雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

愛染

2017-06-03 01:52:59 | 面白い...パワスポ寺社
「遅い時間にすみません。」



と。いつもビッシビシ!のミニスカート推しで登場するレディ「YUさん」から
ラインで質問がきまちて。ええ。ええ。キンチョーしちゃうで。ええ。



「こないだUZMETに休むなら1ヶ月くらい海外行っちゃえばって言われて。
そーしようかと思って。

で、決まったとこがないから一応方角とか見てみたの。
1ヶ月の旅行だから。
そしたらロンドンとかパリがいいみたいで。
でもあまりそこには興味なくて。
で、次にいいのがバリ島とかだったから、色々見てて。
バリ島は昔良く行ってたから久しぶりに行こうかなーって思ったんだけど。。。。。

でもやっぱりハワイが好きで。ハワイ行きたいなーって。
でもハワイは方角的に行っちゃダメな方角で。

どうなんだろー
方角とか気にしなくていいのかなー
折角なら吉方位旅行もいいなーと思ったんだけど。

6月18日から1ヶ月行く事は決めたんだけど。
場所を決めかねてるのさ。

どー思う?
迷って迷って、UZMETに聞いちゃったww」



この文末の「ww」ってあたりがですね、ええ。
これまたキラキラしちゃう系で。ええ。ええ。YUさんらしくて。
キンチョーしちゃうで。
ワラワラしちゃう!って感じでww
まね。これ、よくあるソーダンでして。方角とか、場所とか。



「オレも知りて---―っ!!(=゚ω゚)ノ」



ってね。ええ。
で、僕さんが答えることはいつもあまり変わり映えがなくて。
フツーの人なので、なんだかホント、申し訳なく。
でもやっぱり方角とか気になる人は気になるようで。
このブログでもよくメールを頂きますし。
なので今回、この時のやり取りをココにも少し置いておこうかと思いまちて。
「レディYU」さんの許諾も頂きまちたし。今回。ええ。
それでこの時のお返事は、僕さんとしてはこんな感じで......



「正しいことは、

①吉方位とか何々方位とか、なんの意味もないことです。

しかし、

②人は心の影響を必ず受けます。

よって、

③今の君であれば「何かあった時に後悔がない様」
吉方位と言われている中で場所を選んで行けばいい。

と思います。

④その方が何があっても気持ちよく過ごせるから。

そうしてみて下さい(*´ω`*)」



うーーーんん......なんだかトッテモつまんない答えっす。
改めて、ココに並べて見てみても。
「ふつうぅぅぅぅぅーーーーーーっ!(o´Д`)」!!」
っす。普通。とても申しわけ無し、で......

でも女性にとっての占いとかスピリチャルとかって、
男性が捉える「ソレ」とはちょっと違うのでしょうね。きっと。
もっと生活に直結してる感がある、というか。そんな違い。
ほんと、ソレはよく感じます。

ソモソモ、女性は男性と比べて筋力という意味でのフィジカルは弱く出来てるし。
そうなると女性は「情報で身を守る」という本能が自然と鍛えられてくるし。
ソレは男性が体を鍛えるのと同じような意味にも思えますし。
するってーと、いわゆる「カン」の良さが磨かれるのもよくわかりますし。
情報交換が全て、なんてところがあるのも良くわかる気もします。
多くの情報を手にい入れて、生き残っていかなければいけないワケでして。
カワイイ子孫を残し、守るためにも、その能力はとても大事なものなのだろうと思えます。

おしゃべりなんて、その為のツールであって。

トレーニングルームにあるダンベルのような物で。

呼吸をするように人の噂話をする女性の姿をよく見かけるのも
そんな理解でイケちゃいますし。ええ。

その理解で行けば「愛すべきおしゃべり」なのかもしれません。ええww

世のトレンドを作り出すのが女性の動きだったりするのもよく分かります。

そんな考え方をしていくと、女性に方向音痴の人が多いのもまた、よくわかりますし。

古来、山野に分け入って獲物を捉えるようなことをしていたのは男性が多かったろうし。
そんな環境においての方向感覚は自らの生死に直結しますし。
女性はそんな時に、じっと、子供を守り待っていることも多かったろうし。
そこでの死活問題は方向感覚というより目前にいる子供や、
獲物を取って帰ってくる男性とのコミュニケーションだったりするし。
ソコをうまくやっとけば野山で方向を見出すには、
そこに長けている人についてけばイイだけですしねww

