あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

16104 美味しくなったって!! なか伸@片山津 鶏白湯ラーメン 3月26日

2016-03-31 09:35:55 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

SNSの投稿で5か月ぶりに仕込んだ鶏白湯ラーメンが凄く美味しく出来てるという片山津温泉総湯向かいにある なか伸(なかしん)
お好み焼きなどの鉄板料理と一品料理のお店なんですが、ご主人が研究熱心で月一で鶏白湯ラーメンを仕込んでいる。スープが無くなり次第その月は提供が無いのだが、今回は5か月振りに仕込んだのが相当濃厚に仕上がったとの事。2014年5月以来の再訪です。

今回は相当出来が良かったとみえ、3月24日に100食ほどのスープが仕上がったが25日夜には20杯ほどしか残っていないとの事。それを聞きつけラヲタが開店前からまさかの行列(笑)


11:30暖簾を出しに来た店主もガン見するくらいの驚きよう(笑)


お好み焼きそっちのけでラーメン提供に本気モードの店主


メニューもこんなに進化してました。


お友達とシェア
鶏白湯醤油;岩塩や藻塩、などをブレンドしたクリアーな味わい。素材の旨みが引き立つ。

鶏白湯塩;金沢の大野醤油をベースに3種類の醤油をブレンドしコクと風味が広がる。


スープ;必要分だけ小鍋に取り分けて加熱するのですがバーミックスで撹拌・粉砕していました。スープにザラツキがあったので出汁に使った骨や色んな部位が混ざっているんでしょうね。しっかり乳化しているのでコッテリ感や脂っこさか感じられませんでした。


麺;以前は細麺と中太麺を選ぶシステムだったのですが、暫く前からは加水低めの中太麺に統一されていました。
気付きませんでしたが、替え玉する常連さんがいました。茹で時間1分だったので替え玉は細麺なんですね。


毎回半月ほど有るラーメンスープだが今回は3~4日で完売。口コミ、SNSって凄いですね♪ 
これが逆のことになると背筋が寒くなります(;^ω^) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16102,103 福井でラーメンセミナー@某店、麺や庄の 3月25日

2016-03-30 09:53:19 | 福井市内のラーメン
福井のラーメンサイト主催のセミナーに参加してきました。
受け付け風景

会場は某ラーメン屋さん。講師は「麺や庄の」の店主庄野智治さん。


庄野さんはお台場ラーメンパークin福井に出店中のお忙しいなか駆けつけてくれました。
セミナーの内容こはラーメンの基礎知識。ラーメンサイト会員のスキルアップという事で主催者で管理人のK氏が企画。
庄野さんとの掛け合いトークショー形式でお台場ラーメンパークの裏話や、現在のラーメン業界、はたまたラーメンレシピのQ&Aまで2時間30分非常に内容の濃い、楽しい時間を過ごすことができました。

参加21名。


会費2500円。ワンドリンク+つきだし+2ラーメン(ミニ)。





♪ ♪
某店の塩ラーメン(ミニ)


懐かしい味、案外忘れていなかったな。富山市下堀にあった富山店は2011年2月に閉店。東海北陸地区では富山と名古屋だけだったのに、以降は福井店が唯一の店舗となった。2015年12月に福井で2店舗目がオープン。今や東海北陸地区では福井に2店舗あるのみで、いかに福井県民に愛されているかが伺える。超肉厚の小ぶりの丼は沸騰させないスープの保温効率を高めると言う理屈に合致したもの。梅干しが2個入っているのも独特のスタイル。クリーミーでミルキーな豚骨塩ラーメン久しぶりで美味しかった。



♪ ♪
麺や庄の 魚介豚骨醤油ラーメン(ミニ)


今回お台場ラーメンパークin福井に出品しているラーメンは「燻しちゃーしゅー麺」という魚介豚骨醤油ラーメンに炭火で炙った叉焼がトッピングされたラーメンなのだが、こちらの会場となった店舗に七輪を持ち込むことが出来なかったので止む無くこちらのチャーシューを代用。
とんだコラボラーメンになった(笑) ひと口に魚介豚骨と言っても煮干しや節、昆布の調合が複雑。また豚骨出汁の加熱、熟成、冷却、と魚介のWスープにいたる工程は相当の手間が掛かったもの。旨みとコク、鼻から抜ける香りは今までに味わったことの無い味わいだった。


