銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

平和の象徴 鳩・・・・横須賀市・JR久里浜駅前と、鎌倉・雪ノ下の私宅で+映画【あるいても あるいても】△

2017-01-02 17:49:13 | 政治

 新年、あけましておめでとうございます。

副題1、『花が終わった花畑に、鳩が集っているのを発見した』

 この写真は、私の肉眼で、は、100m先の単なる・・・塊・・・に見えたのです。ほとんど動かなかったからでした。しかし、この写真の左側にある歩道を、JR久里浜駅に向かって歩いて行くと、かたまりたちは、鳩だと、判りました。それが、2016年12月22日の事でした。

 その日は、うす曇りだったのですが、25日は、快晴でした。ただ、風が強い日でした。

 で、数も少なくなった鳩たちは、又も、花畑の中で、ただ、ただ、うずくまっておりました。

 この花畑にはフェンスがあります。それで、安心しきっている模様です。人間が入ってこないからです。ただ、寒い中で、じっとうずくまるだけしか、身を守るすべがない鳩さんたちを見ていると、人間である事の、ありがたさを思います。私の方は、家に帰れば、温風暖房機がありますし、夜になれば布団がありますし。でも、鳩には鳩なりの幸せがあるのでしょう。

 ところで、これは、どれほどに、JR久里浜駅に乗客が少ないのかを現しています。東京駅を御覧なさい。商業施設が、いくつあるか? 一方のこちら、久里浜では、全部で、3000坪ぐらいの内、もっとも、お客を集めそうな場所(京急への連絡通路側)を1000坪分ぐらいは、単純に花畑にしておくだけだからです。

 JR久里浜駅は、横須賀線にとっては、終点であり、重要な駅だと、思いますが、京浜急行の【京急久里浜駅】に、繁華街は、取られているのです。というのも、横須賀市内最大の、繁華街である、横須賀中央駅と、直結している方が、京急久里浜駅だし、京急はさらに、南側に線路を伸ばしていて、そこに、たくさんの住民が居るわけですから。いわゆるヒンターランドが、大きいというわけです。

 

 その久里浜駅よりさらに南側の市街地を舞台とした映画が、阿部寛主演の、【あるいてもあるいても】です。あれ、出演者全部が、上手でしたね。是枝監督の作品です。お盆休みに帰郷する次男の話です。

・・・・・母親も父親も、交通事故に出会って早世した長男が忘れられず、しかも次男については、彼が、しっかりした職についていないことも気がかりです。つまり、有名になる前の是枝監督の私生活が反映をしている模様。現代アートの世界の、人々にも通じる生活の気配を持っている男性です。私には理解できる生活だけど、本当の親としたら心配でしょう。彼は、その上、両親が好まない結婚をしています。相手は、別の男性との間の子どもを連れて来たバツイチの女性です。次男の方は初婚の模様であり、その結婚を、両親が、内心では許容できないでいることを、阿部寛(=次男側)が、感じ取ってしまう・・・・・と、言う意味深い、かつ、切ない状況を表現した映画でした。父親が原田芳雄、母親が樹木希林、血がつながった姉が、YOU、結婚相手が夏川結衣。激的なことが何も起こらないのに、画面から、目を離せない映画でした。テレビ視聴ですけれどね。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『しかし、数年前から、京急久里浜駅前商店街が、シャッター商店街になって居るのだった。JR・宇治山田駅が、シャッター商店街だったという記憶は、30年前からあるのだが、東京圏で、シャッター商店街が、出現をしているのには驚いた』

 横須賀を歩いていると、坂が多くて、そういう点では、車社会ではないのです。しかし、それは、旧市街でのことであり、新しく開発された市の南部では、車がないと、生活に不便だと、推察されます。そうなると、車で、行くことのできるショッピングタウンに、人々が向かいます。大型のショッピングタウンが、いくつか平地にできていて、そちらに久里浜駅前の商店たちは、お客を取られてしまったのでしょう。それについては、何も言う事はありません。世の中の流れだし、批判をしても元に復旧する事でもないし。

 ただね、北久里浜のいえに、40年前に住んでいた時代には、そこには、よく買い物に行ったものでした。屋根のあるアーケード街なので、寒くもなくて、便利に感じたものです。食料品と、日常用品を買うのなら、横須賀中央駅に向かって北上するより、こちらに向かって南下した方が、買い物が楽だった記憶があります。それが、三年前(=2013年)に久しぶりに通ったら、シャッター商店街になって居たのです。驚きました。

~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ところで、わが家のベランダには、平和の象徴・・・鳩・・・が遊びに来るのですよ。山鳩です。つがいで』

 この鳩は、毎日、つがいで、午前11時から、午後一時の間に来ます。首が少し細いです。上に挙げた、どばとと比較するとです。山鳩と呼んだり、キジバトと呼んだりしていますが、正確なところは知りません。研究対象ではないので。鳥たちは目が良くて、ベランダのへりに設置した、餌台に餌が乗っていると、すぐ見つけて、降りてくるのですが、ここまで、大きな鳥だと、特徴があって、昨日来たのが、また、今日も来たと成ります。目白とか、スズメだと、そうはいきませんが。

 

 なお、このブログの2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3843702です。

  2017年1月2日・・・・三日に推敲後、総タイトルに、△印をつけておきます。

                      雨宮舜 (本名 雨宮舜)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元旦、午前二時半の鶴岡八幡... | トップ | 2016-12-28に絵を盗まれた。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事