銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

主人が心筋梗塞にかかって以来、の私の文章を、次のブログの為に、ここで纏めて置く・・・・有名人多数が登場しますよ

2016-09-18 01:46:05 | 政治

副題1、『本日私は、必要があって、過去ブログ、特に主人の心筋梗塞・発症時に書いたものを点検している・・・・・最初は、数について』

 このブログは、皆様に、読んでいただきたいというよりも、私の心覚えとして書いたものです。しかし、将来書くブログにとって、大きな資料となるものです。

 で、時系列的においていますが、

 まず、数的な分析をさせていただきたいと、思います。

 4月10日から始まって、6月7日までは、明瞭に、病気と関連して書いていると、私が考えますが、その間に、下書きも入れれば、81本のブログを書いています。そのうちの15本が、主人の病気に関したものでした。それは、五分の一になります。一方で、公開したブログの数は、32でしたので、その半分で、何らかの形で、主人の病気について触れています。

 で、結論を言うと、私はすこぶる理性的であって、主人が重い病気であるのにもかかわらず、ブロガーとしての任務を遂行したのだと、なります。

 これは、一方では、良くない傾向です。私は良く、自分は専業主婦ですと言っていますが、もし、本当に専業主婦ならば、夫が大病にかかっているのだから、夫の看病に集中すべきであって、ブログなど描いている場合ではないと言えるでしょう。だから、悪妻だと成りますね。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『しかし、私は、一方で、CIAをバックに威張りまくる鎌倉エージェントから激しい攻撃を受けている身であり、彼等の攻撃が、この時期に、普段の五倍ぐらいに、増量をしていたので、したがって、戦いの一手段としては、ブログを書くべきだと、考えていた』

 しかし、自分の損害を語らない主義の私は皆様から誤解を受けていると思いますが、すさまじい襲撃をこの間に受けていたのでした。いつもに、倍すると言うか、本当に五倍くらいのきつい攻撃を受けていたのでした。もし、ブログを書かないで居たら、本当に殺されていたと、思うぐらいの激しい攻撃を受けていたのでした。

 だから、戦いの手段として、ブログを書き続けていたのです。

 で、今、その15本を詳細に検討してみて、とても温和な書き方をしているものは、¥¥¥¥¥¥¥¥罫線以下に置きます。皆様の中には、温和で平和な生活をなさっている中流の上の方も多いでしょう。そういう方には、この手の温和なものがお好みだと、思います。で、そちらへ、入って読んでいただけますと幸いです。と言っても、本当は、ひそやかに、驚くべき真実をちらっと含ませているかもしれませんが、でも、総タイトルを見る限り、温和だと、判断をして、そちらへ回します。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『あまりに、強い攻撃に出会ったので、社会の中にニュースとして現れる大事件への分析も、進んだ形になって居る。世間、一般とは、まるで離れた、解釈を堂々と開示し始めている』

 この間に、G7があったしオバマ大統領の、広島訪問もあったし、熊本大地震もありました。それらについて、相当に変わった意見をはいています。それらが、直近の、やまゆり事件を分析し、語る際に役立っています。

 実は弱みに付け込んで、スタップ細胞疑惑が、まるで、正しいものであったかのごとくの、復活がありました。小保方晴れる子さんが、手記を発売したり、婦人公論で、瀬戸内寂聴さんと、対談を行ったりしたのもこのころです。

 だからこそ、先週わざと、日経スペシャル【千玄室】篇が、予約もしていないのに、録画されていたのでした。

予約していないのに、瀬戸内寂聴さんが録画されていたが、これも、鎌倉エージェントの仕業でしょう   2016-09-13 22:39:11 | 政治

 これは、どういうことかと言うと、ロンドンで、NATUREに対して、運動をして、あの偽物・論文を掲載する様に押し付けたのが、私が卒業した時期のたった、3人の卒論実験の仲間である、三輪喜久代さんだと、私は言明しているので、私を殺したいと、思ている輩が居るのです。誰かと言うと、一人は、石塚雅彦さんです。と言うのもこれは、国際的CIA組織に繋がっているので、隠したい部分ですから。

