赤ちゃん

あなたを愛してよ

無理なのかな

2015-04-08 09:56:59 | 歴史ヒストリアの遠野物語を見て

自分の将来をイメージするには、
まず、まわりの人を見ると、わかりやすい。

私の実母・・・・・
金銭感覚→超インフレになったり、デフレになったり、差が激しい。
類を見ない働き者で、強靭、パワフル、疲れ知らず。
自然児がそのまま大きくなったかんじ。
自分では頭は悪くないと思っているが、思い込みで生きている。
敵はいても、敵知らず(気づかず)。
世間体など、気にしない。
子育ては、放任主義。子供ライオンを崖から放り投げるタイプ。
そのくせ、崖から這い上がってくるのを待てない。
1男2女、孫6人、ひ孫1人虎紋

全然、エレガントではない。
(あ、でも、生け花は上手・・・)

私の義母・・・・・
金銭感覚→あればあるだけ使う、昔のお嬢様。
饗応夫人、お友達いっぱい、気さくなお人柄で、敵なし。
賢婦人、良妻賢母、働き者で、努力家、気働きの人。
家族のためには、とことん尽くす。
頭脳明晰。気がまわりすぎて、ときどきオーバーヒートして、ダウン。
子育ては、男の子には勉強以外、何もさせない
企業戦士(夫)の銃後を守る、教育ママゴン。
とてつもなく常識家だが、時として大胆。
1男1女、孫5人、ひ孫2人。

全然、エレガントではない。
(あ、でも、家事は完璧・・・)


私の永遠のテーマのひとつは、「エレガント」。
自分にないものを探し求める家居裝修

しかしながら、理想とするエレガント像とは、ほど遠い二人。
(愛すべき二人ではあるが)
お手本、具体的ノウハウが身近にないとなると、真似のしようがない。
目の前にあるのは、自分に正直に、自分らしく生きている
人間臭い二人願景村人生課程
それって、やたらパワフルで、これまた真似できそうもないが、
なんだか、あんまりエレガントではない。
(至近距離から見すぎているからだろうか。)
そのかわり、地に足が着いて、力強い。
少々のことでは、倒れたり、ぐらついたりはしそうもない。

私の描くエレガントとは・・・
優雅で洗練されているということ。
生臭い、生身の現実感を感じさせない優美な世界。
カタチから入るのは大丈夫だが、
深追いするとデカダンスにつながる
貴族のような、虚の世界を背負ってないと
無理なのかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとしたことで | トップ | とても味わい深い »

コメントを投稿

歴史ヒストリアの遠野物語を見て」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。