ありがとう
いつもいつもファンの思いを受け止めて返してくれる。
あなたとはキャッチボールが出来てるなって
おこがましいけど、そう思う
いつまでもいつまでも気持ちのキャッチボールが出来て
一緒に前へ進めて行けたらいいなって
あらためて思いました


木村からの花の写真を撮ろうとしたら、並ばなきゃいけなくて
長蛇の列私の前に赤いワンピを着た若い女性。
三つ編みで風車とクマんじ持ってて、これは凛ちゃん風なんだろなって。
すごく可愛い女性でした。普段でも着れるような赤いワンピを
買いましたって。
その隣に万次コスプレの少年。自分で作ったと言ってた。
おばちゃん達からスゴイスゴイと褒められてたwww
ツイで写真があがってたので、リツイさせてもらいました。


ピカデリー1で見たのですが、9割女性。いやもっとかな?
男性は1割もいなかったと思うけど、その男性たちが応援上映に
慣れているのか?大きな声を率先して出してくれてましたね。

本編上映前に、宣伝用のCM3本流しますとスクリーンに出て
ここで一気に盛り上がりました。
ピカデリーさんの思いに拍手


映画始まってすぐに、男性の声で「〇〇ありがとう!」
この男性の「ありがとう!!!」を聞いて、ジャパンプレミア上映後
男性達から「ありがとう!」「ありがとう!」のあの日を思い出して
ウルウルしてしまいました。

後でツイで知ったけど「ワーナーさんありがとう」って
言ってたのね。


かけ声あり、拍手あり、応援ありでものすごく楽しかったです。
赤いサイリウムやペンラが舞っていて、とても綺麗だったし

万次が毎度毎度やられてしまうのでwその度にみんなが
ガンバレ~~~~~!ガンバレ~~~~~って応援するんですよ。

「蟲ガンバレ~~~蟲ガンバレ~~~!」って

万次ガンバレ~~~じゃないの、蟲ガンバレ!(爆)

まさか、蟲の応援をしてくるとは夢にも思わなかったですw

槇絵との対決も最高に盛り上がった。

みんなが「上!上!万次さん、上!」ってwww

凛ちゃんが鼻水垂らして涙してるシーンは
「ティッシュ、ティッシュ!」ってwww

冒頭の100人斬りで、最後ひとり残ったところの対決で
「あとひとり!あとひとり!」コールには大笑いしたw

気が付けばずっと笑顔だった。
笑う映画じゃないんだけど、笑ってばかりいましたね。
みんなのリアクションやかけ声がいちい可笑しくてwww
久しぶりにライブ感覚でそこにいた802人とこの映画を共有出来て
こういうのもアリだなって。

万次が登場するたびにヒューヒューや、カッコイイ!
でも、ここが一番盛り上がりましたね↓

 300人斬りのこのシーンは大盛り上がり!
みんなでヒューヒュー!待ってました!って感じですごく楽しかったぁ

ラスト凛がごめんね、お兄ちゃんって言うくだりだけは
みんなシーーーーーンとして固唾をのんで見入ってた。

MIYAVIの主題歌が流れてからは、一緒に歌う人手拍子する人
三池監督の名前が出たら、大拍手

三池監督が木村に直接オファーしてくれなかったら、この映画はこの世に
誕生しなかったかもしれない。
ありがとう、ありがとうって精一杯の拍手をしてきました

2F席はスタンディングオベーションしてたし
号泣して立ち上がれなかった人もいたみたいで
それぞれが、それぞれの思いで応援した素晴らしい上映会でした。

帰る時にまた花をパチリ

とにかく人が多くて、時間もなかったのでちゃんと撮れなくてゴメンナサイ。

来週の金曜日7月14日には、キネカ大森さんでも応援上映が行われます。
こちらも木村さん感謝をのべてましたね。
こっちは小さな箱なので、チケット争奪戦がすごそう
だって、ピカデリーは800、キネカは130ぐらい?
立ち見入れたらもう少し入るのかな?

行ける方は是非!
私は昨日が見納めです......と言ったら友達に
その言葉3回聞いたと言われてしまったアハハハ、そうだったw


 


 

とても楽しい応援上映だったけど、追加でやることになった
ピカデリー2では、応援上映がどんなものかあまり理解されてない方が
「うるさい!」と何度も怒ってたとか

これが一番恐れていたことで、そもそも応援上映とは何ぞや?
って知らない人が参加して、騒いでいる人にうるさいと
言わなきゃいいなぁ.....って思ったんだ。
やっぱレクチャー必要だよなぁ....


うるさいと言われた男性がツイしてたけど
うるさいと本気で怒られて委縮しちゃったのが残念で
しかもピカデリー1の方は応援の猛者がいて楽しめたみたいで
その差に少々凹んでた。
でも、映画自体は素晴らしいので一度体験して欲しいって
言ってました。

この男性がキネカ大森にも参加したいみたいで
今回の思いをぶつけたいから頑張りますって言うてたなぁ。
彼がキネカに参加出来ますように!

キネカ大森は絶叫型応援上映なので、大騒ぎが当たり前!
応援上映がどんなものかわからないで入る人がいませんように。

映画のロードショー公開は6月頭で終わってる無限の住人だけど
沢山の熱いファンに支えられて、劇場は限られてるけど延長上映を
してもらったり、こうやって応援上映が出来て本当に嬉しい

『無限の住人』愛されてます

色々あったけど、この映画が木村の俳優人生のターニングポイントに
なるのは間違いないと思う。
次回作は応援上映型の作品ではないと思うので、ないとは思うけど
また応援上映があったら参加してみたい。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 只今準備中.... | トップ | 2017年上半期..... »
最近の画像もっと見る

diary」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。