アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

余韻。

2017年05月16日 11時23分15秒 | diary

気が付けば。。。

1週間近く放置していた

すみません。。。
時間を作っては、映画館へ行ってる私。
5/14の時点で9回目。

余韻に浸りすぎて、何も書けない。
ワッツでさえ、上の空だった。

この思いをどうやって伝えたらいいのか?
語彙力がないので、うまく書けない(;;)
すごくいいんだってばさ!それしか言えないwww


カンヌの特別招待作品のひとつに選ばれたのも頷けます。
きっとカンヌで注目されること間違いないと思います。
5/18 22時30分(現地時間)に上映なので、そろそろカンヌへ出発かな?

漫画の英語版が2000年にアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞していて
以前アメリカの方で実写化の話があったぐらいだし、きっと海外では
日本以上に受けると思う。レッドカーペット楽しみだなぁぁ


ワーナー過去最大級規模での欧米上映決定だとも聞いている。
カンヌがキッカケで世界中にこの映画が広がるといいなぁ。。。

こんな木村拓哉見たことないと、映画を見た人が口々に言う。
ツイではみんな絶賛しています。
毎日ツイを見るのが嬉しくてたまらない。

 


■『無限の住人』凛の守りたくなる様な儚さと気高さ、木村さんよくこの役引き受けたなと
 思う位苦しそうで汚れているがそれでもやはり大スターの風格と凛々しさは絶大。
 片目を瞑って沢山の敵を相手に大立ち回り並々ならぬ努力としか思えないが鮮やかな
 剣捌きと靭やかな動きは誰にも負けない力強さを感じる
 

■悪役の方も見ていて怒りを感じる位素晴らしく一流俳優さん達の魂のぶつかり合いを感じる。
 切られてもぼろぼろになっても這いつくばっても前に進む万次の圧巻の演技に
 涙がとまらなくなる。色んな思いをかけ一皮むけた木村拓哉さんを是非劇場で
 多くの方に感じ取って欲しいと思いました。

■木村拓哉さんが泥と血にまみれた姿グッとくるね、観た後にどんどん
 脳内で美化が進む(萌のあまり


■「映画はスターを観るためのものなのです」という小林信彦の言は
 『無限の住人』の木村拓哉にこそふさわしいと思う。
 ほんと全編カッコよすぎて泣いた。


■無限の住人の劇場版、キャストは大正解だったと思う。
 キムタクの万次の他にも、市川海老蔵の閑馬永空とか福士蒼汰の天津影久とか
 かなり良かった。


■実写版るろ剣否定派の私ですが、無限の住人は殺陣も含めてほんとに
 素晴らしい作品だったと思いますぞ

■自分の中では木村拓哉は役を自分に吸収するのがとてつもなく
 上手い役者さんだと思ってる。やっぱりこの人はすごい。まさしく化物だ。
 

■ここ最近で珍しい程の良作
 

■無限の住人、叩こうと思って観たけどこれは叩けない

 
etc.............


叩こうと思いながら見に行く人もいるんだ
でも、見たら叩けないって。。。
 
うん、この作品を見てボロクソ言える人がいたら
ちょいと表出て来い!と言いたい。
どの口が言えるのか?ぐうの音も出ないはず。


公開に合わせるかのようなネガティブな記事。
フツ~書かないよね。それって、営業妨害の何ものでもない!
そんなことばっかりやってるから、日本のエンターテイメントが発展しないんだよ。
力ある事務所のご機嫌ばかり伺って、印象操作をして本来したいことも出来ず。
アホなマスゴミは万次さんに斬られてしまえ!!!!!www

毎回、300人斬りのラスト近くで涙が出る。

万次は斬られても斬られても闘い続ける。
決して剣豪でも何でもない。
スーパースターでもない。
不死身と言うだけ。


ただただ、ひとりの女性を守るためだけに血だらけになって泥だらけになって
闘うんですよ。
「凛!離れるんじゃねぇ」「凛!」って、その呼ぶ声だけで泣ける。
きっと妹とダブらせているんだと思う。
愛する人の為だけに、ズタボロになって300人に向かって行くその姿に
涙が出ます。惚れてしまいます。

カッコイイです。
すごいです。カッコイイです。


万次から死ねない苦しみ、斬られた痛み、血の匂い
泥臭い感じが十分伝わる。
ただ斬って斬って斬りまくるだけじゃないんだよね。
そこがすごいの。


剣の重さや、手の震え
細かい動作がリアルですごい。

万次は木村拓哉しか考えられないとみんな言う。
私もそう思う。


木村拓哉、素晴らしい役者になったなぁ。。。

一点の曇りもない。


愛するひとりを『守るため』

ただそれだけ。

そのブレない姿勢が木村とリンクする。


日曜日、新宿ピカデリーへ行った。
ちょうどアニメイトでイベントやってたんだけど
時間がなくてそちらへは行けなかった。

その代わり行った友達から写真が届いた
ありがとう!!!!!
今朝、写真取り込もうとしたんだけど時間がなくて。。。

抽選だったみたいだけど、沙村先生と三池監督のトーク見たかったし
なんと言っても、沙村先生の絵つきのサインが欲しかったなぁ。。。


https://www.cinematoday.jp/news/N0091547




 

 

むげにん脳なので、他のこと考えられないけど
先週の始めに、中国からやっと雑誌が届いた。

『紅秀GRAZIA』

TOPの写真。


日本では売ってないので、通販で頼んだ。
ちゃんと届くか心配だったけど、無事届いてホッ

カメラマンは蜷川実花さん。
今回は実花さんらしい色使いに、木村の色気とアジアンな雰囲気と
合わさって素晴らしい!!!
2046の時にも思ったけど、異国情緒な雰囲気と木村って
すごく色っぽいんだよなぁ。。。


去年の撮影だと思うけど、こういう髪型もいいね

木村拓哉大神降臨って、すごい。
中国のファッション誌の表紙を飾るって、どれだけあちらで
人気が高く有名か。。。
デサント「マンシングウェア」のアジアでの広告塔にもなってるしね。
ロンバケを見てファンになった人が多いのよね。

そのロンバケ、先週ドラマのDVDランキングAmazonで4位って
すごくない?20年前の作品なのに。
1位~3位が逃げ恥で、ロンバケが4位!北川先生がツイで
喜んでた。
さんタクで火がついたか???

無限の住人、明日はレディースデイなのでまた見に行きます。
10回目。もしかしたら2回見るかもしれないので、そしたら11回目。
もう呆れるぐらい見ちゃうかもしれない

ふふ、ほっといてwwww

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語り継がれる映画 | トップ | もうすぐカンヌ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。