 もう一人は、伊藤玄二郎です。彼は、1966年から、三輪喜久代さんと親しいと思いますよ。東京の春秋社に、彼女が入社し、伊藤玄二郎の方は、鎌倉で、かまくら春秋社を起業したので、二人は、卒業大学は違うものの、50年以上の長きにわたる友人の筈です。それから、川名昭宣君(または、氏と呼ぶべきか? 体格が相当に大きいので)なども、伊藤玄二郎としては、私に、その事績一切を書かれると、迷惑をかけた事となるので、私を殺したいと、思っているでしょう。だから、スタップ細胞疑惑がしつこく復活します。そして、瀬戸内寂聴さんは、目の前をうろうろするのです。

 伊藤玄二郎が、迷惑をかけたと思っているのは、浄智寺さん(朝比奈宗温氏)、鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)、酒井忠康氏(現在世田谷美術館館長。元、神奈川県立近代びひゅつ館館長・・・・・私は空き家特集と言う不思議にして、画家いじめの番組制作に、氏が関与したと思っているが、他にも多数の謀略があって、)なども、そうでしょう。鎌倉市長(松井崇氏)とか、横浜市長(林文子氏)、神奈川県知事(松沢茂文氏、+、黒岩祐二氏)、熱海市長(斎藤栄氏)などは、利用した後で、私が、彼らがやった悪辣な事について文章を書いても、自分の方が上だと、思って、気に病んでいないかもしれませんが。

 それから、栗田玲子さん、渡辺幸子さん、醍醐イサム、渡辺豊重、一ノ瀬智恵乎(三鷹ストーカー事件の被害者・沙彩ちゃんの母・・・・・美術9条の会に入っているせいか、何とも、傲慢な態度を私に対してとってきたので、私は、事件が起きる10年前から、<この人は母として、将来、哀しい目にあうだろう>と、確信をして居た存在である)などとなると、「僕、関係ねえよ」と、いざとなると、ケツをまくって逃げてしまうほど、これらの人物の方は、目下として置いているでしょう。

 さて、中谷共二の長男と次男を彼がどう思っているかと、推察すると、無論目下と思っている筈です。父親の方は、CIAエージェントとしてより上位であるので、その部分で、尊敬していた可能性がありますが、子供たちについては、自分より年下なので、目下として考えているでしょう。それは、中谷兄弟と連動をしている前田祝一・清子夫妻、安野忠彦・智紗夫妻、元愛人の現在の夫である柳沢昇など、にも適用される、支配形式です。それは、有名な設計会社の重役であり、私の西隣の住民でもある、白井・小野寺夫妻にも適用をされている支配形式でしょう。

 ああ、ここで、突然の挿入ですが、「豊洲の、新市場の建物群の、設計をしたのが、日建設計だ」と、風の便りで、聞いて、『おや、おや、又もや、その名前が出たなあ』と、思っている次第です。「因果応報ですねえ」とも、おもっております。と言うのも、旭化成建材疑惑と言うのは、この雪ノ下で、発案をされたと、推察していますので・・・・・

 しかし、伊藤玄二郎は、最高レベルの、人格の二重性を発揮して、面と向かえば、下にも置かぬ歓待を見せて、かつ尊敬をしまくるので、彼の方から、犠牲者になって、リクルートをされた人物は、そうとうに、気分が良くさせられると、思いますよ。で、彼を、偉い人と認める、人間となって行くはずです。

  どうして、彼に人格の二重性があると、言うかですが、昔、或るサイトで、かまくら春秋社の社員となると、ほとんどの、人が、ノイローゼになると、書いてあったのですが、そうだろうと、思っています。私が訪問をしたのは二回だけであり、実際に面談をしたのは、ナンバーツーの田中愛子女史だけですが、感情を爆発させるタイプで、『えっ、この人が、この会社のナンバーツーなのですか? この人って、ビジネスパーソンとも思えないけれど。だって、まったくの子供ですもの』と、感じたことが有るからです。そんな女性をナンバーツーとして優遇をしているのですから、トップも、相似形だと、思われますので。

 彼が、どうして、そう言う二重人格になったかですが、母親は、インテリで、編集を仕事とするビジネスパーソンだったと思います。が、忙しかったでしょうね。だから、祖母などに育てられたと、見ています。一方父親ですが、伊藤整らしいです。芸術院会員にして正五位に上り詰めた美形の、小説家です。しかし、北海道の出身だし、最初の職業は、教師なのだから、細川さんとか松平さんとかいう、名門の出自があるわけでもありません。ただ、チャタレー裁判で、名を売った人物です。ここらあたりは、醍醐イサムにも共通する要素ですね。美形だけれど、本当に名門の出自があるかどうかは怪しいです。私は、そうおもっております。本当の意味でのノブレスオブリッジは無い人間ですから。醍醐と言う苗字もペンネームかもしれません。

 伊藤玄二郎が、中央大学法学部に進んだのは、父親のチャタレー裁判の影響が大きいとみています。だけど、日常的に、父親からのしつけとか、影響力を受けたわけでもありません。彼は、むしろ里見弴氏あたりをプソイド(仮のとか、相似形のという意味で、使われる化学畑の技術用語)・ファーザーとして、育った可能性がありますね。

 伊藤玄二郎の性格の複雑さが、どこから生まれたかについて、ここまでわかっているのは、別に調査したわけでもないのですよ。ただ、2009年に大相撲が、めちゃくちゃに、非難されていた時期があって、その時に、私は、上の様な事を感じ取ったのです。伊藤整氏の長男である伊藤滋氏が、最初に登場をしたので、そう言う風に感じ取りました。伊藤玄二郎から頼まれたのだと、感じています。

 あの一年間、私も抵抗用、または、対応用文章を書かなくてはならないので、消耗をしましたが、一方で、伊藤玄二郎と、井上ひさしのやり口と、か、性格とか、出自等を観察しぬく、機会を与えられたのです。だから、物事には、必ず、両方向のメリットと、デメリットが、或るのです。だから、私は自分からは、何もしかけない主義です。何もやらない。しかし、やられた謀略については、丁寧に、観察し、一部については、文章化します。

 伊藤玄二郎と、井上ひさしは、育った環境の経済力と言う意味では、まったく異なっています。が、父親不在の、子供時代を送ったという意味では、根底で、似通っているわけです。其れもまた二人が、阿吽の呼吸で、連帯する一助となったと、思います。

~~~~~~~~~~~~~

 副題5、『おお相撲壊滅作戦で、損をしたのは、私だけではない。渡辺美樹もあの事件をきっかけとして、長期低落傾向へ入った。伊藤玄二郎に使役をされた後では、運命が、衰退へと向かう典型である。だから、彼は、谷垣禎一氏に先行する、ミニチュア版と言ってよいだろう・・・・・しかし、低落しているからこそ、善人である可能性も強い。次の章に登場する人間と比較をすればと言う意味でだが、』

 私は、それを、おお相撲・壊滅・作戦と呼んでいて、『これも、やはり、私狙いの謀略だな』と思っておりました。しかし、その当時は、そんなことは口外はしませんでしたよ。どうしてそういう風に考えたかと言うと、月曜日と、木曜日に、重要な進展を見せるので、それは、鬼の居ぬ間の洗濯を狙われている事なので、そう言うう風に感じました。

 で、全体としては、『ただただ、追い回されて、消耗を激しくした一年間だった』と、言う思い出があります。ところで、私も疲れ切ったという意味では、大いに損をしたのですが、あの事件でも、数人の人が、大きく損をしました。伊藤滋氏自身も、大恥を搔いた、と言う向きがあります。  

 横綱審議委員会と言うのが、すでに、存在をしているのですから、本当におお相撲に問題があるのなら、そこのトップである、鶴田卓彦氏と言う日経新聞の元社長が、助言や提言をすればいいのです。しかし、これは、対・私いじめ用謀略ですから、本当の責任者は、温存をしておきたいと思ったのでしょうね。特に鎌倉エージェント内の枢要な人物として、石塚雅彦氏が居ます。彼は、日経新聞と言う会社組織の中では、鶴田氏より、下の位置にいる、論説委員ですから、鶴田氏の顔に傷を付けたくなかったと、推察されます。

 それで、急きょ伊藤玄二郎に頼まれて伊藤滋氏が、登場したのですが、事態が、ごちゃごちゃしてきたので、滋氏には手に負えなくなって、めちゃくちゃな態度を取り始めました。今般、鳥越俊太郎氏が、都知事候補になったがゆえに、ボロが出てしまったのですが、伊藤滋氏も、建築が専攻で、東大教授、早稲田教授と、名誉職を歴任してきた過去はあるものの、それが、日の当たる場所であり、辿るのが楽な道だっただけに、人間としての修行が足りない人物なのです。

 それで、テレビカメラの前でパニックを起こしたりするものですから、『だから、これは、たいしたことが無い事を、炎上させている謀略です』と言う事を私が書くことができるわけですね。それで、急きょ伊藤滋氏をひっこめることとなった模様です。

 その次に現れたのは、奥島隆康氏です。この人物は、高校野球のトップですね。早稲田の早朝をした過去があるのですが、付属小学校を作るにあたって、お若い父兄たちから、大いに批判をされる、寄付金制度を作った人間です。おお相撲に、かんしんがあったともおもわれません。ただ、ただ、自分たちの思惑とは違った方向へ流れ始めた、おお相撲壊滅作戦に、権威づけをしようとして、選任されたのでしかありません。しかも、2014年ごろには奥島氏の、wikipedia 内では、この件はたった、一行で、片づけられているほどに、小さな扱いを受けております。

 まあ、ここからでも、この大騒ぎが、私を狙ってやっつけてやろうとして起こされた事案であることが分かります。しかし、そう言う解釈ができず、舞い上がって、ホーム頁で大宣伝をしたのが、ワタミの社長でした。しかも、ホーム頁を三つに増やして、そのどれでも、奥島氏の独立ガバナンス何とか委員会の委員に選ばれたことを大宣伝をしていたのです。

 渡辺美樹氏は、神奈川県立高校の出身で、六大学の卒業生なので、同じファクターを持つ、新浪剛史(現サントリー社長)と比べて語られることが多かったのに、今はメディアの扱いも全く異なってきています。

 これを、私は、上の、二重ガッコ内では、谷垣禎一氏のミニチュアだと、言っています。宗教的に言っても、鎌倉エージェントと関わると衰退に向かうと言う典型だと、思われます。奥島氏の方は、悪人である上に、この事案の裏側がしっかりわかっているので、他者に、自分が、座長を引き受けたことなどを誇ることはないのですが、渡辺美樹氏は、舞い上がってしまったのです。

 彼は、居酒屋チェーン店の展開で、成功と財を成した人間です。その成功を続けたいと思うのなら、顧客足る庶民を大切にしないといけません。庶民は、あの、おお相撲壊滅作戦を本当は嫌がっていたのです。内館牧子さんなど、大嫌いです。朝青龍の方が、好きだったでしょう。そういう大道を、見極めないといけないのです。鎌倉エージェントが支配をしているメディアの動向が、本当のラインではないのですよ。それを、知らないといけません。まあ、私が批判をしているからこそ、自民党は、彼を公認し、参議院議員への道を開いて、あげました。だから、衰退ではないと、彼、および鎌倉エージェントの人間たちは、言いたいのかなあ?

