Belle Epoque

美しい空間と、美しい時間

身軽さ

2016-10-10 | tenue... yosoou
菊池京子さんのスタイリングは、おしゃれシロウトのわたしから見るとなんの変哲もない雰囲気だけど、
キャプションを読むと、彼女の考えの芯に触れられて、
急に奥の深い、そしてキラっと爽やかに輝くものに見えてくる。

と同時に、一見したこの
何の変哲もない、
というのが意外と大事なことだと気がつく。

見た目は、身軽そうに、かろやかに、印象を与えるのが好ましいから。
何を着ていたかは相手に思い出させない、ヒトそのものを引き立てるさじ加減が、さすがプロなのだ、シロウトはここで気がつく。

実際、日々の垢にまみれると、気分に比例して見た感じも重くなってくる。
疲れると、フワッと見えるスタイリングは自分にはできない。

身軽に見えることは、本当にステキなことだ。
心をかろやかにする強さは、装いを調えることで、後から身についてくれる、かもしれない。

K.K.closet coordinate
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 髪をいたわり始めてみる | トップ | ちょっとお口をアップデート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

tenue... yosoou」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。