2020年移住&共同生活計画

郊外に古民家か中古住宅を購入、シェアハウス風にし野菜をつくり自給自足の共同生活
にあこがれるおバカなおじさんです。

シニアと若者の異世代シェアハウス

2017年06月18日 | 共同生活シェアハウス

写真の物件は参考です

若者にシェアハウスが人気!
シェアハウスに住むということは友達を作りやすい環境にあるといえるでしょう。シェアハウスで気の合う友人を見つけたいのであれば、共有スペースで積極的に声をかけましょう。
仲良くなってくれば、一緒に外出したり、共同スペースを使ってパーティーを開催したりと、人脈をどんどん広げていくことも可能です。 普通の一人暮らしでは体験できないようなことが経験できる
シェアハウス生活 高齢者に広がる
入居者は掃除や洗濯、畑仕事もする。介護施設ではないので、自分でできることは自分でするのが入居の条件。
健康を維持しても、核家族化や少子化で、パートナーに先立たれると一人暮らしになるケースが増えた。生涯独身というシニアも多くなり、孤独死が社会問題になってきた。老後のことで子どもや周囲に迷惑をかけたくないと考えるシニアが、新しい住まいとして注目しているのがシェアハウス

入居後の注意点として、「共同生活のルールを守ること。そして、特に若者と共に入居する場合は、過去の自慢話をしないこと」。他者と暮らす「共生マナー」を意識することが、高齢者のシェアハウスでの暮らしには不可欠だ。
 
私は3年後に関東近郊でこんなことを夢見ています。
2020年移住&共同生活計画

シニアの条件

・家賃が無料 
 ・健康面が概ね良好。(介護の必要なし)
 ・同居する学生に対して行き過ぎた干渉をせず、独立した生活を送れるように配慮する。
・水道光熱費を含む生活関連費用として、月額\2万円を支払う。


学生の条件

・家賃が無料 
 ・週3回、夕~夜はシニアと共に過ごす。
 ・同居のルールを厳守できる。
 ・門限は23時。
 ・水道光熱費を含む生活関連費用として、月額\2万円を支払う。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎暮らし物件94 | トップ | メークイン収穫と娘の庭の菜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。