~~~~~~~~~~~~~

 私は前報

加藤紘一氏の平和な葬儀を見ながら、谷垣禎一氏の逝去を、又もや確信する私だった☐   2016-09-17 23:24:08 | 政治  

 内で、この・・・・・鎌倉エージェントに悪利用をされると、使役をされた本人に、衰運が訪れる・・・・・例として、大きなものを三つ挙げているのですが、そこにあげていない例も多数あるのです。この渡辺美樹氏の、衰運の始まりは、ひとえに、氏が、彼等に悪利用をされた、事から始まっているでしょう。従業員の過労死の件で敗訴になって居ますし、何よりも庶民側の応援が途絶えていますよね。庶民から憎まれる対象となって居ます。

 安倍総理大臣って、人事に於いては、相当なレベルで、勘違いの人であり、また、谷垣さんを通じて入る、鎌倉エージェントの意志を大切にしすぎる人なので、渡辺美樹氏は、国会議員になることができました。「ふむ、ふむ、そうなんざあますね」と、言っておこう。

~~~~~~~~~~~

副題6、『山田洋次監督の映画での、銀熊賞(ただし、黒木華へだが)も、実は私が招いたと言ってもいいだろう。そして、吉永小百合の、カフェオーナーを演じた映画【不思議な岬の物語】も・・・・・で、そこ・こそが、私が神様にご支援を受けるゆえんである』

 ここですが、一部の読者様からは、被害妄想の極致だとか、誇大妄想の極致だと、言われかねないところです。が、ここにあげる山田洋次監督や吉永小百合とは、別に、もっと無名の人にも、同じ現象が、多数起きているので、自分としては、それを、確信をしているのですが、

 有名人の場合は、私がその人を批判をした途端に、その人に名誉や富が下りてくるのです。

 また、一般の人の場合は、私と、知り合いであると言うだけで、その人に名誉や富が下りてくるのです。山田洋二監督に関しては、上にあげたおお相撲壊滅作戦の時に、庶民の側に立って、発言をすべきだと、思うのに、一切傍観して、何も発言をしなかったので、私が批判を開始しています。それで、急にベルリン映画祭へ、ご招待をされました。吉永小百合の方は、シャープが長年彼女をコマーシャルに使い続けている事を批判をしています。吉永小百合は、共産党を代表する女優であって、今は、その共産党を、CIAが支援をしていますので、彼女の評価は過剰に高いのですが、日本人一般は、彼女等には、まったく関心がないと、思います。でね、こういう風に、過剰に評価が高くて、名誉や富を独り占めにして居る人が居て、その原因を私が作っているとしても、私の方は、ただ、単にあざ笑われるだけで、利得は一切ありません。「ふん、あいつは、一人置いてけぼりにしてやろうぜ」と、言う事でしょう。で、大勢の人が私のペン先一つで、多大な利益をこうむっているのに、私の方は、損害ばかりですから、神様は、『甘利に、かわいそうだ』と、思ってくださっているらしくて、私は、危難にあっても、ギリギリのところで、必ず救われるのでした。この一文は、次に来る文章の、前置きなのです。私は次に来る文章で、神の存在証明をしようとおもっております。で、そのぎりぎりの瀬戸際と言うのは、特に主人が病気になった途端に、おおかったのです。そのうちで、攻撃力が激しい事と、また、それが、裏のある攻撃だと、私が見破ったことが、鋭いので、敵さんを驚かせたであろう文章を、いくつか選んで、%%%%%%罫線以下に置きます。

~~~~~~~~~~~~

副題7、『しかし、主人が入院中に、私を、もっとも、悩ませたものは、図書館の本が、返却をした筈なのに、返却をしていないと、言われたことだった・・・・・それが、劇的に解決したのが、5か月後の、この9月9日の事だった。北朝鮮が、核弾頭の実験を行ったとされた日だったのだ。そして、それは、さらに、一週間後の9月16日の夕方の5時20分ごろの、浜銀・鎌倉支店の、ATM装置設置場所で、確信をされたのだった。本当に安心できる出来事だった。それによって、損害の、賠償をして貰ったり、名誉や権利の回復ができるわけでもないのだが、精神的には、彼等、鎌倉エージェントと、100%の率で、対等になったと感じているから、相当に気分が軽くなった』

 私の方では、彼等と、頭の良さを競うつもりはないのですよ。だけど、彼らが、謀略を起こすたびに嘘がバレバレに見えるので、「彼らはトカゲの脳味噌の持ち主だ」と、私は、言ってきています。で、彼等は威信をかけて、「自分たちは、本当は、頭がいいのだ」と言いたいのでしょう。で、彼らが、「是なら、ばれるはずがないと」して行った謀略が、ダッカ襲撃事件であり、やまゆり園で、植松聖が46人を殺傷したと、されている事件です。両方とも、私は、このぶろぐでは、最後までは書いていません。特にダッカ襲撃事件については、ほとんど論じておりません。しかし、その両方ともに、NHKが報道しているのとは、まったく異なった真相があるのです。

 で、そちらは、後回しにいたします。私が今書きたいのは、図書館を舞台にした謀略が、どういう風に企画され、誰が、どう動いて、私が罠に嵌められそうになったのかを、丁寧に、書くことです。それへ挑戦いたします。これは、すでに解決をしています。私は無事です。罠には引っかかっておりません。だから、書くのにあたって、気持ちがいいのです。

 ただし、非常にあくどい精神が溢れ返っていますので、書くことへ多大な妨害を受けるでしょう。

鎌倉市立中央図書館からのお手紙、それは、疑惑が一杯のものだが  2016-05-14 00:07:25 | 政治

  出版元より送られて来た雑誌【演劇界】の新品・・・・・夫の入院中に、謀略でもって苛め抜かれている私   2016-05-15 14:55:15 | 政治

 後で、推敲をしたら、署名と書いた日付を入れます。

%%%%%%%%%%%%%%%%%% 

2016年4月19日に当たり、私への言論弾圧の、特に、現状としてここ数日分を語りたい   2016-04-19 11:26:11 | 政治 

16-4-20 19:25の東海道・山手・京浜東北三線を巻き込む人身事故とは嘘の筈だ   2016-04-21 04:56:25 | 政治

 小銭入れ他を盗まれ、その他にもあれこれ有ると言う悲惨さの中で、秘所型人参を見つけて癒される   2016-04-29 21:59:58 | 政治  

北鎌倉駅で、手を半分以上、挟まれた人が居たが、車掌がドアを開けなかった。普通と違う。変だぞ

2016-05-16 22:35:16 | 政治

 私への言論弾圧の為に、脳梗塞中の、私の夫の精神と頭脳へ侵入し、悪利用をする敵達

2016-05-23 03:52:05 | 政治

  国立劇場(切符売り場)が嘘をついたので、私は又もや自分が大物である事を知る+高橋是清+警視庁隼寮

2016-06-07 19:58:07 | 政治

 ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

「もし、今の猫が死んだら」と、主人と話していたのだけれど  2016-04-10 10:16:27 | 

 【豚とおっちゃん】を主人と一緒に読んでいます。△   2016-04-24 20:57:47 | 政治

 主人が大病を患っているのに、19年ぶりに私の爪に白い星が出た。不思議、不思議。2016-05-01 22:33:17 | 政治

 苺の生命力と、その苗を鎌倉のゴミ捨て場で、私が配る話・・・・・苺の恩返しで、主人は救われたかな?   2016-05-20 19:49:47 | 政治

 ########################

道路工事予告で、脅かされたので、瓜南直子さんの、全日本あすはが連を思い出す   2016-05-22 03:05:32 | 政治

 オバマ大統領の広島訪問の3・・・・・大宅映子と健一郎は、やはり親子かな?   2016-05-29 21:22:42 | 政治

 北海道の7歳児騒動も、軽井沢Bus事故も、杭打ち騒動も、全部同じ企画者が作った謀略です   2016-06-03 09:59:33 | 政治

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加藤紘一氏の平和な葬儀を見... | トップ | 図書館長の髪が、ぼうぼうに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL