雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

Gut Feeling

2017-03-19 01:40:30 | 面白い
日本語の「直感」を英語で言うと「gut feeling=ガット・フィーリング」

「gut」は腸。「feeling」は感覚。

英語では「直感とは腸で感じる感覚のことだ」と。そう言っているわけなのです。

直感とは言わば「腸感覚」だと。いや、超感覚じゃ!......とか、なんとか。

第六感とか、虫の知らせとか、なんとか。

「腑に落ちる」なんてこともそんなことなのでしょうか。



日本語には文字一つ一つに意味を持つ漢字が入り込んでいます。
これを「表意文字」というのですが、一方で、
英語やアルファベット系の言葉というのは一つ一つの文字に意味などありません。
全て記号的なものであり、音を表すものであり、
意味はその組み合わせでもって作られていきます。
なので「表音文字」と言われるのですが、そんな特徴があるゆえに、
英語というのは基本的にとても説明的なわかりやすさを持っていたりします。
日本語は逆に、リスクとして、
「文字を見ればわかるでしょ?」
的な、相互理解前提の上で初めて成り立つ様な難解さが生まれてしまったりもしています。



時折、英語の方が物事の本質や真実を表している、突いている、ということがあるワケです。



お馴染みのミミズさん。
この星で最も原初的な生き物の一つです。
その体は、見ればわかる様にそのほとんど全てが「腸」で出来ています。
腸そのものがミミズさんとも言えます。

この星に誕生した最初の生命は「原始の海」で生まれたバクテリアだと言われていて、
その生命活動はエネルギーの合成と消化、吸収だったワケです。
それが環境適合して、その能力をどんどんと大きくしていくと......
ミミズさん的な生物になるワケです。
蛇さんとかもそんなタイプであって。

生命として、生きるために必要なことを行う機能は自動化もされていて、
それが「本能」とも言えますが、やがて生命の進化とともに体も大きくなって、
機能も多様化し、複雑化もしていくと、
それらを効率よく管理し統制もしていく機能も本格的に必要ともなってきます。
それで、腸はその為の機能分化を起こしたのです。



それが脳です。



脳とは腸から生まれたのです。



だから腸と脳は似た姿をしているというワケです。



というか、体の全てが元々は腸だったのです。



脳は腸の子供。



エネルギーの合成、消化、吸収、代謝、解毒、造血、排泄......



腸には、生命維持に必要な全ての機能があります。



生命の本質的思考、判断能力、本能の様なものは腸にあるというワケです。



I have a gut feeling that......
俺のカンだとさ......

What's your gut feeling?
君は直感でどう思う?

日常、よく交わされる会話にも実はこんな意味が含まれていたりします(^^)



そして、個人的に思うこの話の面白いポイントというのは、
「直感を磨くには腸を健康に保っておくことが大事」
ということが含まれているのではないか......ということです。

女性の方が直感に優れているということも、
男性にはない子宮という器官にその因の一つがあると思うのですが、
子宮も腸から派生した腸に近い器官であって、そもそも、人の胎児も腸から形作れていきます。
人間は、腸の中で腸から生まれ、へその緒......腸の管でもって成長していくというワケです。

腸を正常に保つということは、生命にとっても基本の「キ」であって、
脳以外の原初的な感覚......大事なカンや閃き(ヒラメキ)、虫の知らせ!?
などを磨くことに繋がるのかもしれません。



しかし、なんでこんな話をしているのか?と言いますと。
実は、最近、また不思議なメッセージをいただきまして。神様から。
それは、ハワイ諸島のカウアイ島に行く時だったのですが......



「シンデレラの靴のレストランに行くといい」



例によって例のごとく、
神々の言葉を正確に降ろしてくれるプリリンねーさんからも言われたのですが、
例によって例のごとく、全くもってワケわからず。
ナゾナゾの謎(o゜ー゜o)??
何かの役に立つものなのか?意味があることなのか?そんな場所が本当にあるのか?も、
いつもの様にわからないのですが。

