射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

決定の時間

2017年07月16日 | 覚書(詩)
あなたの心の奥の何かが
訴える事を決めるなら

朝がいい

頭が整理され
あなたがあなた自身に
フィルターをかけていない時間

人も魂だけの存在

帰るところは同じ

その同じところにある
無限のライブラリーに
あなたの答えは必ず有り
求めればすぐに見つかる

朝はあなたを寄り道させずに
目的地に瞬く間に連れていく

大いなる智慧もまた
あなたを求めている
呼ばれるままにダイレクトに繋がる

朝はそこへの直通の時間

時折過去の残像が遠くからあなたを呼ぶ

朝はそこに気をとられる事もなく
意識は答えへ向かう

あなたを無条件に愛する大きな智慧が
あなたの到着を必ず待っている

視界はすっきりと晴れ
あなたの耳に入る音も淀みがない
あなたの頭の奥のドアは開け放たれ
智慧の恩恵を受け続ける

朝は
あなたを愛している存在から
絶え間なく恵みを降らせる時

決断の時は
朝の愛で満たされ
あなたの不安や躊躇は
何処かへ消えてく


ランキングに参加しました ↓



創作詩ランキングへ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏になると | トップ | S-KEN »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。