アンナdiary~Part2

日々のこと。

A LIFE~愛しき人~ 8話 速感

2017年03月06日 02時12分08秒 | diary

今回はツボあり過ぎて。。。とても濃い1時間だった。

私は沖田先生の目線で見てるので、8話はハードだった。

CMで息をする感じ


院長が沖田先生に10年前のシアトルの話をしたけど

「あれは元々壮大くんが親友として君の将来を思って
 提案してきたこと。
 今になってみれば何を思って提案してきたかわからない」

沖田先生の目付きがみるみる変わったのがわかった。

知らなかったんだね。

その後、手術の為に入院した深冬の病室へ。

家族3人の写真を見る沖田先生の目

壮大を見る沖田先生の目

もうね、木村くんの目の演技に毎回やられちゃうんだけど
今回は、壮大を見る沖田先生の目が親友に裏切られた悔しさと
切なさと驚きとが入り混じったなんともいえない目でさ
目に感情移入しちゃって、辛かった


だけど院長先生、何も手術前言わなくても。
院長先生も何を考えているのか、わからない。

 

壮大『深冬は俺が切る』

沖田『何?それも親友としての提案?

  10年前俺はシアトルに言った

  院長にすすめられて

  でも、今はもうあの頃の俺じゃない!』


  『深冬は俺の患者だ』

  『深冬は俺の家族だ』


ここで深冬が急変してふたりで病室へ走るで続く。。。



どうなってしまうんだろう。

 


今回やっと沖田先生が何で医者になったのか?聞けた。

すごくわかる~~~きっと同じような経験した人
いっぱいいると思うよ

「僕の母親は、もう出来るオペがないって言われて
 大きな病院から小さな病院に移されてさ
 そこで出会った先生がホントいい先生で
 最後まであきらめず治療してくれた。

 母親もこの先生で助からないんだったら仕方ないね~って
 納得して亡くなっていった。

 僕は正直助かって欲しかったし、納得できなかった。
 それで医者になった。

 まわりのみんなはムリムリムリって。
 でも、親父だけは黙って信じてくれた。

 今の僕だったらあの頃の母親を救える技術も自信もある。
 大切な人を救える医者になりたい」

 
私も大病して5回メス入れて、治療して6年経った。
沢山の医学書を読み漁った。今だったら父親の病気のこと色々
わかってあげられたし、もっといい選択出来たよなって思う。
それが時々悔しくなるんだけど、あの時はあの選択が一番だと
思ったんだから、自分を責めてはいけないのだと言い聞かせる。

自分が若かったら、間違いなくナースの道を選んだと思う。
病棟のナースには沢山勇気づけられたし、患者さんに寄り添える
ナースに自分もなりたいと思ったしね。


きっと、沖田先生と同じような気持ちになった人
結構いるんじゃないかなぁ。


 

井川先生の「沖田先生は明確なんだよ。大切な人を救えるように腕を磨いて
本当に大切な人のオペやろうとしてる。
どれだけの覚悟持ってやってんだよ。すごいよ」って。


ここね、沖田先生のことを言いながら木村拓哉のことも
言ってるように聞こえたよ。
沖田先生と木村拓哉、ダブるんだ。

木村くんも毎回どれだけの覚悟を持ってやっているんだろうって。

1時間の中でいつもクスっとさせてくれたり
ホッと和ませてくれるのが井川先生役のケンケン。
昨日誕生日で32歳!おめでとう~~~~!

それから今じゃ井川先生とコンビになってる感じの
柴田さん!柴田さんは勘が良くて仕事が出来る!
このふたり意外と合ってるかも。


沖田先生と柴田さんのやり取りが、私的にはかなりツボでさ。

姉さん女房な感じがすごくするのよね。

お父さんの気持ち聞いてあげてくださいね。
って柴田さんが何度も言ってるのに

気持ち聞きます。

だ・・・だれの?って言っちゃう沖田先生のキョトンとした顔もツボで。

イカめしのところのやり取りも最高!

なんつーのかなぁ。。。この何でもない仕草とか表情とか
超!リアルでうまいのだよ。
私、ここ今回すごいツボなんですぅw


沖田先生は腕はいいのかもしれないけど
人の気持ちを感じ取るのは疎そう



お父さんのオペが出来なければ
深冬先生のオペも出来ないってこと

柴田さんすごすぎー。

深冬先生と沖田先生のお父さんの会話
「てっきり嫁に来てくれるのかと
 期待しちゃった。
 後にも先にも女性を連れてきたのはあれ1回きり」

柴田さんがなんか寂しそうだった。
沖田先生のこと好きなのかな?

沖田先生のお父さん役の田中泯さんいい味出してる。
あの父にしてこの子あり。
同じDNAだよなって思う。
職人気質でさ。ぶっきらぼうだけど愛情深くてさ。
それがすごく伝わるから、しみじみしちゃった。

手術はまさかの途中ミスしたけど、気持ち立ち直らせて
最後まで無事に終わった。
どんな医者でも絶対はないのだよ。

でも、手術シーンはホントに毎回リアルで見ごたえあるよなぁ。

 



速感とか言いながら無駄に長い
ツボあり過ぎw

榊原先生が壮大に言ってたこと。

「深冬先生の手術が失敗して死ねばいいと思ってるくせに
 失敗すれば沖田先生は一生苦しむことになる
 沖田先生がオペを成功させれば命を救ってくれた恩人として
 深冬先生の胸に一生刻まれることになる

 可哀想
 あなたの心の穴はどっちにしてももっと大きくなる
 一生苦しめばいい」


いや、もう壮大は深冬と結婚した時点から苦しんでいるんだと思う。
壮大は深冬とちゃんと向き合ってない。
彼女に笑顔を見せるけど、本心で深冬と話し合うことをしてない。
それは深冬も同じ。

壮大はこわいんだと思う。
面と向かって気持ちを確かめるのがね。
カズとも面と向き合ってないし。
シアトル行きを進めたのが自分だと言わなかったんだもんね。

 

壮大の闇が毎回しんどい。
壮大のシーンになるとBGMが爽やかじゃないのw

深冬と手を繋いでて、離さなかったシーン。

彼はやっぱ愛情に飢えているんだろうなぁ。。。
後2回で壮大の闇は消えるのか?
カズとの仲はどうなるんだろうか?
深冬の手術は誰がやるんだろうか?

スッキリ終わるんでしょうか?
もう2話しかないのに。。。


また1週間、色々考えちゃう。。。オヤスミ

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は8話。。。 | トップ | どうでもいい話とか。。。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
客も患者も家族も同然という気持ち(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
脚本家には「不毛地帯」という作品がある。 これは原作ありだったために・・・最後まで不毛地帯なのである。 しかし・・・世界が凍てついた不毛地帯であるように見せるのは脚本家......