でも、とにかく。

ヤレるだけのことはヤッてみようかと。
カウアイ島をグルグルグルグル、ぐるぐる......と、一通り回ってはみたものの、
結局そのレストランはわからずじまいで。

ただその場所は、日本に戻ってからやっとピン!としたヒラメキがあって。
今はそこが何処なのかはちゃんとわかってはいます。
「今になってかよ......」
と、ソレはちょっと悔しくもあるのですが......しかし、しかし、
僕が今回カウアイ島に行った一番の目的というのは、実は、
フラ(hula)の生まれた聖地を訪ねることであったので、そのことは感動的にも、
奇跡的にも果たすコトが出来て。

なぜ奇跡的か?というと、その場所は今は原則立ち入り禁止になっている......
とも聞いていたもので。行ってみると確かにちゃんと警備員さんもいたし。
ソコにどうして入れたのか?なんてお話しはまた今度ゆっくり記そうとは思いますが、
ただ、幸運にも訪ねることが出来たそのフラの聖地は、
とても靴でズカズカと入れるようなトコロではなく、
裸足になって、トテモ感動していた僕は、その時、
神様から不思議なものをいただいたのです。



その頂いたモノというのが、なぜか?
カウアイ島に行く前に神様に言われていたシンデレラの靴。



......まぁ、それは、いつものごとく、現実的に見える様なものではないのですけど。
何の役に立つものか?も、わからないモノで。
でも、とにかく。僕はその時、天から舞い降りる様な感じでソレを頂いたのです。
勿論その靴は、フツーにはちょっと見えにくく、本当にあるのか?無いのか?
よく分からなくて、夢の様なものでもあるのですが、
確かにちゃんと、キラキラと輝く「ガラスの靴」でした。



「なるほど。。シンデレラの靴というのはガラスなわけね。そっか。ま、そーだよな。。」



そして東京に戻り、この靴を貰ってからというもの、どーも、僕は、
カカトをつかないで歩く様になっているのです。動物みたいに。。
というか、そうしたくなる衝動がとても強烈で、仕事に行く時と帰る時には、つま先で、
まるでハイヒールで走る時の様な?感じで歩いているのです。
もうかれこれ二週間以上。

すると、一つ明瞭に解って来たことがありまして。

それが実は、つま先で歩くのはとても腸にイイ!ということなのです。
正確には、腸の動きをサポート出来る下腹部周りの筋肉や筋力を自然と鍛えられる......
ということなのですが、足裏の蹴る力や「ふくらはぎ」がかなり強化もされるので、
心臓から一番遠い所から戻る血液の動きを活性化することも出来ます。
さらに、その上にある膝裏のリンパ周りの筋肉もしっかり鍛えられてきました。
そして股関節周りの微細な筋繊維から、そこと繋がっている感覚のある背中側、
腰の裏側的位置にある背骨周りの細かいインナーマッスルも強く鍛えられてきた感覚もあります。

意外や意外。

頂いた「ガラスの靴」とは、もう少し腸を大切にしろ!と。
もっと腸をしっかりと意識して、正常に保ち、直感力をもっともっと磨くのだ!と。
簡単に「気」を上にあげるな!と。怒りっぽくなるぞ!と。
不要な焦りや緊張が生まれやすい心体になるぞ、と。
脳で考えすぎるな。腑に落とせ。もっと腹で考えろ、と。
第一の脳とは本当は腸のことなのだ!と。
腸を正常に働かせろ。その動きをサポートする力をつけろ、と。

......どーも、そういうメッセージでもあった様なのです。

この、藤田絋一郎さんの「脳はバカ、腸はかしこい」という本も、
靴を頂いてから導かれる様にして出会い、
思わず「直感=Gut Feeling」で買ってしまいました。



読んでみると、なんだか、神様から言われたことを裏付ける様なことが沢山書かれていて、
ちょっと感激してしまった次第なのでございます。
今日もヨーグルトを食べて、駅まで、つま先で歩く僕なのでございます(^^)



フラの聖地に行くために履き降ろした新しいシューズ
フラの生まれた地では裸足で佇んでいましたが、その真下にあるビーチでも、なんとなく、
ガラスの靴を感じつつ、ずっと裸足でプラプラとしていました。
シューズの中には小さな小人の様な妖精さんが......ミエル人には......見えるのでしょうか。。
なんだか、とても好きな写真です(^^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カウアイ珈琲 | トップ | 逢坂徒然 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょうど (和ゐ)
2017-03-19 08:25:18
メッセージの共有、ありがとうございます♩
ちょうど最近、とある体調不良の改善方法を色々調べていて、骨盤周りのストレッチや、歪みの改善。そこに影響する足首のストレッチなどを実践していたところだったのです。

