射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人の目

2017年06月22日 | 覚書(詩)
どうしてだかわからないけれど
久しぶりに変わってるって言われました
そしてまるで憧れのような
言い方をされました

人からどう見られても
それは自分の目だから
気にならなくなり
今では自分が言ってる事だと思って聞きます
それなのに
変わってるとか
憧れているとか
とっくにどこかへ捨てたと思っていたのに
羨望を集めたいという気持ちが
まだあったようです


また
人の目が
もとい自分の目が
気になり出したサインでしょう

自分の投影と捉え
気をつける事にします

独りよがり再びには
ならないように
また息苦しくならないように


ランキングに参加しました ↓



創作詩ランキングへ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怖がり | トップ | 愛の凌駕 »

コメントを投稿

覚書(詩)」カテゴリの最新記事