3月28日お台場ラーメンパークin福井の最終日に後半戦参戦予定なので、店主との再会と制式ラーメンの再食が非常に楽しみだ♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16101 鶏白湯連食 ラーメンのぼる@金沢 京しお 3月25日

2016-03-29 17:11:32 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

営業時間の変更で昼営業だけとなった、金沢の自家製麺 ラーメンのぼる。最近訪問頻度が高いです。
特に限定のスパイシーメニューに目が無くて、インド・南インド・北インドとリピートしました。そんな事で店主や奥さんからもまた「北インド」ですか?と軽くイジラレる(笑)

今回は麺屋夕介の濃厚鶏白湯を食べ比べしようとNOODLE KITCHEN TERRAへ向かうも定休日。あっちゃー、前回のそらみち食べ比べ企画の二の前やー(;^ω^)

で、踵を返してこちらへ向かったのであります。
のぼるの鶏白湯メニューは一番人気の「京ラーメン」、背脂醤油ラーメンでニンニクが効いてとても美味しい。
そして小エビや岩のりがトッピングされた塩味の「京しお」と続き、「京坦々」という白湯ベースの担々麺という品揃え。
これが650円から750円で食べられるのだから、とれも良心的でリーズナブル。安い・美味しい、人気があるハズや~。

白湯塩で違いを検証してみる。
クリーミーで雑味の無い白湯スープ。必要以上に粘度は気にしないっていう意思が感じられる。背脂が入っているのにくどくないのは処理に手間暇をかけているからだろう。それが美味しいに繋がっている。白湯のややもするとぼやけた印象が無いのがさすがと言える。
丼のヘリの柚子胡椒はこちらが本家(笑)


自家製の低加水、小麦粉がギュッと詰まった高圧縮の麺はパツンとした食感でとても美味しい。金沢の自家製麺でも客野(きゃさん)と共に大好きな麺を提供しているお店です。


本日2杯目の鶏白湯。何の抵抗も無く全汁。 これが逆の順番だったらどうだろう? 夕介のスープを全汁出来たかどうか解かりませんね~
これが今回の結論かな。

昨今の鶏ブームで材料の調達が厳しくなっているとも聞きます。美味しいラーメンが安定して食べられるよう皆さん頑張って下さいね~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16100 今度の限定鶏白湯って 麺屋夕介@金沢 濃厚鶏白湯 3月25日 

2016-03-29 10:22:25 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

何だか限定ハンターと化しているようで脚が遠のいている金沢の人気店 麺屋夕介(ゆうすけ)
あまりに夕介人気が過激でもてはやされていると、ちょっと冷たくしてやりたくなる今日この頃なのです(笑)

今回の限定は「濃厚鶏白湯」3月21日~25日金曜日までの期間限定、一日25杯の数量限定というプレミアムラーメン。
アルバイトが確保できず臨時休業を余儀なくされるなど、人気店といえどラーメン作りだけに集中できない昨今なんですね。同情致します。

昨年も鶏白湯を限定で発表していますが、今回は濃厚鶏白湯という事で期待が高まります。シフトの関係で諦めていたんですが、そこは平社員の特権を使って最終日強引に突撃に成功しました。ラーメンの神様は平社員に微笑んでくれたのです(笑)

今回の濃厚鶏白湯もほとんどが美味しい・美味いの賛辞で埋め尽くされた投稿が連日続ていますが、塩分が少ないとか、もったりしているとかという希少意見も有りました。


塩と醤油が選べますが、迷わず塩を選択。ひと口目からじんわり来る旨み。鶏白湯ならではのふわっとした感じと使っている塩タレの関係でしょうが、やはり輪郭は弱い。濃度もさることながら、粘度を高めるためにかなり混ぜ物をしている印象があります。唇のネロネロ・テロテロ感が無いのでモミジなど動物系では無いようです。ジャガイモやタマネギなどの野菜が鶏と共にドロドロに煮込まれているのかなっていう舌触り。後半少し重くなってきたのは事実です。
プリッとした中太麺もスープと絡んでしっかりした食べ応えがありました。粗みじんの刻みタマネギ、柚子胡椒が味変で飽きさせない。


