まさか日本でカルチャーショックを!

中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

コインランドリーの靴用洗濯機とファミレスを楽しむ

2017-01-25 21:43:33 | 日本での生活
現在就職活動以外に外国語などの勉強もしてはいるが、その気になれば日中に数時間の自由時間を作ることもできる。
真面目にばかりしていては成長しないと感じている。

最近になって「毎日何かひとつ『初めての経験』やそれに近いことをしてみよう~」と考えた。

本日ドラッグストアの開店時間と同時に実家の若干重い買い物をして届けた。
ついでに運動靴を持ち出した。

行先はコインランドリー。

帰国後何度か母親にお願いされて、母親と大物の洗濯物をそこに運んでいる。
当然洗濯機と乾燥機を利用しているのだが、いつも気になっているのが靴用の洗濯機。

最初に見たのが2014年の秋だったと思う。
それ以降「一度使ってみよう」と思いながらも、一度も使っていない。
靴ぐらい自宅で洗えるし。

だが最近はけっこう寒いので・・・。

それに昨年(2016年)秋にそのコインランドリーで読んだ雑誌は読みかけ。
その雑誌がまだあるとは思えないのだが、一応靴用の洗濯機使用をメインに考えて店内に入った。

200円20分。
二足洗える。

その上にやはり二足入る乾燥機があった。
これも200円。

だが私はケチ・・・。
というわけで洗濯機のみ利用。

洗濯機の20分でお目当ての雑誌も読むことができた。
その地域紙に書かれていたのは「異文化共生」について。
日本語教師経験者だからとか、元々外国文化に興味深々だからとか、外国から来た方が多い地域に住んでいるからという理由だけではない。
自分自身が異国に住んでいたということこそ一番大きな理由なのである。

まあそれはともかくとして・・・。

靴は車の後ろの荷室に6時間置いておいた。




冬場であり乾くはずもない。
帰宅後自分の部屋の片隅にビニールシートを敷き放置。

私の部屋に暖房はないが、外に置くよりはまし。
父親の寝室は暖房を使っているが、そこに置くわけにも・・・。

明日の朝の天気予報次第でベランダに出すか、部屋の外の廊下に出すか・・・。

その後は帰国後初のガストに行き、日替わりランチのライス大盛り(←値段変わらず)を食べた。
私がよく行くファミリーレストランはサイゼリヤとジョイフル。
と記したが、前者は5回もないし、後者も2、3回ぐらいのもの。

ちなみに観察するのはメニューや料理の味だけではない。
当然客層も見ている。

広東省にいるとき、住んでいた市やマカオの“大家樂”(Cafe De Coral)に何度か行った。
最初に入ったのはマカオの店舗であったのだが、けっこう感動した。
最後の7年は外国人がけっこう暮らしやすい都市にいたものの、やはりすべてにおいて日本と同じ食生活ということは無理であった。
そのファミリーレストランは洋食だけでなく、当然中華もある。
だが私は洋食ばかり頼んでいた。
なぜならば中国で中華はどこでも食べられるのだし・・・。

と本日もいい経験をさせていただいた。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『沈黙』と『深い河』 | トップ | One Love  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。