雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

(//∇//) ポッ♡

2017-03-03 02:50:40 | 面白い...映画&音楽
「タクシードライバー(TAXI DRIVER)」
僕が名優「ロバート・デニーロ=Robert De Niro」さんを最初に知った映画です。
この作品に胸を打たれた僕は、見終わった後すぐ、上の写真と同じポスターを購入。
そのポスターはホンノつい最近まで、ずーーーっと、20年以上もの長きに渡り、
自分の部屋の片隅に飾られていました。今現在は実家の部屋に飾られています。

そして、この映画ではもう一人、僕が強力なインプットを受けた人と出会えまして。
それが監督の「マーティン・スコセッシ=Martin Scorsese」さん。
以降、この方の映画は漁るように全て見させていただいております。
僕の大好きな監督さんの一人(^^)
そんな大好きな監督さんの最新作が先日から公開されていました。
タイトルは「Silence」。日本語では「沈黙 —サイレンス—」と表記されていました。



原作は言わずと知れた遠藤周作さんの名作小説「沈黙」。



江戸時代のキリシタン弾圧の実態と、
その最中に日本に渡ってきた従順で孤高なるキリスト教宣教師達の過酷な物語。

「壮絶」

そんな話を、とにかくまっすぐに見つめ、描いてみよう......という様なところも
「タクシードライバー」の頃から変わらないマーティン・スコセッシさん「らしさ」を
感じさせる作品でした。
見終わった後は、満員の大きな劇場が完全に静まり返っていて。
皆、それぞれ何かを深く考え込んでいるような空気に包まれていました。

今、見たこの映画を、この物語を、自分はどう捉えたらよいのか?
どう考えたらよいのか?
いや、そんなこと考えなくてもいいものなのか?

そんな気配が空間を支配し、
それはタイトルの通り「沈黙」となって劇場を漂っていました。
こんなふうに誰一人、エンディングロールが終わるまで席を立たない、立てない、
というような映画は......久しく見ていませんでした。
本当に久しぶりに、そんな、どこか心が打ちひしがれてしまう映画でした。



「踏み絵は形だけだ。踏み方も自由で良い。
そっと触るだけでも良いのだ。それで自由の身だ......」



九州、筑後守の通訳の役で出ていた浅野忠信さんが言っていたセリフ。
見ていて息がつまったこの言葉は、まるでこの国の「何か」を表しているような、
僕らの心の中に潜む何かを表しているような、そんなセリフにも思えました。
遠藤さんの原作に書かれていた名文も鮮明に思い出されました......



「人間がこんなに哀しいのに主よ、海があまりにも碧いのです」



スコセッシさんが今回描いていくれたのは、
もしかしたらこの文章そのものなのかもしれない......と。
ちょっと哀しく、切なく、やり切れなく。



そんな感じで、今年の2月は、他にもとても良い映画が多かったように思います。
特にこれ。「ザ・コンサルタント」。原題は「THE ACCOUNTANT」
「予想外」に良かったのです。ベン・アフレックさん。当たり役か!?
シリーズ化とかあるのかな?気になる終わり方でしたが。僕的には意外なヒット。
それとこれ。「ドクター・ストレンジ」。原題は「Doctor Strange」



マーベル(Marvel)作品の常ですが、やっぱりハリウッドのCGや3D技術の高さをイヤ!
と言うほど見せつけられました。落ち込んじゃうのです。。なぜか。。
日本は......もう追いつけないかもしれません......
なんて思えてしまう様な最新技術映像とソレを映えさせるカット割りや編集技術も、
画面酔いギリギリの寸止めポイントを完璧に見極めているような感じ。
なんだか絶望的に全てがすごいっす。「This is Hollywood」なんだろうなー。。
それと、最後に......こいつも良かったです。忘備録的に記しておきますが......
「マグニフィセント7」原題は「The Magnificent Seven」



黒澤明監督の名作「7人の侍」をハリウッド西部劇に置き換えたヒット作「荒野の七人」
その「荒野の七人」をさらに現代にリメイクしたという作品。
だからなのか、どことなく日本的な精神性も香る作品でした。
作品が良ければ良いほど黒澤監督の偉大さも改めて強く感じ直させられもして。
ちょっと胸が熱くなりました。個人的にはヒロインの女優さん
「ヘイリー・カタリナ・ベネット=Haley Katharina Bennett」さんがメタクタ良い感じで......

(//∇//) ポッ♡

映画ってよいものですのぉぉ......(//∇//) ポッ♡





この記事はハワイのホテルで波の音を聞きながら書いているのです。
とてもボケボケしてるのです......(//∇//) ポッ♡



カウアイ島(Kauai)、ポイプビーチ(Poipe Beach)でお昼寝中のアザラシさん。
この島もなんだか良いですのぉ......(//∇//) ポッ♡
下の写真は、そのカウアイ島の中でも最も秘境感のある、美しきケ・エ・ビーチ(Ke'e Beach)





僕がこんなにポンチキなのに、主よ、海があまりにも碧いのです......(//∇//) ポッ♡
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

The Year of Ghost

2016-12-29 02:36:35 | 面白い...映画&音楽
例によって、例のごとく。
地球の摂理的には一年の本当の区切りであろう「冬至」のあたりから、
来たる2017年の大枠イメージみたいなものが湧き降りて来ています。
干支(えと)に絡まる新年のイメージ話というのは、
このブログではもう数年来、定型的な記事ともなっている感じなので、今年も最後に、

「バカジャネーノ!?(´・д・`)」

なんて言われつつ、
そんな来年に向けての「key=キー」みたいなコトをウダウダと
書き記しておこうかと思います。
無責任ホーダイの身勝手バーゲン記事!(o・ω・o)となりまするが。ええ。ええ。
とてーも悪しからずで。何卒の。お許しを。



先ずは、
ブログを記し始めた2013年の記事あたりから書き記していたコトをまとめてみますと、
その年は巳年。みどし。 ヘビ年。
伊勢、出雲の同時遷宮なんていうことがあったとてもエポックな年。
年間のエネルギーは「8」で表される強大なエネルギー。
その力は「8」の形の如くねじられて、閉じ込められて。
「8」の内側で蛇の様にウネリ、強くあるのになかなか外に出ていかない。
動いている様で動いていない。まるで停滞しているかの様な焦れったい状況。年。
でも、何かを勉強するにはとても良さそうな年。

2014年は午年。うまどし。
そんな内に溜めたエネルギーが遷宮完了後、
お馬さんに乗ってドドド......っと走り出しそうな年。

2015年は未年。ヒツジどし。
見えて来る景色が何故か?宇宙から見た地球の姿。太陽系の姿。
宇宙という世界。地球という囲いの中で生きる羊。
導かれる神社さんも今迄になく「星の神様」の社が多く......星の気持ち。星の視点。
本格的な「星の時代」の始まり。そんな意味と出来事が加速しそうな年。

2016年。申年。猿年。さるどし。「去る」年。
引き続き「星の時代」が加速していくであろう事はとてもリアルな感触で存在していて、
それは多くの人がしっかりと感じていることにもなっていて。
そんな中から伝わり来る全体のイメージは「混=こん」という文字。
「星の時代」へと世界が動いてゆく中で、
国家や企業、コミュニティの「混」にも立ち会うかもしれない年。
「混」という文字にどんな文字が足されるのか?......ということと同時に、
多くの「去る」などもあるのではないか......という年。



そして、今年。
2017年は「酉=とり」年なのだそーです。
正確には「丁酉=ひのと・とり」と呼ばれるトリドシなのだそーです。

そもそも「干支=えと、かんし」というのは、
お馴染みの「十二支=じゅうにし」と呼ばれる12種類の動物さん達と、
陰陽五行の巡りを表す10種類の「十干=じゅっかん」と呼ばれるモノとの組み合わせで
考えられているらしいのですが、
その巡りで正確に言えば、今年は「丁&酉=ひのと&とり」の年なのだそーです。

「ひのと・とり」年。

そーです。

モチロン。

「火の鳥」でございます。

十干十二支(じゅっかんじゅうにし)の組み合わせは60回で一巡するので、
その巡りで言えば、今年は60年ぶりの「火の鳥」の年!というコトにもなるのでしょうか。
古(いにしえ)からの東洋文化では年の巡りというのは60年を一巡としていて、
60歳を迎えた方を「還暦」といって祝ったりするのも実はこういうことで。
時計を始めとする「60進法」との関わりなどもチョット興味深くは......ありますが(^^)

そしてこのブログで「火の鳥」というと、
少し前に「風水と火の鳥」という記事で新潟のとある神社についてサラリ......
と記させてもらいましたが、その記事の中でも書いた通り、
多くの民間伝承や逸話における「火の鳥」というのは少々の裏!?などがあったり。
マジックのタネみたいな事もあったり。
そういう部分もひっくるめて、一般的には「幻の鳥」であったりすると思います。

しかし、矛盾と誤解を恐れまくり!で書けば、
「火の鳥は本当にいるのだ!(((*゜θ゜)ノ」
なんてコトも実のところマジメに思っていたりもして。
ソレは、様々な「神々のシルシ」が現れる空の「雲」などにおいては、時折、
その姿を映した様に「チョイ見せ」してくれたりすることもあるようにも思いますが、
それでもそんなパターンも含めて、火の鳥というのはやはり
この世的な次元や感覚で見える存在などでは決してないと思いますし、
故に、その姿は、それなりのカンなどが働かないと
明瞭に感じ取ることは難しいのではないか、とも思えています。

......で、何が言いたいのか?