豚骨屋さんが挑戦した鶏白湯。人気店ゆえに賛否も集まる。要は狙いの客層がどこか、コンセプトをハッキリすることが大切なんでしょうね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16099 和出汁専門 一心丸の内店@ローストビーフまぜそば、いち二郎 3月23日

2016-03-28 09:17:52 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

平日の夜と土日終日の限定メニュー、そう言えば前回(昨年2月)もそんな限定メニューを食べに仕事帰りに寄り道した富山市丸の内 和出汁専門一心丸の内店(いっしん)。富山駅前地鉄労組ビル1Fの無化調ラーメン一心の2号店です。


到着したのは20時を過ぎていましたが、丸の内界隈のエリートたちで静かに賑わって居ました(笑)


今回は和出汁専門店の一心がなんと二郎系の爆盛りラーメンに挑戦。しかも無化調で。


さらに先日には自家製ローストビーフのまぜそばまで登場した


これは何としても食べてみたい。ヲタの血が騒ぎ、麺停週間にも関わらず掟破りの道草ラー(笑) 両方のメニューをお友達とシェアして食べてきました。

♪ ♪
煮玉子いち二郎 880円 (煮玉子なしは780円)


システムは1、麺量(150g、250g) 2、薬味(クラッシュニンニクor韓国唐辛子) 3、無料増し1.5倍(野菜、背脂、醤油タレ)から選択。
麺250g+韓国唐辛子+背脂増し+醤油タレ増しを選択。
野菜増しをしなかったのでエズラ的にはやや寂しい。それと二郎系では必須の「今日の肉」的なものが無いですね。レギュラーメニューのものと思われるチャーシューが3枚。イメージが先行してたのでかなり薄っぺらく感じてしまった(;^ω^)
野菜増しにしなかったのは次に「ローストビーフまぜそば」が控えているせいで、満腹中枢を刺激したくなかったのです。
韓国唐辛子は見た目と違ってやんわりとした辛さで旨みも感じます。


ほじくり出した麺は自家製でやや平たい全粒粉入りの太麺。濃い目に出汁に合うように作りこまれたムッチリした食感で美味しかったです。
背脂も丁寧に処理されギトギト感はなく、全体としては野菜たっぷりの豚骨醤油ラーメン。和出汁専門店一心の特徴としては、塩分・脂分・化調による凶暴性を魚介を中心とした旨みで凌駕しようと言う試みではないのかなぁと感じました。普段は動物性の油を使わないのがコンセプトの一心が、このメニューのためだけに(多分w)豚骨を炊き、背脂を使う。でも旨みを強調してガッツリ飽きさせずに最後まで食べさせるのは、旨みなんですよ~と言っているよに思えました。
ジジィのお腹にも優しい和出汁一心の「いち二郎」美味しかったです。

♪ ♪
お友達とシェアした2杯目は ローストビーフまぜそば
こちらも平日夜と土日終日の限定メニュー。先ほどのいち二郎と同じようにまず麺量を(200or300g同価格)から選びます。次いでローストビーフの量も選べるのが特徴。ノーマル70gで900円、130gが1300円、200gになると1700円。さらには山のように積み上げた「レッドマウンテン400g」に至っては2400円とう、もはやラーメンとは別世界の食べ物になっています(笑) ローストビーフが自家製なのでこんなに細かく凌駕選べるのでしょうね。それと煮玉子付はそれぞれ80円増しという価格設定。


