goo

Bug Girl

Bug Girl

 中学1年生のアマンダ・プライスは、マダガスカルゴキブリをはじめとする珍しい昆虫を何匹も飼育しているちょっと変わった少女。そんな変人ぶりのせいもあって、幼い頃からの親友だったエミリー・バットフィールドとも疎遠になってしまった。
 そんなある日、彼女が住むオイスター・コーブの町に謎の怪獣軍団が現れる。人々がパニックに陥るなか、アマンダの頭部から奇妙な触角が生えてきて、彼女は昆虫と同じような超能力を手に入れる。さらに彼女の目の前で、10年以上前に引退したはずの伝説のスーパーヒロイン、ドラゴンフライとメガウーマンが怪獣によって拉致されてしまう。
 慌てて自宅に戻ったアマンダは、母親が残したメッセージを見て衝撃の事実を知ることになる。実はドラゴンフライとメガウーマンの正体は、アマンダとエミリーの母親たちだったのだ。アマンダは母親を助け出すために、エミリーと仲直りしようとするのだが……。

 ※少女向けのスーパーヒーロー小説。テーマは友情と親子の絆。完全に低年齢層向けなので、流血場面はなし。続編も出るようです。

マダガスカルゴキブリの記事・動画(苦手な人は閲覧注意)
戦士か恋人か、選ぶゴキブリ
動画その1
動画その2
動画その3
動画その4
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ニュース ニュース »