新・眠らない医者の人生探求劇場・・・夢果たすまで

血液専門医・総合内科専門医の13年目医師が、日常生活や医療制度、趣味などに関して記載します。現在、コメント承認制です。

医師の過労死を防ぐために・・・か

2008-10-26 22:45:30 | 医療

さて、最後にこの記事を。

CBの記事です。医師の過労死を防ぐために・・・という題で始まっています

本当に僕みたいな30歳(シクシク orz)でもきついと思うことがあるのですから、若すぎる研修医では「うまくやれない」可能性がありますし、逆に50歳を超えて最前線にいらっしゃる先生は、失礼ながら肉体的に…そして人間関係その他で大変なのではないかと思っております。

 

まさに、好きな臨床と研究だけ考えていればいい(実際は日本の医療制度や教育制度をいろいろ考えてますけど)僕は一番気楽なのでしょうね。

 

CBです

医師の過労死を防ぐために

https://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=18796  

小児科医中原利郎さん(当時44歳)は、最大で月8回の当直を行うなど過重な労働でうつ病を発症し、勤務先の病院の屋上から身を投げた。部長室の机の上に、「少子化と経営効率のはざまで」と題した“遺書”を残していた。そこには、40歳代半ばで、一般の小児科医の平均の1.7倍に上る月5.7回の宿直勤務が過重になっていることや、看護師らの疲労にも触れており、“医療ミス”を心配する言葉も見られた。妻のり子さんら遺族が起こした民事訴訟の控訴審判決で、東京高裁は10月22日、業務の過重性は認めながら、病院側の「安全配慮義務違反」は否定した。医師の過労死を防ぐためには、何が必要なのだろうか。

(山田利和・尾崎文壽)  

「過労死弁護団全国連絡会議」は昨年11月、舛添要一厚生労働相に「医師の過労死をなくし、勤務条件を改善するための施策の強化について」と題した申し入れを行っている。当直勤務の許可(労働基準法第41条)の適正な運用などを求めた。  

勤務医の一週間当たりの勤務時間は、平均で63.3時間(2006年、厚労省調べ)。これを一か月に換算すると、勤務医は平均で、国が定めた「過労死認定基準」の100時間に当たる時間外労働をしている。同弁護団の代表幹事・松丸正さんは「勤務医の過労死は、特別なことではなく、“当たり前”とされている過重労働から起きている」と指摘する。  

松丸さんは「日本の医師は『聖職者意識』を持ち、患者のためならと自分の身を顧みず、医療に尽くしてきたが、もう“限界”に来ている。医師の過労や当直など連続勤務による睡眠不足がもたらすものは、医療事故であり、過労死だ」と案じる。  

昨年11月、同会議の主催で開かれたシンポジウム「なくそう! 医師の過労死」に出席した小児科医は、「医師の長時間労働で、最大の問題は当直問題」と訴えている。 当直については、労基法41条が労働者の健康状態への配慮を定め、厚労省の通達(2002年3月)も「当直とは、常態としてほとんど労働する必要がない勤務」と規定している。 

しかし、この小児科医は「実際の当直は、こういうものとは全くかけ離れた勤務を一人でやっている状況で、通常よりも何倍も負担が掛かるような(常態化した)労働だ。当直では、夕方5時から翌朝9時の16時間は、いくら働いても勤務にカウントされない。従って代休もないし、そのまま通常勤務に突入する。もちろん、まとまった睡眠時間は取れない」と語り、その過重性を見直す必要性を強調した。  

控訴審判決では、当直など中原さんの業務を過重とし、うつ病との因果関係も明確に認めた。ところが、労基法が求める労働者の健康状態への配慮を無視した当直業務の可能性を指摘しながら、病院側の「安全配慮義務違反」については否定した。  

判決後の記者会見で、主任弁護人の川人博さんは「これでは、使用者が労働者に過重な労働を強いたとしても、何の賠償責任も問われないことになり、過重労働を放置しかねない」と批判。労働問題の専門家で関西大経済学部教授の森岡孝二さんも「司法は医療現場の実態を認識していない」と疑問を投げ掛ける。  

医師不足で、勤務医に過重な負担が掛かり、耐えきれず病院を去っていく「立ち去り型サボタージュ」が後を絶たない。医師がいなくなれば、診療科がなくなり、病院が立ち行かなくなる。こうした現象が日本各地で“ドミノ倒し”のように広がり、患者が必要な医療を受けられなくなる悪循環を招いている。  問題解決には、労基法の徹底が欠かせないが、松丸さんは「一気に適用すると、医師が足りず、通常の医療が回らなくなる。しかし、このままでは、勤務医がもたないから、壊れるのは、医療が先か、医師が先かとなる。それほど日本の医療は深刻な状況だ。現状の医療費削減政策は、国民にとって、どんどん悪い方向へ向かっている。改善には、医療費を上げ、医師を増やし、医師の健康や命を守ることが欠かせない。それが、患者の命を守ることにつながる。今の医療や医師の勤務条件を改善するためにどうすべきか、早急な合意づくりが求められている」と強調している。

