アンナdiary~Part2

日々のこと。

余韻

2017年03月21日 11時42分33秒 | diary

アライフ最終回直前ナビ+最終回を何度も見てる。

何度見ても、同じところで泣きそうになる。

深冬の手術が無事に終わり、病室で眠る深冬の傍らに
座る壮大。

目が覚め驚き、手を差し延べる深冬。

その手を取り泣き崩れる壮大。

 

自分が作ってきた呪縛から解かれた瞬間なのかも。
ここは泣けたなぁ。。。

 

その呪縛を解いてくれたのは、深冬の元恋人であり親友でもあるカズ。
ふたりの手術シーンは、まるで本当に手術しているみたいで
リアルで素晴らしかった。
壮大の「カズ」って呼び方が良かった。

 

沖田先生の苦悩を1話からずっと見てきたから
私はふたりで深冬の手術をしたところから壮大の涙までのシーンが
一番好きで感動した。

色々な感情に支配されて
恨みつらみでがんじがらめになって生きていくことこそ
辛いことはない。


ここうまく言えないんだけどさぁ。。。誰かうまく言ってwww
「許すこと」って言葉が適切かわからないんだけど
受け入れて、受け止めて、許す。
うまく言えなくてむずいwwwごめん。
愛にも色々なカタチがあって。。。
慈愛?

私はここがとても好きなの。

うまく言えなくてごめん。

誰かが、沖田先生は寅さんみたいだって言ってた。
人を幸せにしたら自分はその場から風のように去っていく。


沖田先生に出会えたことで、みんなが幸せになったような気がするの。

 

深冬の手術前にやった両手を差し出すバレーテスト?って言うの?
片方が下り始めた瞬間に沖田先生手を取ったよね。

あの瞬間の優しさ、木村拓哉と被った。

沖田先生が毎度毎度、木村拓哉と被るんだ。
拓哉が医者だったら、沖田先生みたいになっただろうなぁって。

 

色々なシーンが思い出され、今はその余韻に浸ってる
本当に存在してたかのようなリアルな外科医だったなぁ。。。
またいつか、シーズン2とかスペシャルとかどこかでまた
沖田先生に会いたい。
あっ、井川先生にも、柴田さんにも会いたいなぁ。。。

アライフロスまではいかないけど
素敵な作品に出会えて幸せだったな~ってしみじみしてる


昨日、打ち上げパーティーがあったみたいで
共演してた3人組医師の女医さんがツイでつぶやいてた。
誰が参加して、どんな感じだったか知りたいなぁ。
いつかワッツで話してくれるかなぁ?




今朝、一般の男性のツイに嬉し泣き

『A LIFE』最終回。キムタクは、周りからどんだけ叩かれようが
結局最後までカッコ良かった。
キムタクは何をやってもキムタクと一面的にしか見てない連中は
逆に自分を恥ずかしいと思った方がいい。
彼はSMAP解散という歴史的悲劇を乗り越え、本作で間違いなく
新たなステージに立った。
 

ありがとう
そう思ってくれる人がひとりでもいるってことが
きっと励みになると思う。
私もそう思う。
 
拓哉は新たなステージに立ったよ!
 
これから『木村拓哉』として、力強く前に進んで行く。
それはsmapという28年があってこその、今の木村拓哉だということを
本人は誇りに思っていると思う。


だからすべてを受け入れて受け止めて前へ進む拓哉は
沖田一光そのもの。

 
 
ドラマ終わってしまったので
これから「さんタク」と無限の住人を楽しみに頑張ろう
 


ツイで見つけた女性自身の記事が良かった。
もう、トラウマなので週刊誌とかネットニュースとかで木村拓哉の文字
見るだけで悪いこと書いているんじゃないかと思ってしまう
 
でも、これはまともかも?と思ったけど。。。
悪口書いてないけど、色々間違えてるみたいでww

なので悪口書いてないってだけで
やっぱ週刊誌ってテキトーだなって結論に達したw
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A LIFE~愛しき人~ 最終回 | トップ | 男たちのアライフ感想 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。