頂いたのは麺量200g、ローストビーフ130g、(味玉無し)で1300円。
まずはびっしりと敷き詰められたローストビーフの赤身にに目が行きます。美味しそ~♪ 薄切り肉の表面にはジュレがかかり、黒胡椒がとてもスパイシー。その下の麺はいち二郎と同じ自家製平打ち麺。ムチッとしてゴワゴワ感もなく、濃い目のタレとよく絡んでとても食べ応えのある麺です。このタレがいわゆる甘辛だけでは無くスパイシーでビターなお肉に合うソース的な感じ。まぜそばと言っても他に味変の具材もなく、二人で主役を競い合っていると言う感じ。麺料理と言うか、これはやはりルービーと共にいただく料理ですな~♪


トレーには味変調味料として酢と、生姜に唐辛子や調味料を加えた「特製辛子生姜」が添えられていました。お肉の量が増えた場合この辛子生姜がスッキリと舌をリセットしてくれて、とてもよい薬味だと思います。
さ、次回はレッドマウンテン大盛りに挑戦(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16098 今年もオープンしました! 山の上のつけ麺屋さん@高岡 つけ麺 3月21日

2016-03-28 08:28:52 | 富山県東部(富山市周辺)のラーメン
前回のエントリーは→こちら

春の陽気に包まれ、そろそろだよね~って話してたら、ささやんの投稿が飛び込んできました。ドンピシャなや(笑)
高岡二上万葉ラインの冬の通行止めが3月18日に解除され、全線開通に伴いこの日より営業再開となりました。
店主ブログ

改めてこちらの立地を紹介すると、高岡の市街地から離れた二上山という山の中にあります。二上万葉ラインと言う山の中のドライブウェーの途中にあって冬期間は閉鎖、日中は市内と富山湾が一望できる景勝地なのですが夜ともなれば真っ暗。細い山道をくねくね登って行くのはかなりの勇気と強い目的意識が必要です。(笑)

合掌造りの店舗で昼は「カントリーレストハウス二上」と言うお店が営業しており、まるかんさんはそこを間借りして夜だけの営業です。

訪れたのは連休最終日の21日夜20時頃でしたが先客2名座敷のテーブルには10人分ほどの器が残っていました。片付ける暇もない位忙しかった事が伺えます。その後も2名が来店し、根強い人気を思い知らされました。

頂いたのはつけ麺特盛(500g)
自家製の太麺は流水でさらされ、唇を通過するときのヌメッとした感じが堪らなく淫靡に思える。緑と褐色を混ぜたようなナチュラルな色合いが素材感があって、カンスイの臭さがなく充分に小麦粉感を満喫できる。
ゴワゴワ感が無いのもいいです、甘めの濃厚なつけ汁をまとわせズルズルとすする。美味しい~♪

一年ぶりのまるかんのつけ麺、いよいよシーズンイン。今年も食べることができ、感謝


※今回は投稿はもとより、写真撮影もご遠慮下さいとのことなので写真の掲載はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16097 ラーメンが美味しいバー HAND@福井 中華そば、煮干し中華そば 3月20日

2016-03-27 16:10:23 | 福井市内のラーメン
前回のエントリーは→こちら

福井市問屋町、ラーメンが美味しいバーHAND(はんど)


こちらでもP.Pです(笑)


蛤の塩ラーメが食べたくての再訪  残念ながら売り切れ(;^ω^)

なので、中華そばと


煮干し中華そばを、お友達とシェア


ローストビーフがさすが洋食出身と唸らせる出来栄え♪ お台場ラーメンParkのマタドールより美味しそう(笑)


味玉も中がゼリー状


麺は市販品を使わざるを得ないのが残念ですが、早く製麺所の特注麺で食べてみたいです。


バーのラーメンだから1,000円だなんて思ったら大間違い。このローストビーフトッピングだけで1K超えは当然やろ! 穂先メンマは炙ってあるし、つくね、味玉、トッピングだけでイベントラーメンどころでは無い位の値打ちがあるよ!

