射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

シンプル

2017年07月17日 | 覚書(詩)
こんなに想ってるのに
こんなに尽くしているのに
こんなに
こんなに
・・・してるのに してるのに

そう感じ寂しいなら
あなたが好きなのは
あなたが愛しているのは
あなたが求めているのは

あなただけ

あなたがあなたしか求めないから
ずっと寂しいまま
ずっと満たされない

レスポンスがあるのは
以上でも以下でもない
ただ素直に 何かをして欲しい想いもなく
誰かを 何かを 想った時

リア充とか
そんな言葉が気になるなら
まだ誰かと比べている

他の人が万華鏡の人生に見える
そう思うなら
それが続く

全てがシンプル
複雑だと考えるから
なりたい自分になれないのではなく
自分で それになれない自分を作っているだけ

嘘だらけと思えば嘘だらけのまま
上手くいかないと思えば上手くいかないまま

全てはシンプル

今の自分を好きでも嫌いでも
認めてあげて
愛してるあの人が
こちらを振り向いてくれない事に拘るより
その人の笑っている顔が
そこに元気にいてくれる事が
あなたの幸せだという事を
忘れないで

その気持ちは必ず連鎖する

夕暮れが夜に変わるのにも
夜から朝焼けに変わるのにも
何の境目がない様に


ランキングに参加しました ↓



創作詩ランキングへ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つれづれに | トップ | 幽霊の日 »

コメントを投稿

覚書(詩)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。