と言いますと、

2017年は、結構、

「幻の様な年」

になるような感じがしているのです。

そして「幻(まぼろし)」って何よ?

と問われれば、今回においては「イメージ」のことで。

このところの劇的な時代の変化に対して、
社会構造の変化スピードの速さに対して、
人それぞれの対応の「形=カタ」みたいなものが、イメージとしてそれぞれの内で
霧が晴れていく様に見えて来る年になる......と、そんな感じでしょうか。

2013年を準備の年とすれば、2014年は動き出した年。
これからしばらく続くであろう動き出した大きな流れの方向決定であった2015年と、
そんな決定のために様々な物事が混沌として、時に去ってもいく2016年があって。
それを受けた今年は、
そんなふうに依然続いている大きな流れの先にある未来世界で動いている個々人の
「リアルな生活イメージ」みたいなものがようやく?
多くの人に幻視出来てくるような年になるのではないか......と、
そんな感じがしています。
未来の自分の暮らしの「ビジョン」が見えてくる年......とでも言いましょうか。

そんな「ビジョン」というのはあくまで「イメージ」ですから、
やっぱり「幻」の様なものであって。
ソレは掴もうとしても掴めるものではないけれど、でも、それこそがマサに「火の鳥」

もし沢山の人に、激変する世界に対し漫然と湧き積もっていた
「大きな不安」の様なものがあったとしたら、そんな不安は
先々のイメージが見えて来ることによって少しづつ和らげられていくような年とも
言えるかもしれません。その意味合いで考えればとてもポジティブな年にも思えます。

そして、そんなイメージが多くの人の脳裏に浮かぶ、湧いてくる......
というような感覚は、また、コンピューターで言えば
新しいソフトをインストールする感覚にも似ている感じで。

「どこからか!?そんなイメージが頭に注ぎ込まれて来るのだー。。( ̄ー ̄;」

的な!?多くの人の脳に直接、
新たな時代における自分の在り様のイメージが入り来るような......そんな感覚。
そんな来年のイメージ。
神無月あたりから僕はそんなコトを感じていたりします。

「火」という言葉に関しては、必ずしも万人にポジティブなイメージとはなりませんが、
それでも「炎」は人類にとっては有益で、優れた道具でもあって。
時に知恵の象徴ともなり得るものでもあって。
使い方によっては......というものであって。
やはりユラユラと立ち昇り、消えて無くなる「幻」の様なものでもあるわけで。



今感じられている2017年のイメージというのはなんとなく、大枠、そんな感じ。



しかし、まぁ、どんな年になっていこうとも、個人的にはこれまでと同じように淡々と、
自分に負けないように過ごしていければいいなぁ......と思っています。
「星の時代」に向けての大流はまだまだしばらく続くとは思うので、
引き続き自分に出来るコトをやり抜いていけるように頑張って行けたらいいかな、と。
そんなふうに思いつつ、年末の日々を過ごしておりまする(^^)かしこ。



毎年、その年の「鍵」を示す様な「神ってる映画」というのがあったりするのですが、
2017年の公開予定作品にも、上記したニュアンスをとてもよく表現しているな......
と感じている映画というものが、やはりあって。それがこの
「攻殻機動隊=Ghost in the Shell=ゴースト・イン・ザ・シェル」
のハリウッド版、実写リメイク・バージョン。
ナント!スピルバーグ率いる「DreamWorks=ドリームワークス」の製作。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー


原作は言わずと知れた士郎正宗さんの漫画なのですが、
押井守監督が手掛けた1995年に公開されたアニメーション映画は、
世界中のクリエーターに衝撃を与えました。
その衝撃は今もってシーンにとても鮮やかに残っていて。
あの名作「マトリックス」も真似してしまった!という、オープニングから数分間の
デジタルな数字が上から雨の様に流れ下りて来る映像と音楽のインパクトは
現在も色あせるコトはなく。そんな不朽の名作が来年、ハリウッドで蘇るなんて......
それもこれも不死鳥の如く!?なのか。
フェニックス!?火の鳥!のごとく、なのか。
実際面白いかどうか?はともかく、
2017年の暗喩の物語として個人的にはとても楽しみな作品なのです(^^)

この物語が描く世界は、多くの人の脳に人口のチップが埋め込まれている様な未来世界。
電脳ネットワーク世界に人々が脳から直接アクセス出来てしまうという世界。
それぞれが望む色々なモノが脳に簡単にインストールできてしまうという世界。
リアルとバーチャルの境目が完全に無くなった人類社会。
そんな世界で人々はどの様に生きているのか?そんな物語。

主演はスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)さんで、
日本からもビートたけしさんがキャスティングされているそうで。
なんだか豪華なのです。



冬至の後日。クリスマスの日だったでしょうか。
富士山の上に出ていた「炎」の様な夕暮れ。
なんとなく......色々......感じさせられる空でした。

何卒!良い年になりますよーにぃーーー。。(*´3`)。。

今回は今年最後の記事となりますので、これまたいつもの如く、
「初詣」に関しての過去記事を以下にテキストリンクしておきます。
もし、お役に立つ様なことありましたら。どぞどぞ。

初詣小話

よい年の瀬おぉぉぉーーーーっ!(^^)/ アロハーッ♪
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スケール

2016-07-30 21:57:05 | 面白い...映画&音楽
「Game Of Thrones=ゲーム オブ スローンズ」
今世界で最もヒットしているアメリカ「HBOチャンネル」制作のテレビドラマシリーズ。
1話あたりの制作費は6億円以上。
1シリーズは基本10話。シリーズ全体では60〜80億円の制作費となるのでしょうか。
中世ヨーロッパ的空想世界を舞台とした、七王国の国取り乱世の物語。
エミー賞も総ナメ。ゴールデングローブ賞など他の様々な賞も。今や敵無し。
もう残り2シーズンで完結予定。
遅ればせな貴方は、最新シリーズが始まった今こそ見頃です!
......っていうことで、
現在放送中の最新シリーズ以前の5シーズン分を満を持して!
一挙に見てみたのですが......

このドラマ......

ヒドイっす。

お子様の目なぞあったら手のひらで覆っちゃいますのです。

戦国モノですからぁ!そこわもちろんですのよぉぉーーーっ!
......ってな感じでバンバン人は殺されちゃうし。
動物もバンバン死んじゃうし。
血みどろババーーン!の内臓ボボーーン!で。
首は飛ぶは、足は飛ぶは、手は飛ぶは、スプラッターなんて当たり前。
生皮まで剥がれちゃう。。(・_・;
でもって人は売るわ、買うわ、騙すわ、裏切るわ。
娘すらも殺すわ、息子も捨てるわ、兄弟姉妹はどこまでもいがみ合うわ。
親など死んでしまえ!
子供など捨て駒だ!
なーーんて。。
でもキレーなオネーサンはたーっくさん出すのだ!
それでもって全員惜しげもなく脱いじゃうのだ!
......てな感じで......
ま、そこはイイけど......個人的にわ.....(・ω・)

まぁ、エグイっす。

よくもまぁ、ここまでドロドロにしたもんだと。

お茶の間ドラマのタブーなぞおかまいないし。

三国志でも、日本の戦国モノでもここまでエゲツなくは無かったろーに。

そこへきて魅惑の!?
ファンタジーテイストがお口直しのスパイス的にアジテイトされていて。
海外のこの手のテイストではおきまりのドラゴンさんまで出てきちゃいます。
さらにわ巨人さんやゾンビさん達まで。わんさかと。
魅惑的な魔女さんまで出てきて、それわもうグッチャグチャのグリングリンで。
わけわからん。
そんな登場人物やキャラクターなんて次から次へ、出るわ出るわの満員札止め!
な状態で。誰が誰だか?全くもって混乱してしまう物語。


それでも.......


