まさか日本でカルチャーショックを!

中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

やっぱり守られている(その2)

2017-05-13 22:57:33 | 行動計画 & 積極的思考
本日は

1.朝一番で内科へ。

再来週の土曜日は休みだが、両親の定期通院がある。
先月は同じ日の朝一番に(自分のかかりつけの)内科に行き、その後両親を(両親かかりつけの)内科に連れて行った。

別に今月はそれでもよいのだが、来月と再来月の私の休みを考えると、その両親を連れて行くのでさえも調整が必要になる。
そういうわけで、せめて自分の病院はずらしておこうと思ったのであった。

2.朝食
3.実家の買い物へ。
4.コインランドリーの靴専用の洗濯機と(やはり靴専用の)乾燥器の利用

5.自宅でカップ麺の昼ごはん。
 血圧治療中であり、インスタントラーメンは袋にせよ、カップにせよ、袋の中のスープは最大でも半分しか使わない。
 
6.午後一で懇意の自動車屋さんへ。
 数日前に電話で昼過ぎに相談に行くと伝えてあった。

用件は2つ。
イ.数か月持てばいいので、自分の車に合う中古タイヤはないか?
ロ.数か月後に手に入れたい車の情報を伝える

そこに中古タイヤがあるかないかで、買い替えが数か月後になるか、すぐに探してもらうかという選択肢。

すると、それほど流通していないサイズなのに、中古タイヤは存在した。
それもけっこう山が残っているものが。

(タイヤに関してはほとんど飛び込み状態なのに)大将の行動は早かった。
(私もまさか本日タイヤを換えられるとは思ってもいなかったのだが・・・。)

事務所で大将と世間話をしているときに、メカニックの方が入って来た。
手に持っているのは私の車のブレーキパット。
1枚が厚さ1㎜だという・・・。

とても守られていると感じる。

先週もそう。
タイヤを換えに行く途中で車の調子が悪くなり、そのままディーラー店に飛び込んだ。
そしてその直感は正しかった。

休みである懇意の自動車店の前に置きに行こうとすれば、途中で動かなくなっていたであろう。

ディーラー店での修理費用4万6千円・・・。

ただバリバリの新車である代車で、最新の車を経験することができたこともいい勉強であったと思う。


話を元に戻す・・・。

私が平日その店に寄ることができるのは20時近くになること、来週の代車の使用予定も埋まっていたことから、ブレーキパットも本日何とかしてくださった。
(その部品メーカーが休みであったのに・・・。)


何度か記しているのだが、その自動車屋さんは今から26年前の盆休み直前にトラブルで飛び込んで以来のお付き合い。

当時の大将の人柄に惚れ込んだ。
途中息子さんの代になっても信頼関係は変わらなかった。

途中私自身は9年弱中国に消えていたものの、15年前から父親が、11年半前に私が中国に消えてすぐに妹のひとりが、3年前からはもうひとりの妹も使い出している。

一度父親に新車をプレゼントした以外は全部中古車。
(父親は3年前に運転免許を返納している。)

いつも親族でとてもお世話になっていることであるし、来年は私も新車でも買って差し上げようかなと思い始めていた。
[↑この件は数日前のアップとの矛盾があるけれども・・・]

だが、保険を更新しなければならない9月の前には換えたほうがいい状態。
いやできれば今すぐが望ましい。

しかし・・・。
昨年望んだ仕事は手に入れたが、そのおかげで貯金に手をつけている。
さらには昨年12月末で辞めたわけであり、2、3、(再就職したばかりの)4月の3か月は収入がなかった。

となると、今すぐからこの夏までの間に新車を買うことは無理なのである。
必然的に中古車となる。

この辺については、また別の機会に記そうと思っている。

その後は、
7.商業施設の駐車場で生命保険屋さんから電話を受け、先日送ってもらった資料の説明を受ける
8.その商業施設でお買い物
9.車を走らせ、1,000円カットのお店へ
10.そこが超満員であり、やはり組合アウトの安い理容店へ
11.コンビニでコーヒータイム
12.17時過ぎに自動車屋さんに戻り、代車を返し、自分の車へ
13.スーパーで買い物

そんな雨の土曜日であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔の木曜日? | トップ | 子のためではなく、親のため... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。