東大阪でそろばん教室を運営しているの先生のブログ 関西珠算瓢箪山教場・石切教場

子供たちから教えられたこと、感じたことを想いのままに綴ります。

自分の知っている知識だけではダメですよね

2017-04-25 15:36:06 | 日記
 と、最近特に思います。自分の知っている知識で全ての事柄を済ませようとすると碌なことになりません。たとえば、私はそろばんの先生であり、塾の先生であるわけですが、教科書の中身は私が学生だった頃と比べると、少なからず変化しています。にも関わらず、さも自分が学び身に付けてきた知識が完全無欠かのように思っていると、とんでもない目にあうわけです。

 私は指導者として、今が磐石とは思っていません。少しでも良いものを求めていろいろと試行錯誤を繰り返しています。先輩の先生方のお話を聴いてみたり、他の先生の授業(動画ですね)を見てみたり、近所の先生のところへおしかけてみたり、ラジバンダリ…。

 さて、ところがですね、自分の知っていることをさもすばらしいことのようにひけらかし、子供たちの前で自慢しまくる先生が存在するわけですよ。え~と、頭がおかしいとしか思えません。

 まず、先生の免許を持って、少なくとも教員採用試験を突破する程度には学力があるわけですから、そりゃ中学生よりは頭はいいでしょうよ。そんなもん当たり前ですよ。そしてその学歴なり経歴を自慢するわけですが、子供たちは見抜いていますよ。そうその行動がしょうもないマウンティングだということを。私が子供たちからお話を聴く限りは、子供たちはその先生に対してしらけていますね。

 まあ、残念ながらそんな先生は私のようなそこらへんのそろばんの先生に、残念ながら学歴ですら負けているわけですよ。そういう先生は「学歴というのは、そういう学校で学んできた」ということの証左でしかなくて、「その人の能力を表しているわけではない」ということを、すなわち学歴というものが示してくれるものの根本を理解していないわけですよ…。

 こうした先生は本当に子供たちの前に立つだけで害悪なので、学校現場から立ち去って欲しいものですが、こういう先生に限って「自分はっとても能力の高い選ばれし教員であるのだ!」なんて思っているから始末に悪いんですよね。

 四の五の言っても仕方がないので、私は子供たちの前に立つ資格を持っていられるように、粛々と頑張ります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意味調べ | トップ | ゴールデンウィークのお休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事