面白い。。


なんなんだ。これ。


人間の嫌なところを徹底的に見せつけるのが一つの確信的演出になっているのだけど、
ツイツイ見てしまう。
面白がってしまう。
罠にはまってしまう。


いかん。


ダメだ。


自分。


コレわ!?鏡なのか!?


ンン!?


しかし、多かれ少なかれ、
ヨーロッパではこのドラマに描かれている様なドロドロな世界、
歴史というのは確実にあったわけで。
個人的には地図を見ていると血の匂いがしてしまい、
ついつい敬遠してしまうヨーロッパって、
ヤッパリ血みどろの大地なのだなぁ......なんてあらためて感じつつも、
それはアジアにも日本にもあった様な歴史なわけで。。
こんな頃の世界と比べれば、
悲惨な出来事が毎日の様に起きている今のこの世界でも、
少しづつマシな方向に進んできている様な気もしたりなんかして。


でも、まだまだこの星から血のニオイはとれないのだろーか.....って。
見ていてなんだか妙な憂いも生まれちゃったりもするのです。


なんか、ひでーなー。。


人って。。


落ち込む。


でも見ちゃうのだ。。(。-_-。)ウーム。。


なんなのだ!( 」´0`)」オォォーイ!


で、ですね、そんな風にこのドラマで漫然となっちゃう気持ちを
なんとなく浄化してくれるのがこの漫画さんで。



「岳 ーガクー」
山登り大好き人間「石塚真一」さんが描いた漫画さん。傑作っす。
最初は友達にオススメされたのですが、とても良い漫画っす。これ。
「ゲーム・オブ・スローンズ=GOT」同様の悲惨でヒドイ表現も
沢山出てきたりもするけれど、でも、ソレはちょっと違った形で。
厳しく残酷な世界で生きるということの「なんたるか」を、
読む人それぞれの感性に委ねる形で表現してくれています。

読んでいると、なんだかとても山に登りたくなるのです。

来月は富士山に登ちゃおうかと企んだりなんかして。。

映画化もされていましたけど、そちらも、ナカナカ、地味に、良作だったっす。
しかしそんな「岳」のフィルムも「GOT」も含めて一番思うのは、
世界をマーケットにしたビジネスモデルとの制作予算の差。

このままでは、エンターテイメントに関しては日本は世界では絶対に勝てないな。

それに付随する技術やシステムも、絶対に勝てない。。

そこで勝つ必要なんてないのかもしれないけど......

でも、このまま漫然としていては、

この世界で働いている意味も無いよーな気もする。。



「そんなこと、何十年も前からわかってはいるけれど」



「ゲーム・オブ・スローンズ」の
テレビドラマとしてのスケールに触れてしまったりなんかすると、
今までとはまた違った感覚で、僕はまた真剣に、
色々なコトゴトに思いを馳せてしまいつつ......
梅雨明けの酷く暑い夏のひとときを過ごしているのでございます。
ポンポン(´-`).。oO



先日、行きつけの箱根の温泉さんに下がっていた風鈴さん(^^)

ドラマ「GOT」の原作は小説らしいのですが、
七王国」という設定にはとても神的なインスピレーションを感じます。
その理由はこの時記した記事のコメント覧のやり取りにサラッと書かれているのですけど。。
地球という星はまだまだ上!?を目指さないといけない星なのでしょうか。
このまま漫然としていては、この星で生きている意味も無いよーな気もするぅ。。
なーんて、どれもこれもムズカちいのですな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

KINGSMAN

2016-02-05 23:54:38 | 面白い...映画&音楽
もういいのでしょうかね。。
スターウォーズのお話。
劇場の空席もかなり目立ってきてますし。もう。


個人的にはちょっとむずかしい話題ですのね。
イチ、ファンとしてこの話題にふれるのは。
ちょいと難しいところなのです。なんだか。今作。。


そもそも生みの親であるジョージ・ルーカスが監督引退を発表した時には
「もう残されたエピソード三部作は作られないのかな......」
という状況でもあったので、
それが多くの人の尽力で(タブンそうであったろうと思ってます)
こうして奇跡的にシリーズがリスタートされたことは
ファンとしてはとても幸福で喜ばしいことではあったのですが、
やはり、内容が......
今までの作品群があまりに偉大であり過ぎたので、なかなか......
評価的なことは難しい感じで。
多くのファンが期待する水準に達していたか?というと、
とても表現が難しい線上に置かれた作品の様に感じておりまする。
勿論、個人的にわ。です。ええ。もちろん。

あれですかね、

「JJエイブラムス初の及第作!」

なんていう感じでしょうか。

「JJならこれくらい当たり前に作れるでしょう。
それ以上はあったかな?なかったかな?」

というところの作品なのかもしれません。
でも、スクリーンから一番感じたのは監督JJの並々ならぬプレッシャー。緊張感。
もう、張りつめてました。カットの隅々にまで。

「彼ほどの凄い監督でもこんなことがあるんだなぁ。。」

と、そこにはとても深い感慨みたいなものもありましたが、
今迄の彼の映画でこんなことなど一度も無かったと思うのです。
それが僕には結構インパクト大で。。
その彼の緊張感でもってゆとりある表現やカット、構図などは全くなし。
そうせざるをえないような脚本の長さ、内容だったのかもしれませんが、
とにかく全編一分の隙もなくビッシリ!
と文句の言い様のない完璧なカットや編集が連なってました。

「文句の言い様がない」

それこそが「完璧さ」であって、
それが出来ちゃうJJの凄さを改めて感じながらも、
同時にそこに、僕は彼のプレッシャーをズシリと感じていたのですね。きっと。
それをまた新進の俳優陣がものの見事に増幅してしまっていて。。
きっと監督と同じ様に緊張していたのだと思います。
そんなキャラクターへの感情移入も妙に出来なかった感じで。。

JJの凄さを見せつけたスタートレックなどではそんな完璧さの中に
しっかりと確信的な「崩し」や「叙情感」がちゃんと入っていて、
それは物語やスクリーンに伸びやかさとかメリハリを与えていたと思うのです。
それがスターウォーズでは全くなかった。


JJほどの経験値がある人でも、プレッシャーって、
自分が自覚できないところでちゃんとあるのでしょうね。。
難しいっす。


映画って、
あらゆる作品て、
創るのは本当に難しいものですね。


隙や隙間って、
とても大事に思えます。


完璧さも、
完璧さを目指す姿勢や精神もとても大事だと思います。


崩しも、とても大事なことなのでしょう。


崩された隙間には、
そこに入り込める何かがあって、
それは作品に必要な何か、なのかもしれません。



どちらもとても大事だから難しいのですね。
人に見せる作品創りって。


自分という人間作品が歩む道づくりも、
きっとそんな作品創りと似たようなものでしょうか。


難しいのですね。


ええ。


今回のスターウォーズからは見ていてまた色々と学ぶことが多かったのです。ホント。


そんなことも「星の時代」のメッセージなのでしょうか。。



昨年公開された多くの作品群の中ではそんなスターウォーズとは逆に、
緊張感が薄れてしまったのか?
もともとスキが無くハラハラドキドキも沢山詰まっていた作品が
回を追うごとに全く平たい作品になっていってしまった......
というようなものも幾つかあった気もしていて、
SFエンタメ大作系では「ハンガーゲーム」とかもその代表的なものとして
あげられるのでしょうか。。

このシリーズはなんだか中だるみが生じたまま「2」「3」と
作品がなだれこんでいってしまったという印象があります。
ファーストが素晴らしかったのでなんだかちょっと悲しかったのですね。
「ヒットするのか?ホントーに、、、??」
なんていうお偉いさんや資本系な方々の厳しく時に理不尽な裁判を通り抜け、
やっとの思いで懸命に創って世に出したであろう一作目。
それが予想外の大ヒット!
となった後の作品だったわけで......