吉方位とかなんちゃらとかというモノは、
易とか風水とか陰陽系の術とか、生年月日などの数秘術とか占星術的なものとか、
なんやらかんやらと様々な占術が重なり合わさって形作られているものですが、
いつも方位が気になるという様な人は、
絡み合っているそんな諸要素に関して「根源的なところ」を学んでみる、探ってみる、
というのもちょっと面白いかもしれません。
「風水」や「陰陽道における呪」の根源的なお話に関しては以前記していたので、
「因みにの程度」で以下にリンクしておきまする。

風水と火の鳥
お・ま・じ・な・い・☆
京都、一条、戻橋。
晴明水
逢坂徒然

個人的には「占星術」に関してだけは
「カナリ特異な論理的正しさを持ってるのでわわ!?」
なんていう感覚を持っていたりしまして。
それで昔、独学で本気で学びにかかったこともあったのですけど。
ホロスコープなんぞも描き作ったりなんかもして......結果、その時に
「占星術ってマジ、スゲ〜けど、コリャ......正確なものは今の人類では無理じゃん......
全て計算できるコンピューターもデータも無いやんか......」
なんてことにも気づいちゃいまして。
今後もし、そんなスーパーなコンピューターが出来たり、
この宇宙のどこかにあって?それが使えたり!
濁りない霊感的能力が使えたりなんかしたら、俄然アリ!
な占術という感覚も在ります......が、やはり、
それでも出せるのは宿命ぐらいまでの様な感じで。
目前で常に揺れ動く運命や運勢的なものに関してはやっぱり、ナカナカ、
不可能に近いコトなのだろうということもよくわかります。

そんな部分も含めて考えると、改めて、
以前記したこのイリヤ・プリゴジンさんの「散逸構造論」というのは、
「とびきりスゲーなぁ、、」
と思われたりもして。思い出したりもして。

散逸構造論
散逸構造論 2
散逸構造論 3
散逸構造論 4

そんなこんなで、とりとめのない6月初旬の夜の記事。
1日からは、また、数年ぶりになにやら新しいターム......時代、季節......
へと入った様な感覚が......フツフツと感じられるのでございまつ。

なんかいいコトないかなぁ......( ´△`)

ポポーーーん......ww



東京。目黒区にある目黒不動尊(めぐろふどうそん)。
正式名称は泰叡山護國院(たいえいさんごこくいん)瀧泉寺(たきせんじ)。
今回の記事に出てきた「YU」さんは、もう長いことこの近くに住んでいるのだそうです。
それを聞いた時に、僕さん......コレは彼女にはマッタク話したことの無い話しなのですが......

「ナルホド〜。。」

と。

「そこ住んじゃうわなぁ、YUさんは......自分に素直でカンがいい人だなぁ。。」

と。

この目黒不動さん。僕の中ではナカナカに貴重なお寺さんでありまして。
というか、ま、ここも当然、元は神社だったとは思いますが......ココの何が貴重なのか?
というと、「このお方」が不動明王さんと一緒にちゃんと祀られている、置かれている......
というところなのでございまつ。



愛染明王(あいぜんみょうおう)さんでございます(^^)



その功徳は「能滅無量罪 能生無量福」=「よく無量の罪を滅して、よく無量の福を生じる」
要しちゃえば、

「ターックさん悪いことしてもだいじょーぶだよー。私がついてるからーん(●´▽`)
時に罪(ざい)は財(ざい)なのー♡ みんな福や愛に転じさせちゃうよーん♪」

ってな感じでしょうか。
YUさんには実は、僕の目から見るとこの愛染さんが強くついているわけでして。
まぁ、ホント、そのまんま彼女の性格!?や仕事ぶり?
を表している様に見えたりもします。いわゆる「あげまん」とでも言うのでしょうか。

彼女の周りにはオモーーーイ!?黒いものを沢山背負った人々が!?
いつもドンドコと寄って来て。
彼女といるとそんなモノモノが知らないうちに綺麗に洗われて、
場合によっては罪も財となり、愛となり、時に功や幸運、
元気なんかにも変わっちゃったりもするので、
そんな彼女の力を知ってか知らずか?本能で?
色んな人がその天然力を利用しに寄って来ちゃったりもしているわけです。きっと。
勿論、こんなこと、彼女に話したことはないのですが。ええ。
妄想すればソンナ感じでして。ええ。ええ。

なんだかキンチョーしちゃうで。

空海さんや最澄さんで有名な密教において、
「悟り」を視覚的に表すものを「曼荼羅」と呼ぶのですが、
その曼荼羅は一般的に「胎蔵界(たいぞうかい)」と「金剛界(こんごうかい)」
の二つに分かれています。
そして、そのそれぞれの界を統括する明王さんというのが、実は、
「不動明王」さんと「愛染明王」さんなのです。