腸の大事さと、つま先歩きーーー。
私も、実践してみます(^o^)/

必要なものは、必要な時に手に入るのですねー。
このタイミングで、この情報を知ることができで、感謝です♩
和ゐさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-19 10:03:53
踵つかないで歩くのは一人の時以外は変な人に見えちゃうので、お気を付けてー(*´ω`*)
腸内環境を整える食事とかヨガ系ストレッチ、トレーニングなどと合わせるとトテモ良い効果が出ると思います。
肩甲骨周りの柔軟性も合わせたらさらに良いと思われませう。
Unknown (ゴンちゃん)
2017-03-19 11:30:08
目からウロコでした(TωT)
最近下腹部が飛び出てるので実践してみます。
ありがとうございます。
ありがとうございます (和ゐ)
2017-03-19 11:35:45
はっ∑(゚Д゚)
あやうく、人目もはばからずやってしまうところでした(o_o)

肩甲骨ー♩
ありがとうございますっ。
そういえば先日、首から肩甲骨にかけて、どーんとぎゅーっと、締め付けられるような感じからの、突発的な酷い貧血に見舞われたところでした(>_<)
そちらのストレッチも、やってみます♩
色々教えていただいて、とても嬉しいです(*^ω^*)
ゴンちゃんさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-19 13:32:12
なんと!出てますの!?
激しくシンパシー!ヽ(;▽;)
和ゐさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-19 13:33:37
( ̄^ ̄)ゞ
生命エネルギーのアンテナ (星のカガセオ)
2017-03-19 17:40:56
腸と脳、仙骨と蝶形骨の
連動関係は似ています。

足の親指を鍛えると
踵が活きるそうです。
星のカガセオさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-19 18:54:59
ほーほー(*'ω'*)イロイロとありますですねー。。
「続ける理由がありすぎる」ですね (アンネン)
2017-03-20 11:44:57
いわゆる『腸脳相関』という事でしょうか

ダイエットスリッパ買おうか悩んで早数年・・・
本気で買おうかな(しまむらで安いらしい)

いつもありがとうございます(^^)
アンネンさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-20 13:38:10
そうですね。腸と脳は相関的に出来ているようです。
シナプスと腸内細菌の関連とか、ホルモンとの関係とか、色々とあるようです。
興味深いですね(^_^)
もでるうぉーきんぐ (ミラーイースト)
2017-03-20 19:39:49
uzmetさん、今晩は(^^)

へぇー、を100回言いました。嘘ですが。
脳が腸の子供とは驚きでしたΣ(゜Д゜)
ヨーグルト食べます。
ヒール慣れしてオネェ歩きにならないように
気をつけてくださいまし(^^)
ミラーイーストさんへ。 (amenouzmet)
2017-03-20 20:17:28
身も心もすっかり!オネエになっちゃいまひた!(〃ω〃)


嘘ですが♪
ボケない・寝込まない歩き方 (見融記)
2017-03-21 22:17:39
数年前にとある講演で聞いた話でつまずきそうになったりすると思い出してしているのですが、

足の親指の腹で着地して重心を乗せ、踵から足の裏が見えるように上げていく

というものです。その歩き方をするには姿勢も整える必要があり意識しないで歩くときより違う筋肉に負荷を感じます。前頭葉、側頭葉を活性化させるということでした。
見融記さんへ。 (amenouzmet)
2017-03-21 23:15:28
メモメモ......っと(^^)

つま先でずっと歩き続けていると、そのうち、自然と微細な工夫をする様になっていって、「その歩き方の中で最善の形」になっていく様に思えています。
ガニ股とは違うのでうが、つま先は少し外側に開き、自然と親指の付け根の奥、一番肉厚の辺りから地面に着いて、かかとの浮き方は最小限に留め、膝と腰周りの筋肉を使い「膝先行」で歩く様になります。
それは忍者的と言うか、すり足に近い感じというか。きっとそういう部分を明文化した話なのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL