あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

17348,349 中華そば秋生、自家製麺のぼる@金沢 7月19日 山あり谷ありの長い一日でした! のどぐろそば、のぼるのひやし

2017-07-27 08:04:57 | 石川県(能登地方)のラーメン
中華そば秋生 前回のエントリーは→こちら
自家製麺のぼる 前回のエントリーは→こちら</fonto>


7月19日のことです。
ラーメン人生、山アリ谷アリ
何ともメリハリの利いたラーメン日和でしたので、四部作でお伝えしたいと思います(笑)

◆ ◆
先ずはジビエを求めポールで伺った野々市のテラさん。
神樂さんたちとで釣った魚や、害獣駆除したイノシシを美味しそうな料理にして食べていた。
そのイノシシを使ったラーメンを提供する予定だったのだが、
まさかのバイトちゃん欠勤で人手不足になりで夜の部からの提供になるとの事。
あちゃー‼️ 今週夜はムリ〜😭
頭の中がが真っ白になりました。


◆ ◆
7月19日のエピソードその2@中華そば秋生
失意のなか、ふと思い浮かんだのは秋生、ほぼ2年ぶりくらい
限定とは暫く無縁でしたが、勝負を賭けました(笑)
ラーメンの神様は見離さなかった!
ナント、のどぐろ冷やしラーメンがあるではありませんか!
嬉しすぎて血迷って、連食の際にはあり得ない大盛りを注文してしまった(;^ω^)


のどぐろそば(冷やし) 大 900円


店内に入った瞬間煮干しや節系と明らかに違う魚の匂い。 これはのどぐろやってるな! あったらいいなと言う妄想は確信に変わりました。 通された先には数種類のメニューに混じって「のどぐろそば」限定メニューがありました\(^o^)/
レギュラーの中華そばが700円 のどぐろそばの並が800円 その差100円 う~ん鮮魚ではなく煮干しか?

温かいのと冷たいのが選べるので、冷やしを選びました。甘濃い醤油とのどぐろのスープメッチャ旨い!


タレが強いのかかなりハッキリしたインパクトのある仕上がり。大盛りにしてしまいましてが最後まで飽きることなく一気に完食。
金沢片町のRanen&Bar ABRIののどぐろ煮干しラーメン(ひやし)と食べ比べしたいものですが、前食べた印象からすると秋生はガツンとくるスープが特徴。もちろん麺の違いもありますが。この麺は全粒粉を少々ブレンドしてあって冷水で〆コリッとしながらもしなやかさを感じる麺でした。



◆ ◆
7月19日のエピソードその3@アブリ
せっかくのどぐろ冷やしを食べたのだから、食べ比べをしようと金沢片町まで移動、コインパーキングに車を止め向かった
Ranen&Bar ABRI
開店時間を過ぎてるのに暖簾が出てない!
まさかの臨時休業だ〜〜
また頭の中が真っ白😂

◆ ◆
7月19日のエピソードその4@自家製麺のぼる
失意のなかスマホに飛び込んで来たのは待望の冷やしが始まったとの情報
やった〜〜‼️
本日から提供開始の
ひやし850円


トロンとしたコラーゲンたっぷりのスープは、シャモ&コーチン清湯と煮干しや目近で摂った魚介の冷製スープ
醤油タレには金沢大野の生醤油が使われています。
昨年のすっきりしたスープからとろんとしたとろみのあるスープに変身。 福座や富山のDOG HOUSEの試作で食べたものと同じテイスト。
これが今年のトレンドなのか??


冷水で〆てもゴリゴリ感の無いしなやかな麺。 スープとの一体感が楽します。


美味しかった〜
七転び八起き! 人生悪い事ばかりじゃないね!大袈裟か(笑)

ラヲタは諦めたらいけませんね(笑)

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17345,346,347 NOODLE KITC... | トップ | 17350 NOODLE KITCHEN TER... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

石川県(能登地方)のラーメン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。