アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

一服の清涼剤

2017年06月13日 17時09分03秒 | diary

NALU7月号

定期購読してるけど、隔月なので忘れがち。
ポストに入ってて、何だろ?って開けたら.....

拓哉が海に惹かれる気持ちがわかる。
海を見てるだけで心がフラットになる


P118~123全部モノクロ
カメラマンの横山泰介さん、親しいんだね。

『拓哉』 『泰ちゃん』

雑誌FINEからのお付き合いなのか....


優しい時間が流れてる。
素敵な写真とインタビュー

横山泰介さんが撮影したFINEを家の中で探してみた。
あったよ!


もう20年前くらいになるのかな?
この雑誌の拓哉を見て、なんてわき毛が薄いんだろうと
思ったんだ当時尖ってて斜めに構えてて、つっぱらかってたけど
中性的な容姿と薄いわき毛とのギャップに萌えたんだよなぁ.....

あっ、言うときますが私は毛深いのも嫌いじゃないですよー
身長も高かろうが低かろうが、全然気にしないです。

身長疑惑でネットで色々言われてるのを見ると
みんなどうでもいいことで叩いてるんだなって思う。

ノッポだからイイ男なのではないし
チビだからモテないんじゃないし

不毛な叩き合い、めんどくせぇ←万次風www



拓哉の周りには素敵な年上の男性がたくさんいるんだなぁ
しかもみんなその道を極めたような人ばかり。
人に媚びず、人に優しく、わが道を行く。
類は友を呼ぶ。

言われなき誹謗中傷の嵐、隙あらば足を引っ張ろうとする芸能界にいて
芸能人・木村拓哉ではなく、ひとりの人間・木村拓哉として
接してくれる海の仲間の存在はデカイんだろうなぁ.....


NALU見て、心が洗われた

一服の清涼剤



 
一服の清涼剤と言えば.....

気心の知れた同じ価値感の友との会話。

毎日「それなりに」楽しい

それぞれの考えを押し付けるでもなく
それぞれの考えを否定するでもなく

今感じたことをただ吐きだす。
共感出来る時だけ、共感して絡む。

忙しい時は、静かにスルー


無理しないから、楽。

ベッタリな関係が苦手なので、私にとって理想だなぁ.....

そんな友との木村話をちょっとだけ。

 

ワッツ聴いた後って何もする気が起こらなくなるw
まどろんじゃうんだな(*´ω`*) 元気な声でよかったよね

でもどこか落ち着いてて前みたいに「大丈夫か?」って
言いたくなるようなカラ元気な感じがない

 お悩み相談が溜まってるって言ってたし
されたことのない質問に答えることによって気付きもあるって
そういうのも大切にしたいんだろうね

カンヌの話は敢えてしないのかも…ってわたしも思った

木村はもう振り向かないんだろうなって
中井貴一さんの時代劇に対する想いを読んでたら
木村もきっとこの人たちと一緒に次の世代に繋げていきたいっていう
活動をしていくのだろうな

 無限の住人を見た監督さん、きっと木村で時代劇やらハードな作品
創りたいって思ってくれてるんじゃないかと思う

過去に拘ってああだったらよかったのに…って想い以上に
これからの木村への期待が大きすぎて笑いが止まらん
そんな単細胞です(≧▽≦)

私も、過去のあれこれを惜しむんじゃなくて
これからの木村を楽しみにしたい!

これまで積み重ねてきたもののどこに惹かれるかは様々だと思うけど
木村と作品を作りたい監督は山程居るだろうからね♪

そうそう、原田監督も時代劇撮ってたんだね。
岡田主演の『関ヶ原』が8月公開になる。どんな映像なのか興味津々。

そうなんだよね、決めたのは彼ら自身なんだよ


木村が早く事務所への恩義を見限って5人で移籍して
SMAP復活させてほしいって会話してるのを見た
解散という道しかなかった根本的な原因を理解出来てないなって思った
キツかったであろう2016年のスマスマでの木村の状況も
それでも誠実に真摯に言葉を選びながら気持ちを伝えてきた数々の想いも
一切耳に入ってない、受け取ろうともしてない

そんな人が木村の愛を語り、4人の愛を語り、木村アイコンで
事務所批判を繰り返してる

etc.......


さっきたまたま流れてきたイトイさんのツイがまさにそれ↓

よくもわるくも、真理だなぁとつくづく思う。

「人は、見たいように、見る。」そう、見たいようにしか見ないんだよ。

見たくないものも見えるようになったら、それが、ほんとの目玉だね。



同じ映像を見てても、私には見えないものが見えるんだろうなぁって思う。
逆もしかり。
私に見えるものは、見えないんだろうなぁ....

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三池監督の言葉(追記あり) | トップ | 木村拓哉論 »
最近の画像もっと見る

diary」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。