本当に難しぃっす。

ヒット作って。

それはそれで嬉しい反面様々な十字架を背負うのですね。

複雑っす。


一方で、
そんなSFエンタメ系作品群とは丸々同じでは無いのですが、
エンタメ系でくくられる昨年の作品群の中では、
これまでどおりアイも変わらず抜群の輝きと大物!?
マイペースぶりを発揮した監督さんがマシュー・ボーンさん。
もう、今やこの人が僕のナンバーワン監督さんかもしれません。なう。
今回のスターウォーズでJJか?マシューか?
って個人的好き好き監督チャートなう!の頂上決戦が行われていたのですが、
マシューボーンの圧勝でした。
ほんとに。
凄いっす。この人。いま。
僕の大好きナンバーワン子です。



そんな彼の昨年の作品「キングスマン」
「キックアス」に続いてまたも完膚なきまでに喜ばされまちた(^^)
2015年で一番面白かった映画の一つ。
圧倒的に面白いエンターテイメントで、作者のぶれない、
ブットイ心の御柱(しんのみはしら)が一本ビシッ!と通った作品。

背広系の大きな圧力を見事に交わしながら
やりたいことを伸び伸びと表現しちゃう才知とタフな精神力。

大絶賛!です。

もう。大好きっす。マシューの作品。
ま、今回も、
子供とかお上品な彼女とかと見れるような映画ではないのですけど。。
でも、やっぱり、えぐいシーンも何故か漫画の様に軽やかに、
美しくコミカルに見せてしまう彼の表現力にはいつも感服いたします。



そもそも「キングスマン」とは何か?
キング=王たる、マン=男。
イギリスが舞台でもあるので「キングスランド=イギリス」の男とは、
紳士たる男とは、
というような意味なのかもしれません。もしくは、
「王統たる家を継ぐの男とはこうであるべきだ。。」
というような意味合いなのか。そんな感じのタイトルです。

主人公は若くて才能にあふれてはいるけれど、
人間的にはヤサグレタ、何事にも反発的な男。
彼は複雑ですさんだ母子家庭で育ち、
今も階級的社会の底辺でもがく様に暮らしている男。
そんな彼のトコロに一人の
「英国紳士然としたビシッとスーツを決め込んだ男」が訪ねてきて、
いろいろなことを少しづつ、
彼が大人になるにつれ教えていってくれます。
彼は荒ぶる若者にこんなことを少しづつ話していきます。



「Manners make it man―――――
マナーズ メイク イット マン―――――マナーが紳士を創るんだ」

「人は生まれた家柄で紳士になるんじゃない。
何かを学んで紳士になる」



若者は時々かみつきます。



「OK。じゃぁ、どうすればいいんだ?」

「そうだな。先ずは正しい礼儀を学ぶんだ。
次は、正しいマティーニの作り方だ」

「いいか。
紳士に大切なものは言葉の発音ではない。
自分に自信を持てるか、どうかだ」

「ヘミングウェイは言った。
他人より優れたものでなく、
過去の自分より優れたものが気高い、、とね」



この映画。
本編とは別に、最後の最後に泣かしてくれます。
ぶわぁぁーー(T . T)っと。
派手なクライマックスの後に、
黒バックのエンディングロールにこんな文字が浮きあがるのです......



「真のキングスマンとは何かを教えてくれた母キャシーにこの映画を捧げる」



要所要所でかかる素敵な音楽は、
Roxy Music(ロキシーミュージック)とDire Straits(ダイアーストレイツ)。
わかる人にはわかる!?エレガントなセレクション♪☆
ホント。
隅々までイカしてます(^^)

大ヒットにつきシリーズ化も決定したようで。
スターウォーズと共に今後も楽しみなタイトルなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アノ笑顔が

2015-11-13 19:49:26 | 面白い...映画&音楽
デニーロ良いっす。もうサイコー。
男は?も?
包容力なんでしょーか。なんだかんだで。究極。ほーよーりょく。
女性みたいな感じもしますが。ええ。
僕さんが一番持ってないものですわ。ええ。


包容力欲しい。。。

どっかで売ってないかな。ほーよーりょく。。

買っちゃうよ!(=゜ω゜)ノ

ほーよーりょく。。


なんかですね、
この前「マイ・インターン=My Intern」って映画を見たのでやんすよ。
アン・ハサウェイさんとロバート・デニーロさんが共演してるやつ。
以前見た「プラダを着た悪魔」が良かったのでその続編ぽい雰囲気を感じてついつい映画館に
行っちゃったのですけど......
良かったっす( ´▽`)

話は違えど「プラダを~」の時のメリル・ストリープさんに当たるポジションが
デニーロさんというキャスティングではないかと思いますが、
「プラダを~」の時同様、その配役はピタッ!とハマっていました。
アン・ハサウェイさんとのバランスもバッチリ。
役者さんとして名実共に......という明らかなる格の高さ。
もう感服でございます。デニーロさん大好きでございます。
「タクシー・ドライバー」の頃から。ええ。まったく。
お仕事を頑張ってる女性や
「俺はもう引退かな......」
なんて思っているビジネスマンさん達には是非とも見てもらいたいような一本でした。

も一つ記せば、
最近ではこの「ジョン・ウィック=JOHN WICK」もけっこう良い感じでした(^_^)



キアヌ かんばぁぁぁぁーーーーーーーっく!(=´∀`)人(´∀`=)
っていう感じがまた良かったのでございます。
最近はちょっとヒッソリ気味になっていた彼ですが、今回の作品は
僕が彼と出会った傑作「ハートブルー=point break」的なフィルムトーンとも相まって、
彼のキャラに無理なくハマった久々の好作。
ヤパーリこの人はアクションな映画が渋くハマると思うのでありまつ。
ハラハラドキドキでとても楽しかったっす♪( ´▽`)



しかし、なんでしょう......
2作は全く違う映画なのですが......
双方に共通する「要素」みたいなものを「あえて」ホジクリ出すとすれば、
それは「個」と「チーム」と「組織」の話とでもなるのでしょうか。
ちょうどこの映画を見ていた時期に会社のある部長さん(♂)と話していたことが
そんな話でもあったので、
それと相まってこんなことを思ってしまったのだと思いますが。。



インターンとしてベテラン社員のデニーロを迎えたアン・ハサウェイは、
大きな視点で見ると事業を「個」から始めて、それがチームになって、
チームが会社へと成長して、
さらに規模が大きくなって組織と呼べるようなモノになってきていて、
そんな「移行期」にどうしても起こりえる様々な問題に立ち向かっている話のようにも
見えるのです。

キアヌの物語の方は基本「個」対「組織」の完全対決!という構図ですが、
その中で「個」で立ち向かっているキアヌに絶妙な立場で味方する「チーム」が
物語に味や深みを与えていたようにも思えるのです。

うちのその部長さんはとてもクリエイティブな人で、
ある意味キアヌ的な個で組織に立ち向かう様な性分でもあるのですが、
彼が最近ちょっとハマっていた問題はその立ち向かい方であって、
相手がチームなのか?個なのか?組織なのか?
それぞれに明確な違い、特性というものもあって、
それによって取るべき方法には少しづつ違いがあるのではないか?と、
そんな部分にちょっと混乱している様に僕には思えていました。
その混乱ゆえの穴にスポッとハマってしまっている様な状況に見えていました。



ある晩、
彼の行きつけのお店で最近見たこの二本の映画を思い浮かべながら僕が彼に話したことは、
シンプルに「チーム」と「組織」の違いの話し。
その違いを見極めた上での「個」としての対応策。考え方。



チームと組織の違いとして誰もが明瞭にわかることの一つは、きっと規模や大きさ。
明確な人数というのはきっと決められないとは思うのですが、ドラッカーさんによれば
「7人ぐらいがチームの限界」
とは書かれています。
彼の著書にはその他にも組織とチームの長短所などがそれぞれいくつか明確に記されていて
とても納得させられるものでもありますが、
この時僕が部長さんに話したことはシンプルに一つだけ。それは、

「チームと組織とで最も大切にされていることとは一体何だと思う?」

という質問とその答え。
それは以前、僕自身が肌身に染みて世の中に理解させられたことでもあって、
その時の僕はソレを「飲み込む」まで少しばかり時間がかかったりしていて、
でもそれはとてもリアルな現実の話でもあって、
良い悪いは越えたところにある話だとも思っていること。
とてもシンプルな話。

「チームは目的の一致を重んじ、組織はその手段を重んじる」

ただこれだけのこと。
その部長さんはとても誠実で実直な人間性を持った方でもあるので、
チームの目的をしっかりと一致させて、その目的達成に向け皆を邁進させていたのですが、
そのことを組織に通していこうとする際に、
チームと同じように組織と自分達の目的を一つにするよう、させるよう、
多大な労力と神経を使っていました。
自らの目的の正当性と妥当性とを必死に組織に分からせようとしている状況にも
見えていました。

その事は一見するとまったくおかしいところも間違いもありません。
至極、まっとうな話です。

でも何かとうまくいかず、理解されず、苦労してしまっている感じ。
それぞれの目標や目的を一致させているチームが沢山集まっている組織においては、
その中のたった一つのチームの目的が組織全体の目的と一致するようなケースは稀です。
しかも、仮にその稀な状態が起こったとしても、
その全体の中には必ず反対派もネガティブな思いを持ったチームも出来てしまうというのが
組織なのだとも思います。

