まさか日本でカルチャーショックを!

中国広東省で生活経験有り 元技術者 元日本語教師
旧タイトル:まさか私が日本語教師に!(NO.3)

中国で買った薬の処分

2017-04-25 21:38:33 | 中国生活
帰国して2年9か月。
先ほど常備薬のうち、期限切れのものを処分した。

中には中国で買ったものもあった。



細長い箱は日焼けによる皮膚疾患の軟膏。
2012年晩秋からちょっとした病気になった。
そのために体の栄養バランスが崩れたようであり、2013年5月頃から腕などに日焼けによる皮膚疾患。
だが、夏場の長袖はある職業上珍しくない私であっても、広東省で長袖は日差しを遮るよりは、肌に貼り付く・・・。
日本で買った薬は効かなかった。
そのため中国の薬局で薬を買った。
もちろん症状をみてもらったうえで。

原因は皮膚だけではなく、栄養のバランスも崩れているはずだと言われた。
実際、さらに食べ物に注意したところ、半袖でも灼熱太陽に耐えられるようになった。

注意:症状により薬も違ってくるので、薬局の方に相談したほうが良い。

小さな箱は血圧降下剤。
この種類の薬だけでも、様々なものがある。
これはプラスチックの小瓶に入ったカプセル。
シートで個別包装された錠剤もある。

元々医者からいただいたのがこのタイプであった。
以降あまりにも血圧が高くなりすぎたときだけ、飲んでいた。

本来あまりこんなところにアップしないほうが良いのであろうが、あくまで緊急用として情報共有しておく。
ただし、血圧の薬も人により合うものが違うため、やはり一番良いのは病院で診察を受けたうえでいただいたほうが良いことは言うまでもない。

私の場合、近くの病院だと「外国人」といことでカモにされているような感覚があったことと、なるべく薬に頼りたくなかったことが理由であった。


他に処分したのは中国で買ったラッパのマークの正露丸。
これは珍しくもないので、写真には収めなかった。
ただあの箱が中国語と英語になっているだけのこと。
広東省の場合、少し大きな薬局だとたいてい置いてある。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南方中国にもある日本に似て... | トップ | 40歳を超えると時間の経過が速い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。