まさか日本でカルチャーショックを!

中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

子のためではなく、親のために選ぶ車・・・

2017-05-14 20:47:33 | 日本での生活
先日も昨日も記したことに関連するのだが、数か月以内に車を買い替えることになる。
今度は11年半ぶりに普通車を選択する。
元々来年春の買い替えだとしても、3ナンバーは買うつもりがなかった。
5ナンバーで充分。

いや、本来は軽自動車でも良いのである。
ただたまーに5人乗せたいこともあるので普通車が欲しいと言っていただけのこと。

軽自動車は素晴らしい。
コンパクトで日本の道路事情や住宅事情にマッチしているし、税金も安いし。
5人乗せられなくても、そのメリットは大きい。

スズキ自動車の「小さなクルマ、大きな未来」など実に素晴らしいと感じている。
私はリトルワールドが好きである。
小さな世界に何でも揃っているのが良い。
だからこそマカオが好きなのかもしれない。
都会も自然も田舎も高級住宅地もカジノもホテルも空港もフェリーターミナルも何でもある。

1985年秋にホンダが軽自動車を復活させた。
それ以前にスズキアルトなど、見ていて楽しかった。
当時高3であった私はスバルの4WDに憧れたが、それは現実的ではない。
だが当時の軽自動車であれば、翌年働き出せば買えないことはない。
もちろんローンなのだが・・・。

「少し手を伸ばせばできる贅沢」
私はそれを心掛けているのだが、当時の軽自動車はまさにそんな感じであった。

大藪春彦氏のハードボイルド小説の主人公が雌伏時代に360㏄に乗っている描写が堪らなく好きであった。
そこでFEN(現:AFN)を聴いて英語に磨きをかけていたなんて実に共感できる。

話を元に戻す。
19歳直前で働きだし、社用車を与えられていた。
であるから、しばらくは通勤もそれで行っていた。
そんなわけで初めて車(中古車)を買ったのは、田舎の高卒社会人にしては遅かった。
1988年ソウルオリンピックの年である21歳の夏であった。
トヨタのセダンG(20万円)
古かったが一応高級車の部類に入る。
ただ秋に大学入学を目指し、勉強を始めたのだが、ガソリン代がネックになった。
そこで年内には手放した。

次が大学受験に失敗した1990年春に中古のスズキの軽J(20万円弱)を買った。
しかしトラブル続きであったため、その秋にやはり中古の三菱の軽の4ナンバーM(50万円)にした。

92年に念願の大学に入った。
仕事と勉強での超寝不足での通勤・通学での身の安全を考えて、93年春に中古で三菱Gを購入(102万円)。

このGが私の生き方に彩りを添えることになった。

1997年2月に中古でトヨタの5ナンバー1BOXであるTを購入(100万円ちょっと)。

2001年2月に中古でトヨタの3ナンバーミニバンEを購入(120万円)
2005年10月下旬に手放した。(11月初旬に中国へ)

帰国して1か月半ぐらいの2014年2月中旬に中古でスズキのEを44万円で購入。
現在初年度登録から12年と2か月。
8万8千キロなかったのが、今は14万5千キロを超えている。
故障しないほうがおかしい。
ただ割と早くあちこちトラブルが起きる車らしいのだが、昨年夏にファンベルトの一部が千切れてホースを破り、オーバーヒートでの修理が初めての大きなトラブルであった。
今年2月にバッテリー交換。
そして5月7日にある大きなトラブル発生。
昨日13日に中古タイヤに履きかえれば、ブレーキパット1箇所が超薄状態・・・。
8日の日に言われたように、なるべく早く買い換えたほうが出費が少ないというアドバイスが身に染みる・・・。

というわけで、来年春に買い換える予定が、数か月後までには換える予定に。

この車がなければ、仕事で遠くまで通うことも無理であった。
実家の買い物も不便であったに違いない。
当然、両親や親族、友人との楽しい想い出も残せなかったはず。
今回の再就職活動も容易ではなかったであろう。
そして動く勉強部屋がなければ、私もここまであれこれ勉強できなかったに違いない。


今度の買い換えも父親の乗り降りを考えると、あまり低い車は無理。
(日産Nクラスなら、安くて程度のいい中古車があるのだが・・・。)

ただ父親の乗降がし易く、後部座席はスライドドア、なおかつ後ろからぶつけられても後部座席のショックが少しは和らぐぐらい荷室が広い車となると、軽では1BOX以外にはない。

実際今も軽1BOXである。
後部座席もけっこうゆったりしており、クッションもけっこう良い。
(5ナンバーだし)
だが、やはりワゴンRやムーブなどの後部座席の座り心地には負ける。

そう、後部座席は主に両親が座るのである。
できるだけいい環境で座ってもらいたいじゃん!
(普段父親とは言い争いばかりだが。)

日産Nクラスに比べると、少々割高になるが、仕方がない。
また5ナンバーミニバンだと値段の割に走行距離がかなり多くなる。

本日午前も両親を乗せて出かけている。
だが思いっきり父親と言い争い・・・。

正直情けない。
いい年をして、自分のやりたいこと、楽しみを捨ててまで実家にいることが。
だが9年近くほかっていた両親にはできるだけ生活で不便をかけたくない。

(本当は他に欲しい車があることはご家庭を持つみなさんと同じ。)

まあ、そのうちにいいことがあるであろう。

我が家の関係者は確実に様々な面で目に見えない存在に守られている。
父親が(寝ていることが多く体が弱っているとはいえ)2度の大病の後で月に1回の内科通院、2か月に一度ぐらいの眼科通院程度で済んでるのが不思議なぐらいである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり守られている(その2) | トップ | 物にも命がある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。