yuki’s-Diary~エイエムエスフジイ作業日記

エイエムエス フジイです。
整備・修理作業進行状況などを不定期にご報告しています。

BMW R75/5 エンジンメンテナンス。

2012-08-31 23:58:23 | 仕事日記~BMW ohv エンジンメンテナンス

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R75/5 エンジンメンテナンス。


シャーシにエンジンが載ったので、エンジン上部を組む準備を進めさせて頂いています。


お預かりしたピストンの重量差が非常に大きく・・・

どうやっても左右のコンロッドとピストンの重量差が大きくて泣けたそうです。


 


左右の重量加工作業を進めさせて頂きました。

 

重量差がほとんど無くなりました。

オーナー様・・・どれも重量差が大きくかなり大変だったそうです。

 

 

続いてエンジン上部を組んでいきます~★

つづく!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW R75/5 エンジンメンテナンス。

2012-08-31 23:51:03 | 仕事日記~BMW ohv エンジンメンテナンス

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R75/5 エンジンメンテナンス。

組みあがったエンジンをシャーシに載せています。

エンジンを組んでいる記事⇒ BMW R75/5 エンジンメンテナンス。


シャーシに載せています。

 

載りました!!

 

これからエンジン上部を組む準備作業を進めさせて頂きます。

つづく~★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW R100RS エンジンメンテナンス。

2012-08-31 11:00:20 | 仕事日記~BMW ohv エンジンメンテナンス

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R100RS エンジンメンテナンス。


先日到着したR100をシャーシダイナモ上で、燃調の確認と各部点検作業を行ったところ。

クラッチの滑りの症状が出たので、オーナー様にご連絡をさせて頂き

早速クラッチの点検作業を進めさせて頂きます。


先ず、ミッションを降ろす準備をしています。

 

 

ミッションオイルを抜きました。



ミッションドレンに若干鉄粉が付着していました。

以降の経過の観察が必要です。

 

うっすらとオイルが滲んでいました。
 

 

これからミッションを降ろします。

   

 

 

オイルが漏れていました。

漏れ出たオイルでクラッチが滑ったようです。

 

クラッチを確認しています。

   

 

続いてフライホイールを確認させて頂きます。

つづく~★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FCRキャブレターを取り付けるには?

2012-08-31 01:30:54 | よもやまはなし。


 ピコーン

 


おし!そろそろ・・・


[FCRキャブレターを取り付けたい! ]
 

⇒最寄の整備工場で排気ガスを先ず測定しましょう。

最近ではインジェクション車が一般的な時代なので、キャブレター車の場合では

エンジンを製造してから時間が経過してる事が予想されます。

エンジン内部に磨耗などが見られる場合ではエンジンがキチンと燃焼しているか?を、

確認してからではないと、FCRキャブレターを取り付けても本来の良さが発揮できません。

 

[FCRキャブレター口径は何パイを付けたらイインダロ?]

⇒口径の選択からセッティング作業が始まっています。

これは正解が無いとは言え、ご自身のエンジンのトルクフィーリングとマフラー。

また、ご自身が走られるシチュエーションを想像し、どの辺りを印象を強めたいかを

考慮してから選択すると、よりFCRキャブレターの良さ体験できます。

 

[スロットルポジションセンサー~TPSはどうしよう?] ・・・TPSを取付けしなくても問題ないよね?

⇒ TPSは点火の進角遅角を司っている場合が多いです。

TPSを移植取り付けることで点火進角との連動するので、より的確で、

ダイレクトなアクセルレスポンスが実現でき、特に極低速部のトルク感や粘り感が出ます。

 

[FCRキャブレターを取り付けるとき、ファンネル・パワーフィルター・エアークリナーboxどれが一番?] 

