えりはうたう「今日の発見」

高橋絵里のホームページは http://www.eri-sop.net/

再びオランダへ

2017-01-25 | 2016年西欧の旅

パリからアムステルダム行きの鉄道に乗り込みました。
ベルギーを通過し、ロッテルダムで乗り換えて
オランダのもう一つの首都デン・ハーグへ。
最後のメイン・イベントは、ハーグの友人に会うこと。
そしてジェネーバ(ダッチ・ジン)の老舗のお店に連れて行ってもらうこと。
(オランダの発音だとイェネーヴァかな)




ここは皇室御用達で、本当に歴史があり、上質なジェネバを作っています。


中を自由に見学させてくれて、試飲もたくさんさせてくれる。
もちろん蒸留酒でアルコール度数が高いので、私は舐めるだけですが
古いの、若いの、チョコレート、ジンジャー、ミントなど味のついたもの。
おめでたい金箔入りなどなど、いろいろあって楽しかった〜。
特にミントは胃がもたれた時などに、薬として飲むこともあった(ある)ようです。


部屋の奥にはゆっくり座って試飲できるスペースもあって。



さらに奥には中庭が。
手前の小屋に調合部屋(?)。そこでブレンドしている様子。
「博士の実験小屋」という感じ。なんかファンタジー。



もちろん中庭でも試飲ができます。
「あ〜ほろ酔いだわ〜。天気も良いし、いい気分〜。」の図。



前回、フランスのテロ対策の厳しさについて書きましたが
鉄道は本当に徹底しています。
パリからアムステルダムに行くタリスの乗り場は、早くから大行列。
厳しい身体検査を受ける乗客の列ですが、全然進まない。
余裕をみて並んだのに、私の番が終わったのは、出発2分前。
予約の車両は、はるか彼方。荷物持ってこんなに走ったことない、というくらい走った。
乗務員も「急いで急いで!」とか言ってるけど、私の後ろにはまだ
列が続いていたなあ。あの人たちはちゃんと間に合ったんだろうか。
こういう場面に、いくら文句言っても(過去に経験あり)
「マダム、これはね、仕方のないことなんですよ」と、にべもなし。
(日本の駅員さんも、こういう毅然とした態度を見習ってもよいのでは…と
時々、思います。)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おパリ散策 | トップ | インフルエンザ日記 »
最近の画像もっと見る

2016年西欧の旅」カテゴリの最新記事