3月に独立を計画していたラーメン担当スタッフの通称サル君。ラーメン屋経験は無く、某製麺機メーカーの学校で学んだそうだが、本来は調理師。洋食でキッチリ仕事していた経験は何よりの強み。引き出しもたくさんある事だろう。
プロゴルファー猿みたいにプロラーメン猿になるんだ(マジ店名は猿にちなんだ名前になるそうですw) 物件が難航しているようですが、近いうちに必ず実現することでしょう。その際は「絶対来てくださいよ」と熱いメッセージを受け取りました。君の熱い心を添えて。ガンバ!!猿君。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16095,96 2016お台場ラーメンPARK in福井@福井県産業展示館2号館 3月20日

2016-03-27 09:34:54 | イベントラーメン
今年で第6弾となる2016お台場ラーメンPARK in福井が福井県産業展示館2号館で開催された。
前半は3.16(水)→21(月) 後半は3.23(水)→28(月)平日は11時~19時 土日は10時~20時


前半の部を3月20日日曜日に訪れました。10時開場の20分位前に会場に到着。既に開場待ちの行列が出来ていましたが、なんとか先頭グループに入ることが出来ました。


日曜日とあってかなりの人数が並んだため、主催者の判断で予定より5分ほど早く開場となり、全員お目当てのお店のブースに向かって一目散に駆け出します。



1、中華そば四つ葉(埼玉);


地鶏中華そば


埼玉の行列店という事で前評判も高く、北陸初出店という事もあって連日大人気。
地鶏の出汁に生揚げ醤油を使った透明スープ。加熱処理されていない生醤油はふわっとした香りが鼻から抜けて豊かな味わいが舌を包む。表層の香味油のバランスも良くてグイグイ惹きこまれる。レアチャーシュー、穂先メンマ、三つ葉も味のリセットに欠かせぬ脇役。

小麦粉感たっぷりのストレート細麺と役者が勢揃いだ。美味しいラーメンですね!!近くにあったら毎日でも通いたい。
金沢「そらみち」さんの鶏そばはこれをオマージュしたラーメンなのかな♪


残念だったのはレアチャーシューがかなり熱が入ったとみえ、ピンク色が見る影もない。これは衛生面からの対策なのかそ、れとも福井県民にはこのピンク色が受け入れられないからなのだろうか?



2、新潟ラーメンなおじ(新潟);


生姜醤油叉焼麺


新潟四大(五大)ラーメンの一つ、長岡生姜ラーメンを代表しての出店。かなり生姜の香りと味が強めに表現されている。素人にも解かりやすい生姜。自分が長岡で食べた青島食堂やヒグマはこれほど生姜が主張していなかった。それもその筈、タレ・香味油・スープの3段階に生姜を効かせてあると言う。キリットした醤油としっかり味の付いたチャーシュー、香味油が層をなししっかりスープを保温。最後まであっつ熱でさすが豪雪地帯の身も心も暖まるラーメンでした♪



3、牛骨らぁ麺マタドール(東京);


香る!牛塩らぁ麺+ローストビーフ味玉


なんだこの美味さは。色んな牛スープのラーメンを食べてきたけど貪瞋痴の牛骨ラーメンが一番だと思ってた。それが今覆ろうとしている、いや認めたくない、しかしやっぱり美味しい。美味し過ぎる。パンフによれば、牛骨・牛アキレス・牛筋を主軸に香味野菜、魚介乾物、山菜乾物など30品目以上で出汁を摂っているという。そして昆布強めに効かせ、、、。こりゃ美味いに決まっている。牛のバター臭さ(乳臭さ)・骨の髄から出る油の甘味。それ以上に複合的な旨みが舌を包むが、けっしてべったりとした旨みでは無く逆にサラッとしたしつこさを感じさせない旨み。感動的です。昨年鯖江のグルメ博で初めて頂いた時を上回る感動でした。
三河屋製麺のやや平べったい麺は口当たりが良いチュルチュル麺だ。


グルメ博の際はローストビーフのトッピングを回避したのが心残りで、今回はしっかりトッピング。しかし残念だったのはかなり熱が入ったとみえ、ピンク色が見る影もない。これは衛生面からの対策なのかそ、れとも福井県民にはこのピンク色が受け入れられないからなのだろうか?と四つ葉のレアチャーシューと同じ思いだ!!