⇒使用用途によって違いますが、一番のお薦めは季節変わらず安定したエアークリナーbox使用がお薦めです。

多くの皆さんが空気が多く入るのはどれか?・・・と考えてしまいますが、エンジンは自然吸気なので

排気量で吸う空気の量が限られていますので、どのシチュエーションで一番使うかを考慮して

エアーBOX仕様やパワーフィルター、ファンネルなどを選択するとより良いかと思います。

いろいろと車両に、合った選択が必要になります。

必ず、今の現状を確認して選択してください。

 

[FCRキャブレターの基本セッティングって?]

⇒レース用キャブレターとして出てるのがFCRキャブレターなので、

取り付け後にセッティング作業は絶対に必要となります。

そして、エンジンの個体差や取付けしているマフラー。選択したキャブレター口径等などの要素により、

エンジン内部に入る空気の量が変わり、必要なガソリン量が違ってきます。

なので、基本セッティングと言うのが無いと考えていますし、出荷時のセットパーツはただの

出発する基点でしかないと思っています。

FCRキャブレターの最大の魅力が、セッティングの奥深さで、エンジンの個体差での違いを

一台一台追及することが出来る事セッティングパーツの豊富さはFCRキャブレターならではの良さだと考えていて、

無限のセッティングパーツの中からベストなセットパーツを選べたときに発生するエンジンの力は

本当に気持ちの良く、突き抜ける加速感を見せてくれるのです。

 

[FCRキャブレターはレーシングキャブレターだから交換したら燃費が悪くなってもしょうがないよね?]

⇒個々のエンジンに合わせたセッティングを行った場合、極端に悪くなる事は多くありません。

適正な燃焼状態に仕上がっていれば、エンジン内部は良い燃焼状態になってるので、

余分なガソリンが無いため、パワーも引き出せ、そして余分なガソリンが無いので燃費の面も

良くなる事が多いです、キャブレター交換前に、現状の燃焼状態を必ず把握しましょう!!

 

[排気ガス規制が厳しい年式の車両にFCRキャブレターを取付けしたら車検は通るの?]

⇒エンジンの状況にもよりますが、個々のエンジンに合わせたセッティングでしたら車検くらいの

排気ガス規制の数値くらいになっているはずなので、問題なく車検も通過できると思います。

もし基準に満たない場合は、適正なセッティングに仕上がっていないと言う事だと思います。

 

 

ちょっとFCRキャブレターについて書きたい事をつらつら書いてまとまり無くてスミマセン。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW R80 点検&メンテナンス。

2012-08-31 00:32:43 | 仕事日記~BMWメンテナンス・修理

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R80 点検&メンテナンス。

 

クランクシャフトのオイルシールを交換させていただきました。
 

 

クランクのオイルシールの交換作業が終わりました。

 

次はクラッチ&フライホイールの作業を進めさせていただきます。


ダイナミックバランス加工を進めさせて頂きます。

加工前。

 

加工後。

 

ダイナミックバランスを行ったクラッチ&フライホイールを早速取り付けたいと思います。

つづく~★

 

!ご注意!

各部オイルシールの交換はBMWの専用特殊工具を用いて行いましょう。

ただオイルシールを入れれば良いわけではなく、シール入る場所や、奥行きなど

BMWの専用特殊工具を用いてシール交換をすると、ピッタリと当てはまりますが、

使わない場合ですと、交換直後に問題が出なくても、後々にシールの当たるパーツ部の方が

偏磨耗・漏れ等が起こる可能性が高く、そして入る方(上の場合ではクランクケース)にも

変な磨耗や、最悪ダメージを負ってる事が見られ、修復が大変困難な機会が多々あります。

2V用のBMW特殊工具を使い、定められた方法、手順に沿って作業する事が、

長く乗る事の一つの要素だと考えています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のパン!

2012-08-29 01:24:10 | ゆっきのひとりごと。

 

 今日は抹茶と餡の角食パンでした。


 

思った柄になりません。

また餡も偏りました

なぜだ!

コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

KAWASAKI GPZ1100水冷エンジン FCRキャブレター取り付けセッティング。

2012-08-29 00:58:07 | 仕事日記~キャブレター取付セッティング

以前の作業記事は ↓  になります。

KAWASAKI GPZ1100水冷エンジン FCRキャブレター取り付けセッティング。

 

早速シャーシダイナモ上で燃調の確認とセッティング作業を進めさせて頂きます。
 

 

先ずは、スロー部とキャブレターの同調の調整作業を進めさせて頂きます。

一気筒ずつ確認しながら調整作業を行っています。
 

バキュームテスターで同調も調整しています。


 

スローとキャブレターの同調は大切です。

調整の際は必ず確認しましょう!
 

 

 

続いて高回転部までの燃調の確認とセッティング作業を進めさせて頂きます。

 

つづく~★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUZUKI バンディット(Bandit)250 FCRキャブレター取り付けセッティング。

2012-08-29 00:20:46 | 仕事日記~キャブレター取付セッティング

以前の作業記事は ↓ になります。

SUZUKI バンディット(Bandit)250 FCRキャブレター取り付けセッティング。

 

シャーシダイナモ上でセッティング作業を進めさせて頂きます。

 

 

先ずは、スロー部の調整と同調調整作業を進めさせて頂きます。

 

燃調を確認しつつ調整作業中です。

 

パワーフィルターを装着しました。
 

同調の調整が終わったようです。

 

負荷を掛けつつ、各回転と色んなアクセル開度の燃調を確認しています。


途中、エンジンオイルがたれてしまったので・・・。

エンジンオイルの交換作業を進めさせて頂きました。

再びシャーシダイナモ上で燃調の確認とセッティング作業を進めさせて頂きます。

 

高回転部の燃調を確認しています。

 

 

セッティング作業が終わりました。

 

早速試乗に行って来ます~★

 

 

 

試乗に行ったら・・・ハンドル周辺の違和感を感じでオーナー様にお電話をさせて頂きました。

つづく~★

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW R80 点検&メンテナンス。

2012-08-28 23:54:49 | 仕事日記~BMWメンテナンス・修理

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R80 点検&メンテナンス。


オーナー様に見て頂きながら、クラッチの状況を確認したいと思います。

早速、ミッションを降ろす準備を進めています。

 

 

 

これからミッションが降ります。

 

オーナー様にクラッチの状況を説明をさせて頂きました。
 

 

クラッチが滑った原因は、どうやらオイル漏れのようです。

 

 

オーナー様に見て頂いています。
 

 

クラッチ&フライホイールを外しました。

クランクシャフトのオイルシールとオイルポンプ部の両方共にオイルが出ていました。
 

 

またミッションからもオイルが漏っていました。

 

オイルで滑っていたクラッチ。

 

   

 

オイルポンプを確認させて頂きます。

 

クランクケースにバリがあり、若干オイルポンプに傷みがあったので交換を

お薦めさせて頂きました。

クランクケースの方はキレイに仕上げたいと思います。

 

 

これからクラッチ&フライホイールのダイナミックバランス作業を進めさせて頂きます。

つづく~★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW R100RS エンジンメンテナンス。

2012-08-28 23:42:32 | 仕事日記~BMW ohv エンジンメンテナンス

以前の作業記事は ↓ になります。

BMW R100RS エンジンメンテナンス。

 

シリンダーヘッドからIN&EXバルブを外してバルブガイドとシートリングを確認しました。


シートリング周辺に強いアタリがありました。

また、バルブガイドにガタ付きが多く、補修作業が必要でした。

 

バルブにも多くカーボンの堆積と強いアタリがありました。

 

  

上記の状態のままではエンジン燃焼が上手く行かないので、オーナー様に連絡後

メンテナンスに出す事になりました。

 

オーナー様にOKを頂いたので、シリンダーヘッドとIN&EXバルブを内燃機屋さんに出す準備を進めています。

キレイに清掃したシリンダーヘッド。

 

 

バルブもきれいになりました。
 

 

  

 

これから内燃機屋さんに出します。

つづく~★

コメント
この記事をはてなブックマークに追加