全国でも不動さんを祀ったり置いたりする様な所はとても多いのですが、
愛染さんの方はナカナカなくて。
あっても、全体から見てちょっと力や配置のバランスが悪かったり。
愛染さんはいるのだけど、不動さんがいなかったり、と。
目黒不動さんの様な素晴らしいバランスで置かれているところはそうそうはありません。
しかも本殿裏にはしっかりと、
不動明王さんの本体でもある大日如来(だいにちにょらい)さんもいらっしゃいますし。
さらにその後ろ、最奥地には、ちゃんとこの地の神様!も置かれてます。



素晴らしいところです。コレが無ければ、この地は変わってしまいます。



ちなみに、以前記した僕さんの敬愛する不動さんである「深川不動尊」さんには、
一階本殿の反対側フロアの隅の方に、
この愛染明王さんの見事な像がさり気無く置いてあります。
僕と一緒に深川に行ったことがある人なら「ピン!」と思い当たると思いますが、
あの沢山居並ぶ数多の仏像の中で、僕が必ずこの像にだけ座り込んで挨拶をしてしまうのは、
実は、こういった訳があるのでございます。
特に深川さんの愛染明王像というのは、まぁ、ホント。とても貴重なもので。
見事な像だと思っております。探してもナカナカないっす。
愛染さんでアンナニ見事なモノって、深川もスゲーのです......って、
話は目黒不動さんに戻りますが、不動さんは勿論、そんな愛染さんがいて、さらに!
こんな......牛!



のふりをしつつ、「牛頭天王=スサノオ」さんもしっかりと超高いところ!に置かれていて。
その奥には......立ち入り禁止区域ですが......ここ、きっと、塚です。最重要地。
この地を治めていた古代の王が眠る古墳です。ええ。お寺はそう言わないと思いまちゅが。



龍神さんの住まう水源も池もあって。



入口あたりには境内を守護し、糧を届ける厳格な稲荷さんもいて。
ナカナカに素晴らしい場所です。



さてさて。愛染明王さんの縁が強力な故に、こんな地にも縁を持って、住んで、
日夜お仕事に頑張っているYUさんからつい先日も、チロっとラインが届きました。
どうやらその後、旅の行き先を決めた様です......


ハワイにしちゃった(笑)」


ほうほう......やっぱり、方角占いなどモノともせず。決めちゃいましたのな。ええ。ええ。
流石!愛染さん。強し。天を矢で貫くが如し。
占いによる「ココロ縛り」など微塵もなく。
自由なるココロで。流石でございます(^^)ww
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレント・フライヤー | トップ | (*´ー`*)ウットリ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
YUさん、いい旅を!! (パンタ・レイ)
2017-06-03 11:00:22
エントロピー増大の法則のページから、このブログを見せていただくようになった私としては、プリゴジンはとてもすごいなあと思います。
散逸構造論から、複雑性科学、そして時間論の旗手へ。
量子論や宇宙論における時間のパラドックスの解決までを照準に入れて。

「ゆらぎ」によって生まれた小さな秩序でも、全体に大きな影響を与え、強力な秩序を生み出すことがあるというのは、心強いではありませんか。
だから、私たちのほんの小さな思いや小さな祈りでも世界を変えることができる(?)。
あきらめずに、頑張ろう。
(ネガティブ・フィードバックというのもあるよと聞こえてきますが)

と、わけのわからないことを書いていたら、外でものすごい音がしました。
見に行くと、家人が座って作業をしていたプラスチックのバケツが見事にバラバラに壊れていました。
これはどうやっても元に戻ることはないですね。

それにしても、YUさんはすごい。
自由なるココロで、楽しい素敵な時間を過ごされます様に。
パンタ・レイさんへ。 (amenouzmet)
2017-06-03 15:14:05
ほわ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
そーだったのですか。プリゴジンさんの記事からだったのですかぁ。。すげ〜っす。
YUさんに伝えておきます!これみてると思いますが!(^ν^)
こんにちは (Love)
2017-06-17 10:15:21
目黒不動尊、子供の保育園の近くでした!
たまに伺いますが、広くて気持ちいいとこですね😌
お散歩にまた行きたいと思いました(*^^*)
Loveさんへ。 (amenouzmet)
2017-06-17 10:24:44
こにゃにゃちわ(^ω^)Loveさんも縁があるのかも知れませんね〜

コメントを投稿

面白い...パワスポ寺社」カテゴリの最新記事