千曲川の流れのように

生協職員の徒然

善光寺へ

2016-09-15 | Weblog


職場近くの見六橋の袂で見つけた道標。筆塚を目指していたのに、想定外の出来事。人差し指のデザインが現代的なのに感心。



謂れを読むと歴史を感じる。筆塚は後ほど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大逆転 | トップ | 筆塚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。