4、福たけ (千葉);


岩手鴨とハマグリの燻製鴨チャーシューそば+ハマグリ増し+海苔+菜の花


前半の部最後を飾るラーメンは、お腹とオサイフに若干の余裕があったので盛ってみました。イワキ盛りって言うんでしょうか?(爆)


緑の野菜は菜の花ですがほうれん草のお浸しみたいですね(笑) 春を感じさせる菜の花、良かったです。
鴨の出汁が効いてコク旨、ハマグリはもう解かりません(;^ω^) 薫香漂うスープと言う感じでやや下世話。まそれ以上を望めばお値段もハンパなくなるところでしょうが(笑)

ハマグリはデフォと増しをあわせて10個 


厨房も仕込んだトッピングの山


淡麗コク旨の醤油スープ。ストレートの中細麺とバランスがいいが少しあそび過ぎでゴメンナサイ。やっぱり庶民はデフォですな~。麺は伸びスープはさめ、出汁は味が分からん位の海苔。淡麗スープがもったいなかったです(笑)


以上4軒5杯をお友達とシェアして楽しみました。ラーメンに特化したイベントで会期も長く開場時間も長い。しかも前半後半で入れ替えがあってリピートもしやすい。出展者は大変かもしれませんが、訪問する自分らにとっては非常にストレスも少ない楽しいイベントだと思います。
後半戦も楽しく参戦したいと思います♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16094 初訪 らーめん松田屋@金沢 豚骨醤油ラーメン 3月18日

2016-03-27 08:23:17 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
石川のラーメン未訪店撲滅キャンペーン。今回は金石の天一近くにあるらーめん松田屋(まつだや) 店主はらーめん世界からの独立と言われています。


広くてすっきりした店内はボックス席と


厨房を取り囲むL字型のカウンター席。


頂いたのは看板商品の豚骨醤油ラーメン。ニンニクコール(笑) えーい儘よ、今日はニンニク様と遊びました(爆)


背脂のコクがシャバっとしたスープに深みを与えますが特にクセが無く、家族連れでも食べれる抵抗なく食べれるのではないでしょうか。
多加水の縮れ麺がスープを絡め、ツルシコの食感が気持ちよかったです。


元気の良い店主以下、スタッフも活気に満ちた明るいお店でした♪


♪ ♪
食べログ情報は→こちら
お店情報
店名;らーめん松田屋
住所;石川県金沢市寺中町ホ6 1F
営業時間;11:00~15:00(L.O) 17:00~24:00(L.O)
※金、土、祝前日は25:00まで営業
定休日;無休 ※火曜日のみ11:00~15:00までの営業
駐車場;あり
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16093 マキシム ザ ラーメン 初代 極@野々市市 3種のミンチの台湾まぜそば 3月18日

2016-03-26 06:15:29 | 石川県(金沢・加賀)のラーメン
石川県野々市、金沢工業大学のキャンパス隣。以前はらーめん池田屋という屋号で二郎系のラーメンを提供していた人気店。
昨年店名をマキシム ザ ラーメン 初代 極(きわみ)に変更。看板が変っただけでメニュー、スタッフは同じ。
爆盛り系が苦手なのと、注文のシステム、ルールが良く分からないのであの呪文のような「ヤサイマシカラメマシニンニクマシ※△○×??」が言えない(笑) なのでほとんどいきません。池田屋時代に3~4回行ったくらいかな?爆盛りはプチが1回だけで後は限定メニュー、しかも必ず同行者に頼ってました。店名変更後、初めての訪問です。


今回初めての一人旅ならぬ一人食べ(笑) 券売機での食券の買い方を予習して臨みました。


ルール:お冷、割り箸、レンゲ、テッシュ1枚 をセルフで準備する


3種のミンチの台湾まぜそば、小ニンニク有り


お母さんと慕われるお姉様に食券を渡してサイズ(プチ、小、大)を告げ追加料金を現金にて手渡す。配膳直前にニンニクの有り無しの注文を訊かれるのでハッキリ答える。


ガツンと来るタレtの味は病みつきになるケミカル味。台湾ミンチの辛さはボク向きで程よい辛さ。柔らかめの極太麺とよく絡んでメッチャ美味しい。後を引く、痺れるような旨さに恍惚♪(´ε` )


偶然にもお友達と同席し楽しいランチになりました♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加