あみの3 ラーメン食べある記@地域限定

2014年3月plalaから移管しました。
金沢・富山を中心とした北陸3県とその周辺のラーメン食べ歩き日誌です。

体調優れないため自宅でおやべホワイトラーメン

2012-05-14 09:39:31 | 自宅らーめん
4月23日からだっけ、富山県内で一斉販売開始。
おやべホワイトラーメンなま 2人前
販売者:合同会社おやべ商店OSC
おやべ商店ブログ↓
http://ameblo.jp/oyabe-shoten/image-11234324233-11938101950.html
ホワイトラーメン公式サイト↓
http://www.oyabeshoten.com/

    

パックを開くとこんな内容  なま麺:240g(2人前)、スープ:(2人前)、肉味噌:(2人前)


完成品(具材は別です)


今回は魚介風味にアレンジします
まず具材の準備
  
味付け玉子:おしりに針で穴を開け(凹みをなくす)、途中回転させる(黄身が中心になるよう)沸騰から6分30秒で急冷する
        醤油、みりんの甘辛いタレの中に2時間くらい浸しておく


出汁:1人前約300ml かつおぶし、さばぶし、出汁昆布を水出し(ミニペットボトルに入れ冷蔵庫に入れておく)
   1時間位したら加熱、沸騰したら弱火で保温
ネギ:適量、刻んでおく
叉焼:適量、おやべメルヘンポーク(道の駅おやべにて販売中、なければ何でも良い)盛り付け直前に暖める


モヤシ:適量、熱湯で1分茹でる
沸騰したお湯に麺を入れ、3分30秒茹でる
丼はお湯を入れ湯煎しておく
麺の茹で上がりまでに、


丼の湯を捨て、付属のスープを絞り入れる


保温の出汁300mlを丼にいれよくかき混ぜる


麺が茹で上がれば、よく湯きりし丼のスープの中に入れ箸でほぐす


具材の盛り付けをとにかく手早くのせる
中心部に付属の肉味噌を丸く絞り出す

うーん、うまい!!

忠実に再現されている。
今回出汁を魚介でアレンジしてみました。
オリジナルよりうまいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山井出商店(蔵出し)

2012-01-13 14:33:22 | 自宅らーめん
「犬」まであと2日。
体調最終調整につき、ラーメン禁断症状。

過去に自宅で食した画像をみて慰める。
2011年11月30日の記録。


箱入り和歌山ラーメン 名店 井出商店
名称:生ラーメン
内容量麺:110g×3食
    スープ:100g×3食
製造者:アイランド食品


具材は別です。

濃厚こってり系。
どろどろ、ねっとりとしたスープに加水率の低い極細麺。
旨みがぎゅーっと詰まってる。
もちろん和歌山の井出商店のラーメンは食べたことないけど
神仙とおんなじだ。と思わせる出来栄え。

金沢の人気店神仙
暖簾わけを許された本家・本元のお店。

実は、昨年和歌山へ行く予定だった。
娘が和歌山で研修していて、それを口実に。
ところが親父がああなって、急遽予約の国民宿舎もキャンセル。

などと、思い出しながら
「犬」終わり次第、2件まわります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折衷案

2012-01-08 13:50:45 | 自宅らーめん
今日は外出しません。
ラーメン屋さんへは行きません。
でもお家でラーメンを食べます。
これが、ワタシの心の中の天使VS悪魔の折衷案でした。
  
高山ラーメンひさご(瓢)が、ちょうど1人前冷蔵庫に残っていたので、、、。(言い訳)

作業風景

材料①高山ラーメン生めん(1玉)

   
②伊藤ハム「肩ロース叉焼」(これまた冷蔵庫の残り物)2枚


③白髭ネギ(水でさらす)

  
煮干と昆布の出汁①沸騰したらあくを取る②麺が茹で上がるまで弱火で保温


スープ①高山ラーメンの液体タレ 前回の反省から脂を半分くらい取り除く


②湯煎した丼にタレをいれ 出汁を注ぎ混ぜる

  
茹でた麺を  よく湯きりして丼に麺投入


乗せモノ具材盛り付け

高山風煮干らーめん白髭ネギ増しの完成
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅で年越しラーメン

2011-12-31 11:52:54 | 自宅らーめん
年越しラーメン
自宅で岐阜県高山市昭和町 ひさご(瓢)の味を再現



製造者:㈱アイランド食品
商品名:箱入り 高山ラーメンひさご
名称:生めん
内容量  麺:110g×4
     スープ:60g×4
(具材は別です)
  
スープのもとは一手間かけ
煮干と昆布、鰹節で出汁をとりWスープに。
チャーシューは伊藤ハム「肩ロース叉焼」をグリルで3分焼く。
麺の茹で時間、1分30秒。
うまい!!
魚介の香りが最高。

以前東海北陸道 ひるがのPAで食べた高山ラーメンに比べ
麺が太め、脂の量多く甘みが強い、という印象。
いずれ現地へ出向き、実食せねば!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加