アンナdiary~Part2

日々のこと。

1リットルの涙 9話 ~今を生きる~

2005年12月07日 22時40分32秒 | 過去ログ~2011年2月まで

~アンナパパも脊髄小脳変性症でした~

昨夜は、リアルタイムで見れなくて
録画再生して、今見終わりました。
思えば、連続ドラマを1話から欠かさず見るのって何年ぶりだろう。

実話で、病名が父と同じだと聞いて見始めたけれど
病名なんて関係なく、毎回このドラマを見ると励まされ
感動して涙が止まらない。

このドラマの冒頭の「1リットルの涙」と書かれたくしゃくしゃの紙が
涙で伸ばされていくあの映像が好き。
エンディングの、本物の木藤亜也さんの写真とバックにKの歌が流れる
あの映像が好き。

電動車椅子での寄宿舎生活。



電動車椅子。
父のために電動車椅子を購入するため色々なお店を見て
まわりました。


「ひとりで自由に動きたい」

バッテリーを充電して、車椅子の後ろに差込み
手で自由に動かす。
何の障害物もなく、平坦な道なら快適だけれども
まだ外で使用するには危険を伴う。

第一にこの病気は足が不自由になるだけじゃなく
手も思うように動かすことが出来ないので
手で操作するこの電動車椅子は危なくて
結局、殆ど使用しないで終わりました。

病気が発病したばかりの時、免許の更新が出来ず
車の運転を断念した父。
車の運転が大好きで、友達と飲みに行ったり野球をしたり
旅行へ行ったり、出かけることが大好きだった父。
「電動車椅子で、街まで出かける!」と言ってきかなかった。
「危ないからやめなさい」と周りに説得されるけども
「俺は行くんだ!」って大声を出して家族を困らせた。
友達と自由に行き来が出来ず、孤独な状態で
一番の楽しみは「携帯で友達と話すこと」

亜也が遥斗と携帯で電話をしているシーンを見て
思い出した。


「亜也と遥斗」
遥斗は、亜也と出会って変わったと思う。

レミオロメンの「粉雪」のCDを買った。
毎日リピート状態の私(笑)
Kの「Only Human」もいいけれど、ただ今レミオロメンに夢中

3曲目の3/9With Quartetを聴いていると
亜也と遥斗を思い出す。
3/9っていい歌だ~~~~!
亜也パパの「お経みたい」には笑った

目を閉じればあなたがいる。
だからどれほど強くなれただろうか。。。。
あなたにとって私もそうでありたい。。。って。

亜也にとって、遥斗はどんなに心の支えになったか。
遥斗も、亜也のためにあれだけ医者に対して反発していたのに
進路希望の書類に「医学部」と書いた。
好きな人のために出来る限りのことをしたい一心からだと思う。

「俺の今の気持ち 
 ずっと先のことなんかわかんない。
 でも、今の気持ちなら100%嘘は無いって
 自信を持って言える。 

 俺、お前が話すならどんなにゆっくりでも
 ちゃんと聞く。
 電話で話せないなら、こうやって直接会いに来る。
 お前が歩くなら、どんなにゆっくりでも一緒に歩く。
 今は頼りにならないけど、いつかお前の役に立ちたい。
 
 昔みたいにいかなくても、そういう気持ちで
 繋がっているから、住む世界が違うとは思わない。
 
 俺。。。お前のこと。。。。。好き
 。。。。。好きなのかも。。。。多分」

遥斗、、、カッコ良かったよ。
錦戸亮君の抑えた演技がすごく遥斗にあっている。
遥斗が亜也の家族と食事しているシーンで
とってもいい笑顔を見せた。
遥斗って、こんなに笑うんだ。。。
なんだかドラマなのに、嬉しくなっちゃった。
彼の屈折した人生に光を与えたのが亜也だと思う。
遥斗の父が亜也とのことに「どれだけの覚悟があって関わっているのか」
言った言葉が重かった。
そうだよね。。。。いずれは、歩くことも、話すことも出来なくなり
寝たきりになるんだから。

でも、遥斗は立派な医者になると思う。
「命」の大切さを身近で感じているから。

~朝の光~
 この学校の玄関前に 壁が立っている。
 その壁の上に朝の光が白んで見える。
 いつかは 見上げて そっとため息をついた壁だ
 この壁は 私自身の障害

