あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

17382,383 梅花亭@滋賀県長浜市 8月6日 3年間通って初めて食べる夏の限定!梅冷やしと、復活の梅香らーめん

2017-08-12 06:13:07 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら

滋賀県長浜市の梅花亭


ここ何年か訪問していますが
冷やしは初めてです


梅冷やし 890円


塩分をしっかり補給できる淡麗スープと


身体を冷やす効果があると言う夏野菜もふんだんに使って、


最後は梅肉ペーストで爽やかな酸味とクエン酸補給


最初の一口目にしっかりとした塩分を感じる。 甘さは控えめで食べすすむうちに強く感じた塩分も舌に馴染んで麺とのバランスがとれてくる。 金沢の自然派ラーメン神楽「夏野菜5種の冷やしラーメン」と趣は似ているが素揚げした野菜はない。 唯一素揚げした茄子は濃い目の出汁で甘辛く煮込まれており、スープとのバランスから言えば突出した印象だが、箸休めと言うよりおかず感覚で食べた。

また梅肉ペーストだが鰹風味でスープに溶かし入れると全体が梅味になるので、後半まで我慢してデフォの美味しいスープを堪能した。

麺は自家製のやや平たい全粒粉ブレンド、冷水で〆てもゴリゴリ感はなくつるモチ感の残る麺でした。


◆ ◆
店内2杯目は
今年魚介スープにリニュアルしたわけですが、以前の鶏主体のスープが限定復活


基本は和風鶏塩らーめんですが、同行者の強いリクエストでそれに梅肉ペーストをトッピングしたものを選択

梅香らーめん 900円


日高昆布、さば、うるめ等の魚介と鶏のもみじから摂った和風出汁。 モンゴル産岩塩と酒と味醂で味を調えたという「引き算」のおだしはやっぱり美味しい。 


鶏のふくよかな旨みと昆布のうま味の相乗効果、節の和風テイストを十分楽しんだのち、
ほんのり甘味が加わった梅肉ペーストを最後に溶かし入れると一気に梅味に変身。 
梅花亭のトレードマーク的「梅」ここにあり!


全粒粉ブレンドの自家製#26低加水麺はまさにザクパツで美味いしい。
健康志向の女性にも人気の一杯です。


◆ ◆
梅花亭に来たら必ず食べる杏仁豆腐


ツルん、ぷるん、爽やかな甘みと酸味


至福のひととき( ´∀`)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17095 #20ラヲタの遠足in京都#03  煮干そば 藍@京都市左京区 3月5日

2017-03-10 09:49:57 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
今回のまとめは→こちら


京都3軒目に予定していた「セアブラノ神」、重いのはムリ!と泣きが入ったのでパスして、本来4軒目に行く予定だった「煮干しそば藍」へ向かいました。 地理的には東から西へ、そしてもう一度東へ戻るという行程。 
京都大学にも近い左京区吉田。 住宅街の一角にかなり目立つログハウス風の手作り感満載のウッディなお店。

メニューが貼りだされた小窓。 店内からは外待ちの様子が丸見えw


看板が青く着色されているとこを見ると店名の由来は藍染の藍か?


細長くとても狭い店内は、厨房に正対するカウンター席と、突き当りに3人掛けのテーブルが1卓。


地元カリスマ製麺所、棣鄂の麺を使っている


頂いたのは
煮干し醤油そば 700円


煮干し油そば 卵黄あり 800円


濃厚煮干しそばを注文するつもりが券売機で間違え、その旨店主に伝えたつもりだったが(;^ω^)
出来上がってきたのは、濃厚煮干しつけそば 800円 (同じものが2杯w)


◆ ◆
煮干し醤油そばは、煮干し100%動物系を使わない淡麗・清湯スープ。 煮干しの旨みだけが抽出され雑味を感じさせない。


淡麗スープには棣鄂の細麺を使用。 


◆ ◆
煮干し油そばは、煮干し油でプーンと匂いが伝わってくる感じ。 卵黄、マヨネーズトッピングでジャンキーに。


棣鄂のまぜそば用太麺。 ゴワゴワ感なくもっちりして旨い! お約束通り最初は麺だけ食べて初期状態を確認(笑)


◆ ◆
濃厚煮干しつけそば、美しく整えられた麺線は見ただけで美味しさが伝わってくる。
ネロッとしたつけ汁、煮干しの臭味は無い。 ベースのスープは豚骨白湯であろうか、コクと濃厚な旨みが飽きることが無い。


