射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

世代

2017年06月17日 | 覚書(詩)
世代ってなに?

カテゴリー?
看板?
人を知る上での色眼鏡?

私の認識は全部マイナスな言葉

世代という言葉の意味は違うはずなのに

これがあるから
いわれのない先入観を持たれ
勝手な印象で
本当は気が合う人同士を遠ざけたり
逆な事も引き起こす


気づくとこれに振り回され
友達になりたいのに
なれない事があった
そしてまた気づくと
年齢まで邪魔をしだした

こちらはいつしか
それを忘れるくらいにまでなっているのに
初対面の人は上の方も下の方も
一様に気にする

お相手の態度はこちらの鏡
きっと私が
年齢を気にして・・・
そんな意識を持っているのだろう

もっともっと気にせずにおこう
いつかの私のように



ランキングに参加しました ↓



創作詩ランキングへ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら | トップ | いい加減な人 »

コメントを投稿

覚書(詩)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。