射るような光

心の澱を捨てながら時々音楽話 特にヘヴィ・メタルとプログレの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

想う

2017年04月20日 | 覚書(詩)

本当の幸せって人は言うけれど

幸せに嘘も本当もない

幸せになりたいと願うなら

幸せになるために行動しているのか

自分で自分の目を見て聞いてみろ

小さい幸せだけしか願わないからいつも幸せ

そんなふうに思うのなら

一つ大きくしてとなりの人も入れて欲しい

おまえの幸せもおまえ以外の人の幸せだ

おまえと他人

その境界線を誰がはっきりと言えるのだろう

あいまいなこの世界で主語をなくして想え

ただただ幸せな自分を

それがこの世の幸せとなる

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わかっていた言葉 | トップ | 神泉で »

コメントを投稿

覚書(詩)」カテゴリの最新記事