組織における業務目的の一致は不可能に近いことだと思うのです。
だから組織なのだと、それが組織なのだと思うのです。

そんな組織で重きを置かれていることというのはどーも、
目標や目的の一致より業務遂行における「手段」なのではないかと、
僕はある時、良き友人のアドバイスもあってそう思うに至りました。
組織の中で目的の一致を一人声高に叫んでも、時に
「あいつはおかしい。何か勘違いしてる、、」
などとなってしまうようなのです。どーやら。そしてそんな風に
「間違っている、おかしい、、」
とされているものとはよくよく考えてみると、大抵は「手段」のことだったりするのです。
僕は時々思うのです。

「テレビで見る最近の政治家さん達って、、
もしかしたら手段のプロフェッショナルなのかな。。政治じゃなくて。。」

なんて。
目的を一致させ優勝に向けてチームを引っ張る野球サッカーチームの監督さん達に比べ、
アレやコレやと言策を張り巡らせている球団社長さんやオーナーさん達がなかなか
クールに見えてこないのは、多分、こんな部分にもよるのだと思います。
手段を重んじてるなんてコトはちょっと伝わりづらいし、
「その手段てなによ!?」
なんて、外側から想像するのはとても難しいと思います。
個人の経験としてもチームというものよりは少々出会いにくいものであるとも思いますし。



その夜、そのスタッフさんとお店で話したのはそんな話。



組織相手に手段を軽視してチーム目的を振りかざしても嫌な気持ちを味わうだけだ......と。
たとえそれが正当なる目的であっても、
相手が組織である限り手段には留意して通していくべきだ、と。
組織は目的に正誤をつける前に、手段に正誤をつけてくる。
それは悲しくて悔しいし、組織というものの最悪なところで限界であるとも思う。
でも、
そこをわかっていればその組織を自らのチームの力に変えることも出来るのではないか、と。
ビールが回ってレロレロで話していたのはそんな話。

その時、
僕の頭の中にはロバート・デニーロのアノ、全てを包み込むような笑顔が浮かんでいました。

「あぁ、、こんな時にデニーロのようなアノ笑顔ができれば......」

と、

俺はマダマダできねーなぁー......

と、
そんな自分に対する強力な情けなさに苛まれながら、
気がつくと目の前のそのスタッフさんわ、
勝手に頼んでいたやたら高いワインを二本もカラにしてやがりまちた。。


ニャロォォ。。( ̄△ ̄;)オリガハラフノカ...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台と監督

2015-07-28 23:24:39 | 面白い...映画&音楽
ちゃんと覚えている、
僕が生まれて初めて見た映画というのは「ドラえもん」で、
親にネダッテ車で連れて行ってもらった記憶があります。

僕は埼玉県の片田舎に住んでいて、
そんな「映画」を見に行くとなると車や電車でワザワザ3、40分かけて
隣町まで出かけていくような感じでした。

それから映画はとても好きなモノになって、
何かと映画館に出かけて行ったり、
あらゆる映画をレンタル店で借りまくったり、と、
大好きなものから大切なものへと変わっていきました。
音楽と同じくらい僕に色々なモノを教えてくれた先生となってもくれました。


そんなワケで「この映画」が、未だ一番好きなのかもしれません(^^)


そんな子供の頃からずっと思っていたことが、
「自分の住んでる町に映画館があったらどんなにか良いのだろう。。(*´з`)」
なんていうことでしたが、
18歳で実家を出て、幾つかの地を移り住みつつも
映画館のある町には今まで一度も住んだことがありませんでした。

今住んでいるところも同様だったのですが、
それがつい最近、駅前の再開発の波に乗じて!?
とうとう念願の映画館が出来た!のです!
しかも最新の「IMAX=アイマックス」シアターで!ヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪


とても嬉しい!(*゜ー゜*)のだ!


お仕事帰りに、
帰宅途中に、
家でボケっと時間が出来た時に、
ちょっとポップコーンが食べたくなった時に、
チョイとムカついたことがあった時に、
コニャ(おくさん)が酔っ払って家をベラボウに占拠している時に、
歩いて数分のところに映画館がある!という幸せ。。。



なんたる幸せ。。



(T . T)ぶぇ



ほんにまぁ、嬉しいのでございます。
感謝感謝のエブリデイ。
ああ、神は私を見捨てなかったのねぇぇ......( ;∀;) クゥゥ



All the world's a stage,
And all the men and women merely players.
ーーーーーーーすべてこの世は舞台、男も女もすべて役者に過ぎない。



シェイクスピアの舞台「お気に召すまま」に登場する印象的なセリフ。
そんな近所の映画館で気になる映画を見ながら、
毎日を過ごしながら、
どういうわけか?
最近、フトした瞬間に思い浮かべる言葉。

僕の中にこのセリフに繋がる何かの思い、考えが漂っているからなのか、
それとも、
最近身の回りで起きている色々な出来事からこの言葉に繋がる何か?
を見出しているからなのか、
そんな事とは全く違う理由からなのか、
ともかく、最近、
不思議と頭に浮かんでくる言葉なのです。。

願わくば、
この言葉に隠れたる真意は、
主人公を演じているのは自我たる自分で、
舞台を用意してくれているのは「天」や「神」でもあって、
監督&脚本こそは真我たる自分......真の自分なのである......と。
すると、
作品の出来は監督次第なのだろう......と、
そんなことも考えていたりなんかするのです。

新築の香り漂う映画館で、
ポップコーンを頬張りながらコーラを飲んで、
体に良くない!?
小さな幸せを感じながら、
最近はそんなことをタマに思っていたりなんかするのです。





最近見た中で撮影や編集の手法に最も驚嘆した映画
「マッドマックス:怒りのデス・ロード」=「Mad Max:Fury Road」
CGが凄いとか、
最新の機材が凄いとか、脚本や俳優が凄いとか、
そういう部分ではなく、
純粋にカメラワークやカット割り、演出方法といった
基本的なスクリーンプレイのレベルの高さに圧倒されました。。

「いったいどんな絵コンテで撮り進めたのだろうか......見てみたい。。」

そう思うぐらい圧巻の映像でした。
1998年の構想開始から今年の公開までいったいどれくらいのことをしてきたのか.....
撮影現場では役者も含めてケンカが絶えなかったと伝え聞きましたが、
映像を見る限りそのタフな現場も良くわかるし。。
本当に「凄み」を感じる映画でした。

思えば、この映画がなければ「北斗の拳」も生まれなかったろうし、
ジェームズ・キャメロンやデヴィット・フィンチャーの作風も生まれなかったろうし。
メル・ギブソンもスターにならなかったろうし。

ジョージ・ミラー(George Miller)監督。
改めて凄いっす。。

でも......
こんな舞台と監督&脚本の人生だったら......主演は怖いな...( ̄ー ̄;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木星とバードマン

2015-04-15 00:01:00 | 面白い...映画&音楽
菊地凛子を世界中で一躍有名にした映画「BABEL=バベル
その監督さんの最新作だ!ってんでチロリと見に行ったのですね。



「バードマン -あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡-」
=「Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance」
監督さんは
「アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ=Alejandro González Iñárritu」

今年のアカデミー賞では9部門にノミネートされ4部門を獲得した。。
ということで一部では話題性もカナリ高かったのですが......
なかなかマニアックな!?仕上がりの映画でした。
カメラワークは勿論、音楽などは特に。。

もしかして監督「デスノート」とか見てる!?
なんて思ったりする部分もありましたが......
この作品に4賞とは......賛否両論も激しい!?感じもしますが、
アカデミー賞運営組織の骨太さや精神性、
セルフ・ブランディングの見事さにもこの作品同様敬服してしまいます。


作品の持つイメージを賞自体のパブリックイメージとして取り込んでいく。。


権威保持や金銭のために動き過ぎて、
影響力や良いイメージを失っていく賞レースさん達とは少々違う運営感覚に
組織プロデュース力の高さと孤高さを感じちゃいます。


ただ、
今年ももう3月が終わって、
これまでのところの個人的一番ちゃんは例によって......コレだったりして。。



「ジュピター」=「Jupiter Ascending」
ええ。ええ。
例によって、ですの。ええ。
大好きな「ウォシャウスキー姉弟=Lana & Andy Wachowski」監督。
マトリックスの。
とてーも偏った趣味性ですのね。わちき。ええ。( ̄ー ̄)

お好みの「3D IMAX」で見たのですが、
今回ばかりはスタートから数十分はなんだか脚本のチグハグさを感じるような作品で、
それでも途中からはドンドンと、
最終的にはやはり期待通りの作品に仕上がってはいました。
バウンド」や「マトリックス」以降はここ数作
「期待以上」という領域にはもうナカナカ乗って来てはくれないのですが、
やはりその作風自体が個人的にはすごく好きな監督の一人です。


地球も、宇宙の一地域にすぎない。
生命も、宇宙では沢山の星々に存在している。
それは当たり前のことで、
人類の創造主は、もしかしたら宇宙のどこかにいるのかも!?しれない。
地球にも身近なところに沢山いるのかも!?( ̄O ̄;)しれない。


彼らのそんなメッセージがこれまでになく「強く」伝わってくる作品でした。


何にせよ、
今年はJ.J.エイブラムスの「スターウォーズ」がもう楽しみでしょうがないのですな。
自宅から歩いてすぐのところにできる!新しい「IMAXシアター」で見るのが
今からとてーも楽しみなのでございます(^^)♪
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ええええぇぇ!?

