雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

ガラスの靴の物語

2017-04-28 00:13:08 | 不思議...パワスポ寺社
「◯◯◯の魂を宿した人が2014年の1月に生まれると言ってるけど......」
「ハワイ島のアル教会に生まれたらしいよ......やっと......」
「その人は、今後、この星にとって大事なコトを成していくハズらしいのだけど......」



もう数年前。
めっぽうブリリアントなチカラを持つ横浜に住むプリリンなおねーさま
神様からそんな言葉が降りて来て、何故だか!?僕は、成り行きで!?
そんな御霊(ミタマ)を宿すベイビーさんに会いに、
広大なハワイ島をグルグルと回っちゃう......なんていう様なことがありました。



バカな話です......(*´ω`*)ぽふーん......



ここから先はドン引きしない方だけ進んでみてください。ええ。ええ。
トテーモ悪しからずで......(´ω`)にょふーん......



このブログの読者さんであれば既によくわかってくれているとは思いますが、
ハワイ島は僕さんキッテのお気に入り!アイランドでして。
愛してやまないコナ・コーヒーさんの産地でもありますし。
そんなこともあって、数年前、
「あの島なら......スーパーありえる話やな。。うん。うん。」
などと、狐につままれ、タヌキに騙され、自分の頬を指でつねりながら、
清水の舞台から飛び降りる気持ちで、噂の教会!?を探しに、
僕は島の探検に繰り出したのでした。

「教会の牧師さんは、イギリス人らしいの......
生まれたばかりだから、まだ赤ちゃんのはずだけど......」

情報はそれだけ。

ホテルの中にある様な教会も含め、広いハワイ島の中に果たして幾つ?
教会があるのか?は、正確にはわかりませんが、偶然が偶然を呼び、
日本とハワイの神様達の強力な後押しもあって、
兎にも角にも僕は奇跡的にその教会を探し当てることが出来ました。
辿り着いてみると、驚くことに、その教会は本当に!
イギリスから移住してきた牧師さんの一家が営んでいたところで。
最初、教会のドアをノックしてみたのですが、一家はお出かけ中の様子。
なので、然りげ無く、
怪しまれない様に近所の人達に家族構成を聞いて回ったのですが、ナント!
本当にお子さんが生まれたばかり!!!......なのだと......
日本から遠く離れたハワイ島の「イチ」教会の、イチ家族の、
「そんな事」までわかってしまう神奈川県の片隅に住むプリリンなねーさんの
降ろす言葉の正確さに心底驚いたコトを、僕は今でも鮮烈に覚えています。



「ねーさんや。。本当に教会あったぞ。。。」

「えええっ!?ホント!?すごいねーーー(^_^)ホントだったんだー。
赤ちゃんには会えた?」

「いや、それが留守なんだよね。。なう。
ちょっと、今どこにいるか赤ちゃんに聞いてみて。ねーさんなら話せるでしょ。
近くなら探すから」

「わかった。ちょっと待って......
......今ね、家族旅行中で今日は帰らないんだって。そこには。
でも来てくれて本当に嬉しいって言ってるよ(^_^)また会いたいって」

「マジか!?そーかー。。じゃぁ、また今度だな。
ま、場所がはっきりわかっただけで十分だな。今回は......」



♪♫$#%€£!!どどどどどっdっpどどdpdpdpどどどおどどどどーーーーんんn!!



「ねーさんや。。( ̄◇ ̄;)」

「なに?」

「か、雷が目の前、、すぐそばに落ちた......( ̄O ̄;)......き、急に.......空が......
街中が停電した......信号も消えちゃった........」

「あら!?そう!たいへーん。。つか、大丈夫なの!?」

「だ、大丈夫......みたい。ちょっとビリビリしてるけど......」

「そう。よかった。でもすごいね」

「こりゃ、今回はココまでっ!......って、コトだろーな。うん。今日は切り上げるわ。
命の危険を感じるし......
またいつか会いにくることになるだろーしな......うん。帰るわ」

「そーだね(^_^)また来て欲しいて言ってるよ。すごいねー。
お疲れ様ー。気をつけて帰ってねー。確かめてくれてありがとー」



————————少し前。
「Gut Feeling」というの記事の中で記した「ガラスの靴」の話というのは、
実は、この数年前のハワイ島での出来事から始まりました。
神々から言われた教会を探して島をグルグルと回っている時、
その途中の道すがらから、このお話は始まるのです——————————



時刻は未だ朝、7時ぐらい。真っ青に晴れ渡った南国のクリアな空。
コナ・コーヒーの母なる山「マウナ・ロア=長い山」も綺麗に見えています。
僕は教会を探して、「カン」だけを頼りにドライブ・ウェイをブンブンと飛ばしていました。
目前にはハワイ諸島最高峰、標高4205メートルの「マウナ・ケア=白い山」も見えて来ます。
その名の通り、南国の島の中で白き雪を頂き、雄大に聳える偉大な女神様を宿す霊峰中の霊峰。



その霊峰の直下。白い頂(いただき)のすぐ傍を抜けるドライブ・ウェイを走っている時。
道から少し入った所にある小さな石積みの祭壇がチラリと僕の目に留まりました。
僕は車に急ブレーキをかけ、道端の空き地に停め、ドアを開け、降り、そして......
そのあまりにも美しく、雄麗な風景にしばしの間釘付けとなります......



祭壇の前には一人、大柄な、
いかにもハワイアンと言った薄茶色の肌をした女性が裸足で立っていて、
黙々と、霊峰マウナケアに向かって「舞」を捧げていました。
彼女の髪は銀色に美しく輝いていて、長く、
背中をまっすぐに通ってカカトのあたりまで伸びていました。
彼女はその長い銀髪をゆらゆらと薫せ(くゆらせ)ながら、
雄大な自然と一体となった「舞」を一心に踊っていました。



彼女の大きく、ゆったりとしたリズムと呼吸と動きは何処か太極拳の様な感じでもあって。
それは確かに、僕には「踊り」というよりは「舞」の様に感じられて、
遠目から見ていてもなんだか「尊さ」みたいなものが全身から
溢れ出ている様にも見えていました。
そしてその舞の美麗さの本質というのは、紛れもなく、
その踊りが誰のためでもなく、ましてや自分のためでもなく、
ただひたすらに霊峰マウナ・ケアに捧げられていることから来ている様に思えました。

ゆっくりと繊細に踏み出され、また引き戻される素足。

ユラリユラリと空や山に向かい差し出される柔らかな腕。手のヒラ。指。

凛とした佇まい。姿勢。

車を降りた僕は、しばし、時を忘れ、
彼女の動きと空と大地とマウナ・ケアを感じ、見入ってしまいました。

そして......ふと、気づきました。

彼女の踊りは......フラ、だ、と。

コレがフラなんだ、と。

そうか、コレがキット、本物のフラなんだ、と。

そう思いました。

最初、一瞬。ショーやホテルで見る様なフラとあまりに違っていたので、
そう思わなかったのですが......

僕は多分、初めて本物の、本来の、
この島に太古から伝わるフラを見せてもらっているのだ......と。
その時、そう思いました。

そしてそれに気づいた時、えもいわれぬ熱いモノが胸の中にこみ上げて来ました。

気を許すと、思わず涙が溢れそうになります......



「コレが......フラか......」



僕は踊る彼女の後ろの方で距離をおき、無言で立ちすくみながらその姿を見ていました。
南国の早朝。富士山と同じ高さぐらいの場所。
僕と彼女以外、その場には誰もいません。来ません。

マウナ・ケアとフラと彼女と僕。

慄然と、しかしたおやかに流れる時間。

やがて踊りは終わり、彼女は近くに停めてあった自分の車に戻ろうと後ろを振り向き、
その時、初めて、僕と目が合いました。
彼女はニコリと、さりげない、しかし神々しくもある笑顔を僕に投げかけてくれて、
僕も思わずニコリと、彼女に無言の返事をしました。
歩いてくる彼女とすれ違う時は、なんとなく、沢山の会話をしたような、
そんな不思議な感覚がありました。