更新:2008/10/23 12:54   キャリアブレイン

-------------------------------

まぁ、そんな感じでしょうか。

この記事に関することを書く前に少し冗談を。

 

先日、あるラーメン屋が

スープに納得がいかないので臨時休業いたします

と書いていました。 それを見て「流石、こだわっているな」と思ったものですが、医療でそんなことしたらどうなるのだろう

 

「現在、医師・看護師が不足しております。通常診療もままならない状況なので、急患はいっさい受け入れません

そうすると、袋叩きにあうんですよね

 

実際の現場は受け入れたいものの「ベッドはない」「医者もいない」「看護師もいない」の「3ない」状態で…ということだと思う。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

なかのひと 

昨日(今日だっけ?)、指導医の先生とこんな話をしました。

僕:「患者さんの人数が減ってきましたね」

指導医:「いや、それは感覚がおかしくなっている。うちのベッド数は20床。今22名の患者さんがいる。患者さんの数が減ったと感じているのに、実際は定数より多い患者さんを受け入れている」

僕:「た、確かに」

指:「因みに、もし急性白血病の患者がまた来たら受けるのかい?(10月は3名の急性白血病の患者さんの寛解導入療法を行っています)」

僕:「女性なら、ベッドあいてますので受けたいですね」

指:「先生が大丈夫なら、それでいいけど」

 

こんな会話がなされてしまう・・・。

 

因みに血液内科医も看護師も不足しております・・・。

 

さて、では記事に関してです。というか、そのままですね。

 

ほぼ、どうしようもないラインまで来ているのは確かだと思います。

 

一回崩壊しないと国民はわからないのではないか…という意見も(様々なBlogの中で)ありましたが、国民全体の幸せのためには壊れる前に、最小限の被害で食い止めようとしないと・・・

 

プチ崩壊で終わらせようとすれば、きっと大崩壊になってしまうので、崩壊させないように努力してプチ崩壊になるくらいの方が良いのではないかと思います。

 

何とか人手を急速に増やす方法(僕はCBTを利用したクリニカルクラークシップ+国家試験の制度変更でやれると思っていますけど)を取らないといけないでしょうね。

 

そんなことを考えています。

 

さて、週末もこれで終わりです。

明日から再び忙しい毎日が始まります。

 

さぁ、明日も頑張ろうっと。

それでは、また。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の教育論:自己評価を高め... | トップ | 研修医、はよ帰れ・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
医師不足即席解消法 (sakura)
2008-10-26 23:42:26
人手を急速に増やす方法として、アンフェタミンさんのおっしゃる<CBTを利用したクリニカルクラークシップ+国家試験の制度変更>が具体的にどんなものか無知なのでわかりませんが、シロオト的にふと思いついたこと、、、それは、、、

産科医・小児科医志望者の全員、、、
在学中<授業料ALL免除>
(ただし10年間は規定の勤務地にて職責全う。それがかなわぬ場合、一括返済。)
効果あった場合、他の危機的診療科にも同じ策を適用し、医師の大幅増員を図る。

自分の歩んだ道がヒントです。(*´艸`)

なにかプレミアつけないと誰が好き好んで危ない科を選択しますかね。家庭や私生活犠牲にして、命かけて仕事してるにも関わらず、訴えられたり、怠慢だと責められたりしたら、イヤ気さしてふと窓から飛び降りしたくもなるかもしれません。

人間って基本的には<利己的な遺伝子>を持っていると思うから、そんな極端なことにならずに済む場合が多いと思うけど、そうした保身ができない根っからのお医者さん体質の人が次々と犠牲になっていくような予感がしてなりません。

なんとか、、、くい止めなければ、、、と現場の者でなくても危機感は充分感じています。
利点をつけないと・・ (アンフェタミン)
2008-10-27 06:00:41
>sakuraさん
おはようございます。コメントありがとうございます

sakuraさんがおっしゃる通りで、何か利点をつけないと誰も志望しないと思います。

しかし、現実的に足りていないのは産科・小児科だけではなく、早晩すべての診療科で不足が表面に出てくることになると思います。

医師の数そのものが全く足りていないので、その総数を増やさないことにはどうにもなりませんが、もしかすると少しは「危機的診療科」の人数が増えるかもしれません。

しかし、結局は「家庭や私生活を犠牲にして何とかやっている」状況を改善する方法を作らないとだめなのだろうと思います。

それに医者の教育費、すごく高くなっちゃいますよw
あと、性格などで向き不向きがあるので、無理やりその方向に持っていこうとしても、駄目だと思います

何とか食い止めなくては…と本当に思う人がBlogなどを読んでくださっているのはよくわかります。

どれだけ一般の方々に周知できるかは、大手マスコミの方々に期待ですね

また、コメントいただければと存じます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
過労死する前に・・・ (ほぼ日刊そらいろ新聞)
とってもツライ病気のひとつ、過労死。 なんとも、つら過ぎる病気で、つら過ぎる病名。 ある意味、不名誉な病名でもあるよね。 生き地獄と表現すべきなのかなー。 【家庭の医学:過労死とは?】 【家庭の医学:その他・分類できない病気】