2014-03-31 00:06:21 | 面白い...映画&音楽
「ソフトバンクのお父さんの声って誰だっけ?」



と、TVを見ながらフト思って、ウチのコニャ(おくさん)に聞きました。
すると......



「え!?知らないの!?伊武雅刀だよ!(^^)ニコニコ」



え!?Σ(-`Д´-ノ;)ノ

ええええええええ
ええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええええええええええええええ Σ( ̄ロ ̄lll)!?

んなわけねーーーーべよぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!

伊武雅刀(いぶまさとう)なんて俺が一番のファンなんだからよぉぉぉぉ!
だったらすぐわかるってんだよぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおっ!
なめてんのかぁぁぁああああああああああああああああああああああぁぁぁ!
こりゃぁぁぁぁあああああああああああああああぁぁぁっ!



と、ワンワンと吠えてみると、



「え?( ̄o ̄;) じゃ、じゃぁ、、調べてみてよ。ネットで。。違うかもしれないから。。。」



か、、、、
かもしれなぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいだぁぁぁぁぁあああああっ!?
ったりめぇーじゃねーかぁぁ!o(`ω´*)o
しらべったったるわ!こりゃぁぁぁぁぁぁぁっ!



と、調べてみると、



ほららららぁぁぁぁぁぁあああああああああああああっ!o(`Д´*)o
伊武雅刀さんじゃないやんかぁぁああああああああああぁぁぁっ!
北大路欣也(きたおうじきんや)さんだと書いてあるぞ!
ほらぁぁぁぁぁあああああああああっ!
コニャのあほぉぉぉぉぉ!
プンプゥゥゥゥーーーーン!



「あ!?、、ご、ごめんなさい。。声似てるから、、そう思ってた。。」



似てるダトォ!?
伊武雅刀だったら俺は「スネークマンショー」や
“俺は子供が嫌いだ!" の頃からの大ファンなんだから
声なんか聞けばすぐに分かるってんだい!
なんでぇ!なんでぇっ!なんなんでぇ!
ちっ!
わかったかいってんだ!ぷん!(*`3´)



「そう、、、、それ、なに? “子供は嫌いだ!" って?(・・?)??。。」



え!?Σ( ̄ロ ̄lll)

ええええええええ
えええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええええええっ!!Σ(-`Д´-ノ;)ノ

そ、それしらないのぉぉおおおおおおおおおおおお!?

お、
俺は子供は嫌いだ!を知らないのぉぉぉぉおおおおおおおおおおっ!?
あの、名曲ぉぉぉおおお!?!
しらないのかぁぁぁあああああああああああああ!?щ(゜ロ゜щ)マジッスカァ



「.......知らない......どんな曲!?伊武さん俳優じゃないの?曲なんて出してたの!?」



出してたんだよ。
すっげーのをさ。まぁ、歌!とは言えないけどな。。。
じゃあ聞かせてやるよ。You tubeとかあるべよ。きっと。
ちとまちぃや。。。カチャカチャ。。。。

カチャカチャ。。。

と、、

あった!

コレ!

“ 子供達を責めないで ” ってヤツ。

コレ!
見てみいや!

名曲だから。名曲。

これさ、秋元康なんだぜ。訳詞が。マジで。聞けや。
ホレホレ。。

最高やろ!?ん!?


ん!?


最悪!?


って?


。。むーん。。(o-´ω`-)。。。タシカニソウカモシレナイ...


――――――子供達を責めないで/伊武雅刀――――――
(作曲:H. B. Barnum、原詞:Ivan Reeve、日本語歌詞:秋元康)


私は子供が嫌いです

子供は幼稚で 礼儀知らずで 気分屋で
前向きな姿勢と 無いものねだり
心変わりと 出来心で生きている

甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする
オジンだ! 入れ歯だ! カツラだ!と ハッキリ口に出して人をはやしたてる無神経さ
私はハッキリ言って絶壁です!

努力のそぶりも見せない 忍耐のかけらもない
人生の深みも 渋みも 何も持っていない
そのくせ下から見上げるようなあの態度!

火事の時は足でまとい 離婚の時は悩みの種
いつも一家の問題児
そんなお荷物みたいな そんな宅急便みたいな そんな子供達が嫌いだ

私は思うのです!
この世の中から子供がひとりもいなくなってくれたらと
大人だけの世の中ならどんなによいことでしょう
私は子供に生まれないで良かったと胸をなで下ろしています!

私は子供が嫌いだ! ウン!
子供が世の中のために何かしてくれたことがあるでしょうか!?
いいえ!
子供は常に私達おとなの足を引っぱるだけです!

身勝手で.......足が臭い!

ハンバーグ エビフライ カニしゅうまい
コーラ 赤いウインナー カレーライス スパゲティナポリタン!
好きなものしか食べたがらない
嫌いな物にはフタをする
泣けばすむと思っている所がズルイ! 何でも食う子供も嫌いだ!

スクスクと背ばかり高くなり  定職もなくブラブラしやがって
逃げ足が速く いつも強いものにつく

あの世間体を気にする目がいやだ!
あの計算高い物欲しそうな目がいやだ! 目が不愉快だ!
何が天真爛漫だ! 何が無邪気だ! なにが星目がちなつぶらな瞳だ!

そんな子供のために私達おとなは何もする必要はありませんよ!

第一私達おとながそうやったところで一人でもお礼を言う子供がいますか?
これだけ子供がいながら一人として感謝する子供なんていないでしょう?
だったらいいじゃないですか!
それならそれでけっこうだ!
ありがとう ネ!
私達おとなだけで刹那的に生きましょう ネ!

子供はきらいだ 子供は大嫌いだ! 離せ! 俺は大人だぞ!?
誰が何といおうと私は子供が嫌いだ!
私は本当に子供が嫌いだ~~~!!



伊武雅刀さんと言えばこの「スネークマンショウ」も忘れがたきアイテムですな。ええ。
色々あるけど、、今、ゴソゴソと、、CD棚で見かけたのわ、、
「YANKOMARITAI」......「やんこまりたい」......

イチイチ、シビレテました。(*´▽`*)スゲー!

しかし、
いまこんな曲......TVじゃ出来ないだろぅなぁー。。
スゲー時代だったというか、貴重な時代だったというか、なんというか。。
YMOがクールで「サブカルチャー」なんて言葉がキラキラと舞っていた時代。

今聞いてみると、
子供と大人の距離の近さを感じる、な。なんだか。今よりも。。。
地域間の厚みのある人間交流みたいなものも感じれてしまうというか。なんというか。。

距離があると言えなかったり、
言えば大問題になってしまったり、
はたまた、言う方に「言える様な資格」がある様に思われていなかったり......と。。
ソレが親子の間でも!??学校でも?
会社?社会?メディア!?は?
......今は......どんな時代なのかなぁ、と。

秋元さんがこんな歌詞書いてたなんて......AKBファンは知らないだろうなぁ。。
スゲーなー。これ。
(o-´ω`-)む~ん。。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

悩ましいのだ。。

2014-03-03 01:03:44 | 面白い...映画&音楽
サザエさんやドラえもんさんの様に
「KICK ASS=キック・アス」の「HIT GIRL=ヒット・ガール」さんというのは
出来れば成長して欲しく無い永遠の萌えキャラなわけなのですよ。ええ。
僕にとってわ。ええ。
映画「キックアス 2」を見たらしっかりと成長している彼女に
ちょっとばかりセツナクなったりなんかしまして。。

