雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

ウナギクライシス 2

2012-12-10 00:01:19 | 美味しい...パワスポ寺社
グルメということに関しては友人の中ではピカイチのK様
先日こんな事をつぶやいてました......


===================================
私は寒くなった方が、「うなぎ」を食べたくなります。
ある寒い夜、次のアポまで40分時間が空きました。目の前には「野田岩」。
迷わず飛び込み、「中入り丼」。うまかった!
個人的には、「野田岩」は好みではないのですが、
それでもきちんと作られたうな丼はうまい!
===================================


流石でございます( ̄ー ̄)ニヤリッ
賛成でございます。
僕もなぜか春秋冬に食べるウナギさんがとても好きなのでございます。
そんなこんなで今日は以前記した「ウナギクライシス」の2!でございます。


その前回記事でも少し触れていましたが、
今回ココに記しておきたい大好きな鰻屋さんは静岡、三島市にある「桜屋」さん。
こーーんな佇まいのお店でございます。



お店の裏にはこぉーーんな小さな神社が在りまして、



普通に行くとちょっと気付きにくいのですが、実はこのお店、
このヒッソリとセンスよく佇んでいる神社の神域にあるお店なのでございます。
この小さな杜(やしろ)は桜屋さんの氏神様的に祀られていて
お店の人達が代々大切にお守りして来ているそうです。
神社とお店の隣に流れる川も、こーーーんな清流でございます。



場所、店の雰囲気、店員さんの心持ち、全てが心地良いお店なのでございます。

僕のココに行くパターンとしては先ず、朝、仕事行くより早起き!?して、
お気に入りの車に乗り込んで「ぶぶーーっ!」と東名高速世田谷インターに向かいます。
僕の場合は家からホンの数分の距離。
大体7時ぐらいに出るのが渋滞に引っ掛からないギリギリ......といったところでしょうか。
そして東名高速を「びびーーっ!」と名古屋方面に向かい

「富士山キレイやなぁーー、、」

なんて景色を見ながらやがて1時間ぐらいで「足柄サービス・エリア」に到着です。
途中「ゆったり」とSA=サービス・エリアに寄る事が忘れては行けない
古(いにしえ)より伝わる何より大事な所作なのでございます。ええ。

「ウナギたべてーー!!」

なんていう庶民の焦りは見栄を張って禁物なのでございます。ええ。
「足柄サービス・エリア」はとても広くて開放的。断然のお勧めSAでございます。
ここで目前に富士山を眺めながらスターバックスのラテなどを飲みつつ
お好きなデバイスで気になるニュースのチェックなどをするのがオススメでございます。
一昔前はこの所作は「ニッカンスポーツ」紙で行っておりました。ええ。
順調に行けばココで大体8時ぐらい。

「モーニング富士山コーヒー」

でございます。

乙......オツでございます。

普段から朝食を必ず食べるような方にもココは充実度満点のSAなので
ドーナツから麺類までこの時間帯でも大抵はあります。
僕のような庶民はウナギの為に
ココはなんとしてもコーヒーで済ませる習わしになっています。
ここで可成りゆたーーーりこした後で大体9時前後ぐらいでしょうか、
三島へ向けて再出発です。

その先、ホンの15分ほど走ればもう「沼津」インターチェンジ。
そこで高速をちろちろと降りちゃいます。
そこから三島市中心部、三島駅周辺まではほんの20分ぐらい。あっという間です。

直ぐに桜屋へ!!と行きたい所ですが......お店もまだ開いていない時間帯。
しかしこの三島市にはあのメジャーリーガー松坂大輔もワザワザご指名で結婚式を挙げたという
有名な大社......「三嶋大社」があるので、
先ずはウナギさんに失礼の無い様にご挨拶に向かうのがオススメでございます。
迂闊にも足柄サービスエリアで朝食を食べてしまった人も
ここでおなかが減らせるって戦法です。はい。
朝一で未だ空いている大社の駐車場に車を入れて、三嶋大社は......こーーんな感じ。



武の神、勝負の神らしい、ドン!とした素晴らしい神気が漂っています。
スポーツ選手の崇敬を受ける意味がなんとなく分かると思います。
富士山から湧き出る綺麗な水で満たされる境内の大きな池には弁天さん......
この記事の写真にもある世界遺産、
広島厳島神社(いつくしまじんじゃ)のイチキシマ姫さんが祀られています。
とても落ち着きます。
ココ好きですーっヽ( ´ ▽ ` )ノ



そして朝の清らかな空気の中、三嶋大社を一通り見物、参拝した後、
ちょうど時刻は11時ぐらいになろうかと思います。
ここで大社に立ち寄った事が生きてくるのは駐車場の存在なのでございます。
大社の駐車場に車を入れたままソコから三島市内をお散歩気分でプラプラと歩き、
そのまま桜屋さんに向かうのでございますぅぅ。。
これがオススメなのでございます。

どことなく古びた風情のある三島の街並を楽しみながら
大社から桜屋さんまで歩いても10分ぐらい。ちょうど11時半前後には着いています。

そーーーです!

お昼です! YE━━━━━━ d(゜∀゜)b ━━━━━━S!!

多分......混んでます。。

最近では大人気らしく......

もし混んでいたら名物の優しい警備員さんの案内にしたがって名前をボードに入れて......



先程の美しい川のほとりや、こじんまりとした神社の境内を散策しながら
ゆったりとした心で待つのが良いかと思われます。
ボードに書く名前は思い切って外資系の名前だと呼ばれた時に聞き取りやすくなるかと。

「マラドーナさーん!」「オバマさーーん!」

なんて聞き取りやすいかもしれません。

「スギちゃんさん!」「イチローさん!」

なんて呼ばれるのも風情があっていいかもしれません。

ウナギさん......「うな重」さんはこんな感じ。



桜屋さんの最高なのは、その「蒸し」と「焼き」のバランス。
東京のウナギ屋さんほど蒸しすぎず、浅めの焼き加減でもなく、
かといって浜松から名古屋にかけてのパリッ!と感がするほどの強めの焼きでもなく、
この店が僕のウナギの「真ん中」であって物差しになっているような感じです。
なので「白焼き」もとても絶妙の美味しさでオススメです。

ゆったり食べ終えても多分12時を少し回ったくらい。
午後1時には確実に帰路につけると思います。ええ。

元気な人はさらに箱根や富士山やら立ち寄り温泉やらのドライブを楽しんでもよいし、
そのまま帰ってもいいと思います。
お帰りならば都心なら3時ぐらいにはもう着いていると思います。プチグルメ旅です。
電車でも三島駅で降りれば記した全てを徒歩で十分ゆったり楽しめるお散歩コースです。

日本ならではの御馳走のウナギさん。
環境省はついに絶滅の恐れがある野生生物をまとめた
「レッドリスト」に指定する方針を固めたそうです。
以前「ウナギクライシス」を記した時に心配していたことが少し進んでしまっているようです。

僕の中では鰻さんというのは庶民の味「B級」の頂点でもあり「A級」との境目にあった食べ物
という位置づけでしたが、それも変わってしまうのでしょうか。。
なんとか自然の循環を新しい世界の道徳観と技術でもって取り戻したいと切に願いつつ、
いただける時は有り難く、感謝の気持ちを忘れずに食したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誇らしい得点 | トップ | ソーダ水の物語 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美味しい...パワスポ寺社」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL