Belle Epoque

美しい空間と、美しい時間

時間を写しとる

2016-10-18 | vie... kurashi
手帳はバーチカルタイプが好きです。
昨年末に出会った、ハイタイド社のラフィネという手帳が理想のスタイルだったので、2017年のも、東急ハンズで同じものを買いました。
これはもう、目がハートになるくらい、ぴったりきた。
何がポイントかというと、
●たくさん書くのに字が大きいわたしにも余裕で書き込めるサイズ。しかし持ち運びもしやすい。348グラム。
●糸綴じであること。軽さの秘密ですね。
●目に優しいフォントタイプと色。
●表紙の質感と色合いと、好きなサイズのペンを装着できること。細いペンが苦手でして。。
●日々のスケジュールとセットで一言メモを書く欄があり、そのサイズがわたしの書き癖に合うこと。

子どもの予定と夫の予定も並行して記入でき、子どもの成長に関する記録などは下段。

●月々、日々の欄とは別に年間スケジュールが帯になっていること。

昨年末は引っ越しがあったし、今年は幼稚園の役員で行事準備があるしで、前もって落ち着いて取り掛かるために、長期の段取りの流れをパッと見られるページは本当にありがたいです。

と、12月始まりの手帳が、10月に早くも手に入ったので心ハレバレしていたら、
DIMEという雑誌の手帳特集が面白いのを発見してさらにハレバレ。この号、丸ごと面白かったです。



こんな表紙の号で、とくに気に掛かったページはこちら。



エルメスのこの手帳、以前の会社のPR部の先輩も使っていらして、カッコイイ❤️と憧れました。
ただ、わたしには扱いが難しいです。人間でいうならステキな見た目が好きなんだけど性格が合わないのを無理して付き合ったら疲れちゃう、、感じ。
仕事の質と手帳のキャラクターの一致は大切です。本人にとって使いやすくないと意味がない。
ただ、ライフスタイルでどんどんその時々の自分に適したものは変化していくのだと思います。


↑同じくDIMEのページより。

色んな手帳を見ると、ひとの人生が可視化されていて、感動します。


ハイタイド手帳 ラフィネ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Allergo | トップ | 中村政七商店 あまなつ リフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。