「ひっとがーるぅぅぅーーーっっーーっ!o(* ̄○ ̄)ゝ ソナタオコノミデスノヨーッ」

勿論イイ感じではありましたけどね。彼女。勿論。そこわ。
クロエ・グレース・モレッツさん。ええ。

それでもって「ホビット ― 竜に奪われた王国 ―」なんて
3D IMAXドドーン!と見ていたのに、まるでTV番組の様に

「また来週ぅーっ!おたのしみにぃーっ!」

......ってな終わり方しちゃうし。。

「うえぇっ!(;゜0゜)こ、ココで終わっちゃうわけ!?マジっすか!?」

......みたいな。。

だいた~いやね、どうも西欧の物語というのはですね、
僕の大好きな「龍神」さんを「悪者」扱いする風潮があったりしてですね、
「ホビット」さんでも最凶&最悪で最強だぜ!ってなキャラクターで、
罪も無い人々をバンバンとやっつけて世界を荒らしまくったりするのですけどね。
まぁ、しょうがないですわな。
「西」と「東」では全然文化も違いますものな。。(o-´ω`-)ウムウム。



以前、スタジオで教会の牧師さんでもありミュージシャンでもある
恩義ある男性アーティストの先輩とお互いに大好きな「屋久島」談義をしていた時に
とても印象に残っている話しというのがあって、
それが「西洋と東洋における宗教の違い」についての話し。

屋久島という島のあまりの神々しさに
「心底感嘆しちゃうよねぇぇ。。」
なんていう会話の中から、なんとなくそんな方向に行って、
牧師さんでもあるその「JT」さんの意見に僕が興味深く聞き入っていたような感じ。
JTさんは自らの生家でもある教会のキリスト教に関して
こんなことを言ってました――――――



「あのさ、キリスト教って砂漠の国の宗教のようにも思えるんだよね。
砂漠なんてさ、何かの種をポンと撒いても絶対芽なんか出ないしね。
水の無い死の世界。
そんな世界ではさ、もう生きる事自体が大変で、修行の様なもんでね。
だから宗教の教義とかにも根源にはそんな絶望的な環境や
自然に対するようなものが含まれてるんだよね。

仏教とかってさ、雨の降る肥沃なアジアの大地で生まれて広まったものだからさ、
だからその教えの根源には “無になれ“ とか、
“全てを捨てなさい” みたいなものが有ると思うんだよね。
贅沢なんかするなよ。。みたいな。

でさ、キリスト教ってその逆でさ、
タダでさえ何も無い痩せた土地だし、
緑の木々が生えて水がある所なんて “オアシス” なんて呼ばれるし、
だから教義の根本には
“あなたは既に全てを手にしてます......” ってなことがあるんだよね。
そうでないとさ、大変なんだと思うんだ。生きるのが。
希望が持てなくて。

宗教ってやっぱり人々の希望にならなくちゃいけないから。
だから教義はいつもその宗教が生まれる環境とは逆の方向に成っていくというか。。
その環境に足りないものを補っていく方向というか。
だからね、枯れた大地では“目を閉じなさい” “想像しなさい”
“あなたは既に全てを持ってますよ......” と。。ね。
“全てを捨てなさい......” なんてとても言えないと思うんだ。
そんなんじゃ支持されないしね。
そこが仏教とキリスト教とで正反対でさ。
なんだか面白いよね」



今更ですが、確かに面白い話しで。
個人的には「まったくその通りだな」とも思う話しです。
「仏陀=ブッダ」は一国の王子様で豊かな暮らしからスタートしてたし。
「イエス」は馬小屋!で生まれてたし。



そしてもう一つ面白いことに「龍=ドラゴン」という聖獣の存在は
洋の東西を問わず同じ様にあって、背中に「羽」が生えていたり、いなかったり、
手に「玉」を持っていたり、いなかったり.......と。
その形象に地域地域で多少の違いは有れど
その姿はマッタク同じ様なイメージで存在しています。

以前もこの記事で「やや詳しめ」に書きましたが、
太古の昔から大自然の「エネルギー」というのは常に「ウネリ」や「螺旋」
「渦」のようなものでもって人々に感じられたり、表されたりして来ていて、
そんな強大な自然エネルギーはそんな事を敏感に感じとることが出来ていた人々によって
仲間に伝えやすい様に「形象化」されたりもして。
その形は自然と蛇や龍などのウネリを表しやすい「長モノ」的形象になっていったり......

そんなワケで「龍」というのは古来より地球や自然の強大な力、
エネルギーを象徴するモノとして世界共通で創造されたり、
語り継がれて来たりしてるように思います。
「ホビット」のドラゴンさんのように「火」を噴いたりなんかするのも
西洋では「火山」のイメージなどとも重ね合わせていたりするのではないでしょうか。

「龍=自然界のエネルギー」

ということでしょうか。。

もしくは、

本当に存在する!?のでしょうか。。

雨が多く、肥沃な大地で作物も緑の木々も広くよく植生することが出来る僕等の住む
中緯度の東アジア地域というのは、生命が生きるのにとても恵まれた土地なのだと思います。
そんな僕等の住む地域では大自然の力というのは「寄り添うべき」偉大な力であって、
大いなる恵みを頂いたり、利用させてもらったりするような力でもあって。
だから自然というものに対しては「生活のパートナー」というような意味をも含む
畏敬の心が育っていって、
その象徴でもある龍さんというのは恐いけれども「味方」でもある
偉大な存在となるのでしょう。

一方とても乾燥して居る原初キリスト教やユダヤ教が生まれた地域......
エジプトからアラブ一帯、地中海東岸辺りのとても乾燥した地において、
そんな「自然」というのは、
生きる為になんとか克服すべき、乗り越えるべき「試練」の様な存在でもあって、
そんな「厳しい自然」の化身ともなる存在......「ドラゴン」というのは、
乗り越えるべき障害や敵の象徴の様に思われてしまうようなコトも、
西洋ではごく自然な成り行きなのかも知れません。
寄り添うより調伏、征圧!
住みやすいように造り変えてしまえ!
......なんてなるのも自然なことなのかもしれません。

映画「ホビット」に登場する荒れ狂う悪者のドラゴンさんも
そんな風土から生まれた方の「龍」さんで、
僕等の地では大自然を司る恵みをもたらす神様でもあって......
僕の様な「龍神さん好き!」からするとちょっとした違和感など感じつつも、
なんだかそんな文化の違い、成り立ちはとても興味深く、面白く感じたりもします。



さてさて、
「いいところぉぉぉーーーっ!ヽ(゜∀゜)ノ」
......で
「マジっすか!?」
の「続く。。」となった「ホビット」シリーズは、
しょうがないので次回作まで楽しみ♪に待つこととして、
「キック・アス」の今後は......もちっと......考えることとしましょうか。ね。。
ぱふぱふ。。(´・ω・`)ナヤマシイノダ...

ヒット・ガール LOVE!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うま

2014-01-02 00:23:36 | 面白い...映画&音楽
明けました!
おめでとうございます。

新年を当たり前の日常としてこんなふうに迎えられることにとても幸せを感じます。
感謝なのだ!♪( ´▽`)
今年も頑張るのだっ!!


今年は「午=うま=馬」年さんですか。。


便宜的な記号でもある「干支=えと」に「無理やり」
何か深すぎる意味を見出そうとするようなことはナンセンスで意味のないことですが、
そんなことも含めて昨年の頭や末にチョロっと記していたお話......

「ウネリ」や「螺旋」、
それは「蛇」や「8」でも現される強大なエネルギーの充足と捻れ、閉じ込め―――――。
そんなエネルギーは内に強くあるのに
動いている様で動いていない、停滞しているかの様な焦れったい状況――――――――。
でもそんな昨年の「蛇年」というのは
もしかしたら色々なことを勉強したり学んだりするのには良い年で、

今年はそんな状況、内に溜めたエネルギーがお馬さんに乗ってドドドド......っと
走り出す年なのでしょうか。。

せっかくですから良いお馬さんに乗りたいものですな。。ポンポン(・ω・)



「ショーシャンクの空に=THE SHAWSHANK REDEMPTION」
忘れえない、僕の中では最高の映画の一つです。

無実の罪で刑務所に長い年月服役してしまうことになった主人公の男は、
高く聳える、絶望的な塀の中で、
「それでもいつか必ず外の世界へ出て行く!」
と願い、信じ、動き続けます。
彼の積み重ねる毎日はそんな「嘆きの壁」の外に出て行く為に、外の世界で生きる日の為に、
諦めずに粛々と織り連ねられてゆく日々。
同じ様に絶望の中で生きている多くの牢獄の仲間達には
「そんなことは夢物語だ、馬鹿げたことだ。。」
と揶揄されて、疎まれて。それでも彼は、
ひたすら塀の外の世界で生活することをイメージしながら不自由な毎日を生き抜きます。

