静かな夜の ほっとワールド

思いでの詩歌を集めてみました。

私の好きな桜うた③

2017年03月31日 | さくらうた

匂へどもしる人もなき桜花ただひとり見て哀れとぞ思ふ  (慶政上人)

いつのまに散りはてぬらむ桜花面影にのみ色を見せつつ  (躬恒)

桜花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける  (紀貫之)

ふるさとの花の物いふ世なりせば いかに昔のことを問はまし  (不詳)

桃色にそめし衣をぬぎかへて山ほととぎす今日よりぞ待つ  (不詳)

          
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくらさくらさくら咲くたび... | トップ | さくらさくら人の世の花なれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

さくらうた」カテゴリの最新記事