さつき盆栽日記

さつき盆栽好きが手入れの合間に古刹名刹を巡ります。

北海道紀行 旧国鉄士幌線橋梁

2017年07月14日 | 旅行

      こころ癒された「然別湖」を

後にして「糠平湖」 (ぬかひらこ)へと旅を続けました!

 本来なら鹿追・糠平線の85号線で山越えで行けるところを

昨年の台風来襲で道が通行止めになったままなので

遠回りの迂回をして進んで行きました

 通行止めのお陰(?)で防雪林の単調な一本道を  

再び、延々と走る事が出来ました!   

 「糠平湖に注ぐタウシュベツ川に架かる橋梁」

「幻の橋」の由来 

 この橋梁は1955年に糠平ダムの完成によって糠平湖周辺の線路が

新しく敷き替えられた これにより使われなくなった線路は湖の

水位変動で見え隠れすることから「幻の橋」と云われています

 もう一ヶ所、古い橋梁を観に行きました・・・・ 

 この看板にビビリながら・・・・

 足下の悪い道を湖の畔へ駆け下りました!

 「三の沢橋梁」

               

 

糠平湖の湖畔の鉄道資料館にも立ち寄って来ました!

 「上士幌町 鉄道資料館」

  「資料館の由来」

 鉄道ファンにはたまらない本物のグッズや資料が

盛り沢山に展示されていました

 

ノスタルチックな雰囲気を醸し出しながら当時の産業を

支えた鉄道の歴史が身近で、細やかに、分かり易く

説明、展示されていて感心しました!

    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道紀行 神秘の湖 然別湖 | トップ | 北海道紀行 阿寒国立公園巡り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事