きっと彼女は朝の6時半ぐらいからここにいて、たった一人、
ただひたすらにフラを山に捧げていたのだと思います。
彼女が車で立ち去った後の祭壇には美しいレイが、太陽の光を受け光り輝いていました。



それからです。
僕は一度「hula=フラ」の歴史を勉強してみました。

「なるほど。そーか。フラの生まれた聖地はカウアイ島にあるのか......
今度、一度行ってみよう。きっとそこは、素晴らしい所に違いない......」

今年、いつものハワイ島をやめてカウアイ島に行くことにしたのは、
実はこのことがキッカケであり、一番の目的でした。



「ハワイ諸島最古の島」と言われるカウアイ島は、僕は初めてで。
行ってみると当然ですが、オアフやマウイ
ハワイ島とも違った独特の空気感を持つ島でした。
雨季だったせいもあるとは思いますが、とにかく雨が多い様で、
島全体から湧き立つ様な湿気も水気も強く感じる島。
そして、とても古い空気。霊気。至る所に漂う精霊の感触。
他の島と比べると、日本にとても近しい空気感の様にも思えました。
他の島より住まう神々の姿の色濃さと重厚さがトテモ印象的で......
上の写真にもあるハナレイ・ビーチ・ピア(hanalei pier)や、
キラウェア・ライトハウス(kilauea lighthouse)とか。





ハワイのグランドキャニオンと呼ばれるワイメア・キャニオン(waimea canyon)とか。





カララウ展望所(kalalau lookout)とか。



そして、是が非でも見てみたかったフラの聖地は、そんな島の最北端。
島の外周道路の行き止まりの、さらに先にあるようで。
事前に詳しい人に聞いて、調べた所によると、
ハワイアンにとってあまりに重要な聖地であるため、
現在では旅行者などが安易に入らないように「立ち入り禁止」となっている......
とのことでした。

それはそうだろう......
日本でも伊勢神宮の宮内には入れないし、皇居にだって早々は入れない。
であれば、僕は、せめてその聖地の真下にあるという小さなビーチに行って、
その聖なる海の風景を見て、体を浸し、
その地の空気やエネルギーを自分なりに確かめてみよう......と。
あの、ハワイ島で見た神々しきフラの、その源泉の地のエナジーを、
一度でいいから感じてみたい、と。
でも、それで、なんだかトテモ十分な気がする......と。
そして、そう決めた時にまた1つ、ハワイの神様......
正確には「マウナ・ロア」の神様から......また新たなメッセージを預かりました。
プリリンねーさんの正確な言葉でもって記せば、ソレは、



「シンデレラの靴のレストランに行くといい。行けばわかるだろう」



僕はフラの生まれた聖地を目指しつつ、もう一つ、時間的に可能であれば、
シンデレラの靴のレストランも探し出してみようかと、車に乗り込みました。
走り出してみると、その日の空も、
初めて本物のフラを見せてもらった時のハワイ島の空の様に、蒼く、
なんだかトテモ輝いている様に見えました......



.......続く(^_^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Street Life | トップ | ガラスの靴の物語 2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさかの出来事 (プリリンねーさん)
2017-04-28 08:03:09
私にとっては、まさかの出来事の1番初めの話でした。

私の言葉を信じてくれて、まさかのハワイ島でしたから。

まだ、出会って1ヶ月も経っていませんでしたね。
本当に、ありがとうございます。

その後、鳩ノ巣、三鷹、諏訪、熱海、初島、大島、筑波、真脇、富士山、南知多、伊勢、出雲、岩手に繋がっていくとは、まさかを通り越していますね。

あなたが、フラのことを思ってカウアイ島に行っていたのは、ここでようやくわかりました。

続きも楽しみにしております。
プリリンねーさんへ。 (amenouzmet)
2017-04-28 09:10:43
よーやくわかるのは美しいことですのなー(*´ω`*)ほふーーーん、、
感動 (みゆき)
2017-05-02 21:41:46
とてもうるうるしています(TT)
みゆきさんへ。 (amenouzmet)
2017-05-03 00:32:23
お!みゆきちゃんだ(^^)
4話目ぐらいにみゆきちゃんが登場するよーん。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL