射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

きれいな

2017年07月06日 | 覚書(詩)
きれいな言葉が苦手です

きれいな所を避けてきたから

本当は好きなのに
好きとは言えないでいたら
きれいな場所には
居場所がなくなっていました

捻くれているのかと自分を見つめたら
捻くれていたのは
そこに群がる人だかりだった

きれいな場所に行けば
グレードが上がったような気になっている

もしかしたら
それを遠くから眺めている私は

ただ憧れを深めているだけなのかもしれません

お金を探しあてるのが
うまい人と
勝手にイコールにしていたのかもしれません


いつかの
朧ろ気な記憶ばかりが
頭を横切っていくんです

影絵の幻想の様に


ランキングに参加しました ↓



創作詩ランキングへ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとうの日 | トップ | 純粋 »

コメントを投稿

覚書(詩)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。