最後に鰹出汁のスープ割で〆ましたが、残念ながら画像がありません(;^ω^)

未食に終わった濃厚煮干しそば(ラーメン)の方もたぶんこのつけ麺のつけ汁のようなスープなんだろうな。

金沢の煮干し番長響さんともまた違った煮干しの扱い方、とても美味しかったです。

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;煮干そば 藍 (ニボシソバ アイ)
住所;京都府京都市左京区吉田下阿達町29-1
営業時間;【平 日】11:30~15:00/17:30~20:00 
     【土・日・祝日】11:30~18:00
      ※スープ無くなり次第終了
定休日;【月曜日】【第1・第3日曜日】
駐車場;なし 隣にコインパーキングあり
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17094 #20ラヲタの遠足in京都#03 鶏谷@京都市右京区 3月5日

2017-03-09 09:07:14 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
今回のまとめは→こちら


1軒目のお出汁小麦の一三0から西へ移動、右京区西院にある鶏の名店鶏谷(とりたに)因みに向かい側にあるのはニトリ(笑)


奥に長く厨房に正対するカウンター席がメインの店舗で、入口の壁に面して4人掛けのテーブルが1卓、13~4席ほどを男性4人のスタッフで営業しています。


到着したのは12時頃で相当の並びを覚悟していたのですが先客4人、店内で座って待つことができました。
カウンターに分かれて座ることもできたのですが、せっかくなので4人掛けのテーブル席が空くのを待ちました。

頂いたのはメニューのまぜそば以外のラーメン4種類
鶏そば 750円 あっさり醤油


煮干しの塩鶏そば 800円 あっさり塩


鯛白湯塩鶏そば 850円 濃厚鯛白湯+鶏スープ


熟成鶏そば 750円 濃厚鶏白湯醤油


以上を4人でシェアしました。
◆ ◆
鶏そばは、鶏清湯スープのあっさり醤油味。 ふっと鼻から抜ける醤油の感じは生醤油っぽいキレのあるスープでかなり好みです。 見た目よりくどくはなくレギュラーの看板商品としての風格を感じます。


自家製の麺


◆ ◆
煮干しの塩鶏そばは、シャバっとした鶏清湯と煮干し出汁のWスープだと思います。あっさりとした塩味で煮干しの甘味旨みが丁寧に抽出されています。


◆ ◆
鯛白湯塩鶏そばは、濃厚鯛白湯+鶏のドロドロ系スープ。 タイの香りが何とも言えずお魚を主張していますがけっして生臭さはなく、鯛の旨み鶏の旨みが混然一体となって口の中に広がります。


麺です。


◆ ◆
熟成鶏そばは、濃厚鶏白湯醤油のドロドロ系スープ。 濃口の醤油がまるでまぜそばのようでスープが隠れてしまっています。


なんとかしたから麺を引っ張り出しましたが、本当に油そばの様でしっかりタレ(笑)が麺に絡みついていました。


4種類のラーメンすべてに共通しているのはもちろん無化調の鶏のスープですが、丁寧な盛り付けとチャーシューの豪華さ。 これで煮玉子がついていたらお特盛1,000円と言ってもいい位。 豚のレアチャーシュー3枚+鶏棟チャーシュー4枚がデフォなんて、嬉しい限りです。 そして小麦粉感タップりの自家製麺。

鶏好きには堪らないお店ですね。



♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;鶏谷 (トリタニ)
住所;京都府京都市右京区西院四条畑町1-22
営業時間;[平日]11:30~14:30 18:00~22:30(売切次第終了)
     [土]11:30~15:00 18:00~22:30(売切次第終了)
定休日;月曜日
駐車場;なし
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20回ラヲタの遠足in#3京都まとめ@お出汁と小麦一三0、鶏谷、藍 3月5日

2017-03-07 23:24:49 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
 前回のエントリーは→こちら

20回目を迎えたラヲタの遠足。 今回は3回目の京都遠征、と言っても市内は2回目ですが(;^ω^)

金沢を7時に出発、好天に恵まれ快適に車を進め、関西帰省中のSやんとの合流ポイント、JR山科駅に定刻9:50着
まったくロス時間無いのは神業(笑)

今回はお出汁のラーメンで有名な旧伊佐夫 現在は「お出汁と小麦一三0」にリニュアルにどうしても行ってみたくて無理言いましたが快く賛同して頂き感謝。


2軒目は鶏の名門「鶏谷」


3軒目は新進気鋭の煮干し専門「藍」


セアブラノ神は今回もリストアップしながらも腹パンで次回へ(笑)

Sやんとは烏丸今出川の地下鉄駅で別れ、一路金沢へ。 前回と同様大津PA休憩
今回も琵琶湖観光船ミシガンが同じアングルで撮影できたのは奇跡的(笑)


そして本日の最終目的地、中能登のSpoon&Noodleへ
大変な込みようで、外待ち1時間(笑)


今日も楽しいラヲタ活動、みなさんお疲れ様でした\(^o^)/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17041 梅花亭@滋賀県長浜 1月28日 リニュアルは季節の鮮魚出汁!静かに完全無化調をめざす創作ラーメン

2017-02-05 07:01:15 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら


彦根から湾岸線を通って長浜へ移動。


彦根城は車中から観光


梅花亭の前を流れる河原からは、冠雪の伊吹山が真正面に見える


新年からメニューが変更になったということでメッチャ気になっていました。
真新しいメニューを開くとラインナップは以前と変わらない構成。
でもよくみると
2017年の新しいらーめんは『あら』の出汁、とあります。季節の旬の鮮魚を使うという事のようです。
目指すのは完全無化調、無添加。自家製麺のラーメンという事でしょうか。

潮らーめん 760円


鮮魚出汁の清湯スープは旨味で食わせるタイプだが、表層の香味油や揚げネギの香ばしさがコク深いと感じるか、繊細さをジャマすると感じるか好みの分かれるところかも知れない。
自分は無化調を補って余りあるこの油が重要なファクターとなっていると感じた。 美味しかったです。

全粒粉ブレンドの跳ねるような食感の細麺。これは美味しい!


鯛茶漬けは無くなったようですね、残念(;^ω^)


◆ ◆ ◆
同行者とシェしたもう一杯は
酒かすのらーめん 870円


彦根のにっこう本店で食べたベジポタ酒粕と期せずして酒粕つながりとなりましたが、こちらは酒粕メインなのに優しい。 にっこうのはかなりガツンとくる。 初めは薄く感じたスープも食べ進めるうちにじんわり旨みが沁み込んでくる。 

麺は潮と共通の全粒粉ブレンドの自家製細麺。 このスープにも合いますね~


滋味あふれる田舎酒粕汁のようななつかしい味わいでほっこりしました。

◆ ◆
もちろん食後は自家製杏仁豆腐。
これほ絶対外せないヤツです(*´∇`*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17040 ラーメンにっこう本店@彦根 1月29日 ゆるぎない定番日香麺と1月の限定白カブのベジポタ酒粕ラーメン

2017-02-04 05:18:07 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら


2016年4月以来のにっこう本店
彦根・長浜は太平洋側で雪が降らないところという印象だったが、今度の大寒波でかなりの積雪を記録したようだ。
この日は穏やかに晴れ渡り青空のまぶしい天候だったが、国道の淵には除雪した雪が小山のように積み重なり大雪だったことが窺える。


8:30に金沢を出発し休憩をはさみ彦根のにっこう本店に到着したのが11:30の開店少し前、前客5組⒑数人待ちでした。 出足が少ないのはやはりこの大雪の影響でしょうね。


1月の限定


白カブのベジポタ酒粕ラーメン 900円


すりおろした白カブと酒粕のコラボラーメン、メッチャあったまる^ ^
甘酒のような芳醇な香りとコク、カブのほんのりした甘み。それらを塩味が引き締めメリハリの効いたスープに仕上がっています。
ネギペースト、燻製チャーシュー、フライドガーリック、赤いのは特産の赤コンニャク。面白いトッピングですね〜^ ^

ツルッとした平打ちのピロピロ麺もたっぷりスープを絡めて美味しい。


◆ ◆ ◆
そして同伴者とシェアした安定の定番メニュー
日香麺 800円 


醤油味 無料トッピング柚子を選択
動物系と魚介出汁のWスープは和風出汁を思わせるあっさり清湯スープ。 立ち上る湯気と共に鰹の風味が優しく鼻をくすぐる。
一口スープを含むと、ほのかに煮干しの渋みが舌に感じ後から旨みが広がる。

小麦粉感溢れる中細麺美味しい。


定番と月替わり限定の組み合わせで、何回来ても飽きませんね~
たまには違うお店と思っていますが、やっぱりにっこうと梅花亭は鉄板の組み合わせという事です(^^♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16536 中華そば無限@大阪市福島区 ラヲタの遠足in関西 3軒目、この日は奇しくも清湯スープと多加水麺!

2016-12-26 08:48:47 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
第19回ラヲタの遠足in阪神 今回のまとめは→こちら

3軒目は尼崎から大阪市内へ移動、ハンドルは地元のSやんに替わります。


淀川を渡ればもうすぐ


大阪市福島区の中華そば無限


らぁ祭にも参加していた動物系と魚介のWスープ、自家製麺が売りの人気店。


煮干しそば(土日限定) 900円


塩そば 730円


中華そば 730円


油そば 730円


の4杯を4人でシェアしました。

券売機に迷ったらコレのPOPが貼ってある中華そば 730円


漆黒の醤油スープは富山ブラックを彷彿とさせるが、もちろん人間がフツーに飲めるレベル。
ツルシコの自家製麺と和歌山角長のキレのある醤油が特徴の素晴らしいラーメンでした。


もうひとつの極上ラーメンは平日限定の煮干しそば


このスープメッチャ美味しい! 今まで食べた煮干しスープの中でもかなり特徴的で、まったりした口当たりと旨み甘味・ビターさを高見まで引き出している。 


大阪市内の道路は日曜とあってか、仕事の車が少なくかなり空いていました。 コインパーキングにもすんなり入れ、お店の方もアイドルタイムだったとみえ中待ち10分ほどで全員並んで着席することができました。 
こんなにすんなり来られるなら、大阪遠征もリピありやね(笑)


♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;中華そば 無限
住所;大阪府大阪市福島区海老江5-5-10
営業時間;[火・水・金・土]11:30~14:00 18:00~21:00
     [日]11:30~15:00
定休日;月曜、木曜
駐車場;無(近隣のコインパーキング使用。)
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16535 虎一番@兵庫県尼崎 ラヲタの遠足in関西 地元ラヲタイチオシ!気難し店主が作る創作メニューとは!

2016-12-25 08:29:41 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
第19回ラヲタの遠足in阪神 今回のまとめは→こちら

2軒目は尼崎で2番目に美味しい(笑) 同行の地元ラヲタ、イチオシのお店 虎一番(とらいちばん)
夜専だったがスタッフが充実した事でランチ営業も始めた、知る人ぞ知る人気店。 丸鶏と魚介のスープが特徴です。


鶏塩ラーメン 850円


極大河 850円


限定DXパクチーラーメン 1000円


響ラーメン 700円


を、4人でシェアしました。

先ずはプリプリのエビが入ったギョーザ350円からスタート。


注文を受けてから包む手作りギョーザ、八角の香りも懐かしくメッチャ旨い。


ラーメンメニューが豊富過ぎて迷うが、仲間のSやんは神戸が地元なので、実は店主と親しい間柄。なのでしっかりオススメを頂く事が出来ました。

なかでも極大河は店主のイチオシ。 粗挽き黒胡椒の効いたチャーシューメッチャ美味しい。


丸鶏の出汁と鶏胸肉の出汁のWスープで、コク深くじんわり旨味が染み渡る。


麺はツルシコの自家製多加水、羽釜で泳がせ平ザルで湯切りする。


どのラーメンにも茹でた白菜がトッピングされている。 旬の食材の意味と食感・甘味感じてもらおうという趣向だろう。
いつも忙しすぎてぶっきらぼうに見えるそうだが、昼営業を知る客はまだ少なく常連のSやんを前にしてとても優しい大将でした。
そして男性スタッフ氏がボクと同郷の氷見に友達がいるって、ちょっとした会話で繋がる一期一会に感謝でした。ありがとう^ ^

♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;虎一番 (とらいちばん)
住所;兵庫県尼崎市大島1-2-3
営業時間;11:00~14:00 18:30~2:00
定休日;月曜日
駐車場;無(近くにコインパーキング有り)
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16534 ロックンビリーS1@兵庫県尼崎 ラヲタの遠足in阪神 ネオ清湯の源流とは聖地巡礼! 

2016-12-24 06:22:40 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
第19回ラヲタの遠足in阪神 今回のまとめは→こちら


三国の牟岐縄屋、金沢のそらみち
彼らが尊敬してやまないネオ清湯ラーメンの宗主的存在。
先日の牟岐縄屋のイベントで嶋崎店主と同席した事もあって、どうしても訪ねたかった。



尼ロック 900円


Sロック 900円


比内地鶏の塩らぁ麺 700円


花鰹塩らぁ麺 1000円


を4人でシェアしました。


比内地鶏と水だけで炊き上げた鶏清湯スープ。 厚みのある鶏のふっくらした旨味と鶏油の香りがたまらなく美味しい。
塩が3種類もあって淡麗コク旨、


でも生醤油のふんわり華やかで鼻に抜ける尼ロックが最高に美味しい。


麺は大成食品でしょうか、木製の麺箱には「大成」の文字が見えました。 「麺の溶け出し」という表現を最近よく耳にしますが、こちらが発信元なのかも知れません。 自分らが撮影に時間をかけ過ぎたせいかもしれませんが、少々柔目の茹で加減ではあるものの最後まで繊細なスープを濁らせない工夫がされた麺だったと感じました。


◆ ◆ ◆

カリスマ嶋崎店主のキレキレの所作と、緊張感に包まれた店内。
まさにロックンビリー劇場‼️


富山から4時間30分かけて訪ねたラーメンは、まさに記憶に残るイッパイとなりました。
ありがとう( ´∀`)


♪ ♪
お店情報

食べログ情報は→こちら

店名;ロックンビリーS1
住所;兵庫県尼崎市南塚口町3-29-13
営業時間;[火・水・木・金・土]11:00~14:00 18:00~21:00
     [日・祝]11:00~15:00
定休日;月曜
駐車場;有(4台(指定箇所以外の駐車は厳禁)、近隣にコインパーキングあり)
地図;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第19回ラヲタの遠足in阪神まとめ@ロックンビリーS1、虎一番、無限 12月18日

2016-12-24 04:49:16 | 滋賀・京都・兵庫・大阪のラーメン
前回のエントリーは→こちら


今回の目的地の選定にあたっては、いつも食べて・スマホして寝ているだけ(に見える)金沢の重鎮W氏のたっての要望で尼崎のロックンビリーS1に決まった。 メンバーのSやんの地元であるため全く遠征感が無いことに加え、開店当初の味が東京での初期に比べかなり残念な印象だったためSやんとしては気乗りのしない遠足だったかもしれない。

しかし、現在北陸におけるネオ清湯と呼ばれる鶏と水だけで摂った出汁と生揚げ醤油のシンプルなラーメンの源流がそこにあるのだ。
福井の牟岐縄屋、金沢のそらみち、彼らが究極の目標とし、師と仰ぐ尼崎のロックンビリーS1嶋崎店主。 

先日、牟岐縄屋の1周年イベントの懇親会で嶋崎店主と同席する機会があった。 牟岐縄屋吉田店主、そらみち青山店主との3者対談ともいえる熱いラーメン談議は忘れることができない。


最近では金沢のラーメンのぼるがそらみちの中華そばをオマージュしたシャモ&コーチン、シャモ塩を立て続けにリリース。 丸鶏の先駆者NOODLE KITCHEN TERRA、さらに彼をリスペクトする中能登の隠れ家Spoon&Noodleなど、その輪は広がりつつある。

ロックンビリーのラーメンは2014年福井で開催されたお台場ラーメンパークin福井というイベントで一度だけ食べたことがあるが、ワクワク感と臨場感はお店でないと味わえない。

当日は日中の気温が18℃位まであがり、12月半ばだというのに上着が要らないような陽気。 北陸も関西もずっとこんな調子で運転も快調でした。 午前7時に集合地点の金沢を出発北陸道から名神を経て尼崎IC下車、Sやんと待ち合わせのロックン最寄り駅JR塚口駅には10:14に到着。 無事Sやんとも合流しそこから5分ほどのロックンビリーS1で4台しかない駐車場にも止めることができました。


尼崎から大阪市内への移動は地元であるSやんにお願いし、しばし観光客気分。 好天に恵まれ絶好のドライブ日和といった感じ。 


心配した大阪市内の渋滞も日曜日という事もあってガラガラ! 高速道路も含めまったく移動にストレスを感じなったのが嬉しい。


帰り道では名神大津PKで琵琶湖を眺め 青空と湖面をすすむ観光船ミシガンを背景に集合写真。 
強制的に里帰りさせてしまったSやんには大変ご迷惑をおかけしました。 でもSやんの口から「美味しかった」の一言が聞けてホッとしました。 開店当初のモヤモヤが解消されたようで、自分らも嬉しいです。


さて、今年も残すところわずか。 この1年、いや半年間、本当にありがとうございました。
来年もよい遠足、美味しいラーメンとの出会いを求めてお付き合いくださいね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加