 泣こうがわめこうが 消えることはない 
 けれど この陽のあたる瞬間が
 この壁にもあったじゃないか
 だったらわたしにだって

 見つけ出そう

 見つけに行こう

 足を止めて、今を生きよう。
 いつか失ったとしても、諦めた夢は、
 誰かにゆだねたっていいじゃないか。

 人は過去に生きるものにあらず
 今できることをやればいいのです~


来週は、病状が更に重くなるようで
遥斗も涙を流している。。。
見るのが辛くなってくるけど、しっかりと最後まで
見届けたいと思います。

3月9日
レミオロメン, 藤巻亮太
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

 

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SMAP×SMAP スマスマトライア... | トップ | サッカーW杯組み合わせ決まる! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます! (たまちゃん)
2005-12-08 08:35:21
おはようございます。

昨晩は、livedoorBlog混雑で、ネットを離れましたので、今朝になりました。

どうもすみません。

いつもコメントやTB、ありがとうございます(笑)。

残りの回数、ストーリー書き、頑張りたいと思ってます。
おはようございます。 (アンナ)
2005-12-08 09:56:55
昨夜はlivedoorすごい混雑でしたね。

腱鞘炎になってませんか?(笑)

大変だと思うけど、私は尊敬しちゃいます。

毎日見てます。沖縄好きだから。。。

また沖縄に行きたい~~~~~!

たまちゃんのblogリンクさせていただきます。
TB有難うございました! (lavish)
2005-12-08 15:26:26
こんにちは。

>何の障害物もなく、平坦な道なら快適だけれども

まだ外で使用するには危険を伴う。

そうなんですか。

やはり外を自由に動くというのは容易なことではないんですね。



今回の遥斗の告白、彼らしくて良かったですね。

このドラマは毎回色々なことを考えさせてくれます。

もうすぐ最終回ですが、最後までしっかり観たいと思います。
こんにちは (アンナ)
2005-12-08 16:28:20
>まだ外で使用するには危険を伴う。

>そうなんですか。



最近でこそ、バリアフリーになってきてはいますが、まだまだ車椅子のことを考えた道ではないので段差は多いし、道幅は狭いし。

養護施設の中でなら大丈夫だと思いますが。。



我が家は坂道が多かったので、車椅子にとってはいい条件ではなかったです。

もうすぐ最終回ですね。

後2回で、どうまとめるんだろう。。。

楽しみに見たいと思います。
Unknown (ろも)
2005-12-08 21:32:06
はじめまして!TBありがとうございました^^



このドラマからは本当にいろいろなことを感じ取らせてもらって、自分の励みになる亜也さんの言葉を大切にしたいなって思ってみてます。



あと2回、最後がどんな風に描かれるのか気になりますね!
Unknown (アンナ)
2005-12-08 21:39:59
ろもさんこんばんは。



最後エンドロールで流れる亜也さんの詩が心に残ります。

後2回ですね~どんな風に描かれるのか

楽しみにします!
Unknown (がじゅまる)
2005-12-08 22:30:26
こんばんわ^^

アンナさん写真撮るんですね、とっても

きれい、もう冬ですね。

私は椿が好きなのでうれしかったです。

粉雪いいですよねー、繰り返して聞いてたら

どんどん好きになってきてしまいました。
Unknown (アンナ)
2005-12-08 22:46:59
がじゅまるさん、こんばんは~

写真は最近撮り始めたばかりなので

あんまり枚数なくて。。。記事と全然マッチしてないけど、これからも頑張って撮ります。

粉雪すごくいいですね。

毎日リピート状態です
TBありがとうございました。 (mari)
2005-12-09 01:05:29
体が不自由になると、動くのに、ある程度広いスぺースがいります。外は危険が一杯。

体が動かない体験で、重り入りの服を着たことがありました。階段は、上れませんでした。手すりに手も掛けられず、絶句しました。少しだけ生涯のある方達の大変さが理解できたと思いました。



来週はもっと泣きそうです。
Unknown (アンナ)
2005-12-09 01:28:41
こんばんは。



亜也の「今」を一生懸命に生きている姿に毎回感動しています。

体の不自由な役を、沢尻エリカちゃん頑張ってますね。

来週は、遥斗が涙をポロポロKぼしているので、きっと泣いてしまうと思います
TBありがとうございます (ikasama423)
2005-12-09 21:34:15
こんばんは。

毎回切なくて泣いたりしています。

ただ物語が切ないというのではなくて、これが実際に生きた人の足跡だと感じられるから余計に切なく感じます。
Unknown (アンナ)
2005-12-10 00:12:37
コメントありがとうございます。



9話は唯一、涙が出ませんでした。

これから最終回に向けての助長かな?って。

きっと後2回、涙なくしては見れないのかも。



ホント、実話だから余計に切なくて心に響きます。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
1リットルの涙 第9話 (Happy☆Lucky)
電動車椅子の練習をする亜也。
1リットルの涙 ~第9回~ (いわぴいのドラマ日記)
 自分の伝えたい言葉が伝えられないもどかしさと言うのは一体どんな気分なんでしょうか?いま、こうしてパソコンに向かいながら自分の頭でつむぎ出した言葉を文字として皆さんに伝えられることがものすごく幸福なことに思えてきます。それは、もちろん読んでくださる皆さ...
【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第9話) ~今を生きる~ 亜也と遥斗、亜湖 (気ままなNotes...)
 1リットルの涙◆亜也(沢尻エリカ)は養護学校で寄宿生活を送ることになった。その初日、不安でいっぱいの亜也を、ルームメートの明日美(大西麻恵)ら生徒たちが明るい笑顔で迎える。一方、亜也の担当医の水野(藤木直人)は潮香(薬師丸ひろ子)に、亜也の病状が予想以上に進行し
「1リットルの涙」第9回。 (ナルのつれづれゆくブログ!!)
「1リットルの涙」第9回。 ~今を生きる~。 養護学校へ行き、 段々と症状が重くなる池内亜也(沢尻エリカ)。 色々ありながらも 麻生遥斗(錦戸亮)の告白はほのぼのして良かったです。 ・・・でも次週の予告で 別れの手紙を読んでる遥斗のシーンが・・・。
1リットルの涙:第9話 (Nの鼓動)
前回ある意味、東高卒業した亜也 そして今日から養護学校へ入学する亜也。 久々に再開する、亜也と遥斗。 遥斗は少しためらいがあったような感じでした。 養護学校へ寄宿すること
1リットルの涙「今を生きる」 (Thanksgiving Day)
昨日の「1リットルの涙」はまた切なく涙が止まりませんでした。 そういう病気(脊髄小脳変性症)だってことはもちろん分かっているんですけど、どんどん症状が悪くなっていく亜也を見てると・・・言葉になりません。 このドラマを観た後は、他のテレビを観たり楽しい本を
「1リットルの涙」9話   錦戸君の決意に涙する。 (くつろぎ日記)
  「お前が話すならどんなにゆっくりでもちゃんと聞く。 お前が歩くならどんなにゆっくりでも一緒に歩く。」 遥斗の決意がはっきりと亜也に伝えられた瞬間、 二人の前にはただ二人だけの時間しかなく、 どうぞこのまま永遠にと誰もが願ったひと時。 花壇のピンク
●1リットルの涙#9 (ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中))
-嵐の前のナントカでしょうか。 今回は、静かに忍び寄る病魔の再認識を見たような気がします。 話す事、伝える事、聞く事。現代の携帯電話というアイテムを使って、テーマを掲げてきていたのが、新しい。 時間感覚で言えば、これは1年間を追ってあるのに、そんな感じがし
1リットルの涙(第9話) (NEC VersaProと自作PC)
約束 ちいさくても とおくても  だいじなもの 第9話 「今を生きる」
・「1リットルの涙」第9話ストーリー (たまちゃんのてーげー日記)
ドラマ「1リットルの涙」第9話。2005年12月6日(火)放映の第9話のストーリーを書いてます。 今週も、死ぬ思いで、書いてみました。昨日のドラマでは、所々で「ジーン・・・」と、きちゃいました。 さて、文章、長いので、お時間のある時にどうぞ♪ (多少、言.
フジテレビ「1リットルの涙」第9話:今を生きる (伊達でございます!)
病気という現実を受け止める亜也、亜也との関わりを通じて、自らの“生”を一生懸命生きることになった遥斗と亜湖の姿。受けた感動の大きさは、前話以上でした。
1リットルの涙 第9話 (どらま・のーと)
『今を生きる』 亜也(沢尻エリカ)は、養護学校で寄宿生活を送ることになった。 そんな亜也の大きな助けになるのが電動車椅子だった。 「風が気持ちい!」 亜也の笑顔に嬉しそうに微笑む潮香(薬師丸ひろ子)。 「歩けるところはなるべく自分で歩くって言ってたけど、 一
1リットルの涙 9 (思い立ったが吉日)
『今を生きる』 今の重みを感じる話。 私の中で「今」というのはその先の「未来」に当然繋がっているものであり、だからこそ踏ん張って頑張れたり、落ち込んだりするものだ。 一人の力で何でも出来るとは思わないが、自分の努力次第で叶う可能性は大きい。 何かを手に入れ
いつかおまえの役に立ちたい!『1リットルの涙』#9 (私的空間.com)
第九話   「今を生きる」 亜也は、いよいよ養護学校で寄宿舎生活を送る事になりました。 親元を離れ、必死で病気と闘う亜也でしたが、ある日突然夢の中の自分も健康では無くなっていた・・・と遥斗に語ります。 夢の中では、ちゃんと自由に体を動かす事が出来た
1リットルの涙 9話(12月6日) (梧悸 \( ̄^ ̄)/ 参上!!)
いや~、いつ見ても感動します。今回はバスタオル持ってました。本当に感動しました。アヤは養護学校に転入することになりましたね。なんかまだ、不安や抵抗があったみたいですけど、前向きなアヤにさらに感動します。
1リットルの涙・第9話 (Petit bonheur)
ついに本格的な養護学校での生活が始まりました。 今回はもう、いわゆる学園が舞台の青春ものって感じではなかったです。いや、前からちゃんとメッセージを伝えてくれるドラマでしたが、亜也の言うように「住む世界が違うのかも」という不安をすごく見て取れた回でした。
第9話 「今を生きる」 (ブログ ド ガジュマル (改装済))
もう9話、早いですねー残りあと2話ですか[:ムニョムニョ:] 寂しいなぁ~ 今日の亜矢ちゃんと遥斗君、大人っぽくなってた気がしました。 美しさに磨きがかかった[:星:]亜矢ちゃんかわいい[:ハート:] 今回の話はとてもしっとりと心に響きました[:結晶:] 映画のようで
1リットルの涙・第9話 (なんくるないさぁ情報局。)
亜也は電動車椅子を使うことになった。 養護学校は寄宿舎生活になる。 潮香から携帯電話を入学祝にもらう。 (春が来た。誰もが心を弾ませる季節なのに今の私には養護学校のコンクリートの壁が目の前にたち塞がっているように見える。それでも季節は何も知らないような顔を
1リットルの涙 第9話 (*82beans @drama)
#9 今を生きる 亜也(沢尻エリカ)は、養護学校で寄宿生活を送ることになった。そんな亜也の大きな助けになるのが電動車椅子だった。歩ける場所は自分の足で歩く、と決めている亜也だったが、ひとりで自由に動くことが出来るのは彼女にとって大きな喜びだった。父親の瑞生
【テレビ】1リットルの涙(第9話) (まぁ、お茶でも)
亜也(沢尻エリカ)は養護学校で寄宿生活をおくることにになった。その初日、不安で一杯の亜也を、
また二日送れましたが「1リットルの涙」第9話 (あの頃君は美味かった)
今回は木藤さんのお母さんが本人にも素敵な思い出を作ってあげたかったという、ある種願望のようなエピソード。でもあんな素敵なこと言われてみたいよね~。なかなか「好き」とは告白してもらえないもの。私はっものすごくすさまじくにぶチンなので、ああいう風に言われない
1リットルの涙第九話「今を生きる」 (私でもいいですか?新館)
「これが電動の車いすです。じゃあ、早速練習始めようか。」 「はい。」亜也(沢尻エリカ)の表情は硬かった。それを見つめる母・潮香(薬師丸ひろ子)。 電動車いすを操作する亜也
1リットルの涙 第9話 (渡る世間は愚痴ばかり)
今回「亜也」と「亜也」との競演実現という事でイラストも並べてみた。 以前のやつのそのまま掲載なんだな。 なので手抜きと言われても仕方ないんだがな。 ホンマは麻生君を描きたかったのだが、別ドラマ(あいのうた)の方を優先しまし
生きる「意味」、背負う「責任」 【1リットルの涙 第9話】 (The Natsu Style)
亜也の病気と同じくらいに、「健康でいる事」も、「人と病気を代わってあげられないこと」も人間の運命の一つなんだなと感じた。病気の亜也だけではなく、健康な亜湖と遥斗が、今している事に対して何かしらの運命を感じ始めている。そんな感覚を受けました。