色々なことが起きて、あって......
幾人かの仲間達とともにある日彼は念願の塀の外の世界へと......
それは、塀の中で人生を送っていた者達にとっては
「自由で光に満ちた世界であるはずの世界」に躍り出ました。
そして、その時、それぞれに......
それぞれが塀の中で過ごして来た時間、考え、心、現実が突き付けられていきます―――――

――――――――そんなお話。



この映画を見ると、
自由や希望、そして、時に人としての尊厳のようなものまでも奪って行く
高く聳える絶望的で圧倒的な刑務所の壁、システムというものが、塀の外で

「おいらわ自由だぜ!ヘイッ!(*`へ´*)ノ」

......などと思いながら暮らしている僕にも
全く関係の無い世界の話とは思えなくなって来てしまいます。
それは、正確に表現すると

「もしかしたら!?実はこの世界ソノモノが既に牢獄なのではないか。。。!?」

という感覚。錯覚。。

「もしかしたら!?当たり前に思っている今いる環境ソノモノが、
自らの思考や嗜好そのものが?
既に牢獄なのではないか。。。!?」

という気持ち。。

家。家族。友人。知人。仕事。職場。会社。
自治体。都道府県。日本。国家。世界の国々。
社会主義。民主主義。資本主義貨幣経済。宗教。哲学。文学。数学。物理学。。
大地。水。風。空気。空。大気圏。。。地球。。。重力。。。

逃げようとも、逃げれない、高い絶望的な壁のようなこの星の重力。。

もし地球の外に出たら、即死んでしまうような......この体。。

もしかしたら、不自由の象徴かもしれないこの体。。

牢獄の象徴かもしれないこの体。重力。。



もし、
そんなことがあろうとも、
この体一つ、
お馬さんに乗って、この星の向こうに、重力の彼方に、
パカパカと走り出して、
きっと、必ず、全てのモノから解放される、
そんな自由を感じるために。
そんな真の自由を手にするために。

もしそれを既に手にしているのなら、
それを再び、深い感慨と感激と、愛と尊厳を持って「再発見」するために。
共感と一体感を持って誰かと、何かと共有したいがために。



この映画は、原作は、
幾つか大事なことを伝えてくれているように思えます。
それは、
「未来を描いている人だけが、ちゃんと未来へ行ける。。」
ということ。
「塀とは何なのか?その塀の外を君はちゃんと見ているのか?」
ということ。



お馬さんに乗って走り出すのでございます( ̄^ ̄)ゞキリリ

よい新年をお過ごし下さい(^_^)



沢山の白馬さんが空を駆けている!?かの様な年末年始の空。。



真ん中にはフェラーリの跳ね馬マークみたいな白馬さん!?も。。
みんなの家に新年の挨拶にでも行っているのかな。。

雲は相も変わらず、完璧な姿です。(^。^)

誰かが決めたお正月。
宇宙や地球のリズム、サイクルで考えると
「冬至=1年で最も昼が短く、夜が長い日」の翌日がお正月にピッタリの様な気がしますが......
その日から昼の時間が毎日少しづつ長くなっていくわけですし。。
今年も「再発見」しなければいけないことは沢山あるように思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラウド アトラス

2013-05-25 13:03:07 | 面白い...映画&音楽
「いつやるの? 今でしょ!」


なんだか、流行ってますなぁ......


今......IMA......いま......


......劇場公開も一段落してDVDもレンタル含めて出そうですから
「今が書き時?かなぁ。。」
と、昨年から個人的にとてーーも!
楽しみにしていたウォシャウスキー姉弟の最新作映画「CLOUD ATLAS=クラウド アトラス」

原作はデヴィッド・ミッチェルさんのベストセラー小説で、
それを豪華スターが一人6役!!を演じ、
さらに!同時に6つの物語を!並行して紡いでいく......というトンデモナイ!?
脚本で映像化されていました。
「ラン・ローラ・ラン」の「トム・ティクヴァ=Tom Tykwer」監督も制作に加わって、
なんだか強力な制作布陣。全米での評判は......



「ややこしくて難しくて長い......」

「前評判はすべて正しいが、不思議な感動を覚える映像叙事詩だ」

「たとえ “興行失敗” で終わったとしても、そのチャレンジ精神だけは高く評価したい」

「将来の誰かが “クラウド アトラス” を通じて誰もが歓呼できる
新しい映画ジャンルを構築し、映画史に残る人物になるかもしれない」

「2012年最悪の映画だ」



......(@。@)ヒィィィィ!
賛否両論!?実験作!?
興行的には会議室の会話がちょっと気まずい雰囲気に!?なるような感じ。
でも個人的には......



良かったっす~!(●´ω`●)/
じみーーーーに、
じわぁーーーーーーりとぉぉぉぉ、よかったっす~。。



個人的には今の所今年のナンバーワン子!でございます。
ハイ、マニア向け!?
批判は甘んじて、受け子受け子......( ̄。 ̄;A)アセアセ...



お話としては冒頭にも記した様に
「時空を越え繋がって生きる多くの人々、魂の関わり合いの物語」で、
嘘か?誠か?「縁」とは何か?
そんなものが本当にあるのか......?
そんなことも「静かに問う」様な、そんなお話。
そんなテーマ自体が根本的に持っている性質も含めて
本当に色々な解釈や評価や感想がある、
分かれる映画だと言うことは間違いの無いことなのでしょう。
ただ、そんな「命を永遠と定義」して、
その永遠の命の輪廻とそこにある意味を真摯に追求し描こうとすると、それは常に、
どんな物語でも、
「今」ということの意味の重さやソレを考える事の大事さ......
なんていう所に戻って来てしまうのではないのかな、と、僕には思えました。



「今をどう生きるか?」



それがこの映画に幸か不幸か?
偶然か必然か?
意図してか?しなくてか?
宿ってしまった「もう一つのストーリー」のようにも僕には感じられました。
きっと監督や役者さん達はそんなことは全く考えずに作っているの「かも」しれませんが、
一観客として見ていた僕としては、結果的に、

「今とは何か?」

を、静かに問いかけているような映画になっているように感じられました。

「それわ考え過ぎだぁーよ!おたく!」

......はい~...(((;´ω`)......
そうだとも思いますが、そんな風に「静かに思えた」所も、
実は僕がこの映画をなんだかとても好きな理由なのです。



アインシュタインが相対性理論で解き明かした「時間」というものの実態は、
実は一定では無く変化するものでした。
動いている人と、止まっている人では流れている時間が違う。
ソレゾレで皆、違う時間が流れている......
そんなこと。

そして実際に、
そんな時間における「今」という一瞬の「過ぎ行く瞬間」を表そう!としても、
時間を短く短く短く......刻んでいって、
0.0000000000000000000000000000000000.......1秒として、
そんな風にどこまで短くしていったとしてもソコには必ず「長さ」が残ります。

「一瞬とはあくまで時間の長さである」という事実はどこまでも全く無くなりません。

だから時間というのは物理学的にも今のところ!?
それが逆戻りも、先送りも出来ないのと同様に、
「今」や「一瞬」として部分的に切り取る様なことも出来ないのです。

物理的に「今」とは、
「今という時間」「瞬間」というのは、
ソコに立った瞬間にもう次の瞬間に移ってしまうという......
そんな刹那のことであって、泡のようなもの。
「決して掴めない」「存在しないことに等しい」ようなものであり、概念。

だから、
「今」を感じるという事も実はとても難しいことなんだと僕は思うわけです。

それでも僕らの意識の中では「今」というものは確かにある。。。
ソレはソレで、じゃぁいったいどういうことなのさぁっ!?(´・_・`)と。

それはきっと、
「今とは存在そのもののことなのではないか」
と僕には思えます。

僕ら一人一人が存在しているその事実と瞬間、
その瞬間ソノモノが「存在」ということなのではないかと思います。

そんな自らの存在を自身でしっかりと感じることが出来たなら、その瞬間が......
それがまた「今」というモノに成るのではないかと思います。



「今 = 瞬間 = 存在」という等価変換のイメージ。。



「クラウド アトラス」は輪廻転生というテーマを描く映画ではあるけれど、
そんな「転生」というものを描けば描く程......

時に後悔という気持ちが湧いてくるくらい過去を振り返れば振り返る程......

時に不安という気持ちに苛まれてしまうほど未来を見れば見る程......

そんな風に自分がなればなる程......

問題や現実に追い込まれれば追い込まれる程......

結果的に、最終的に、
自分が力を及ぼすことが出来るのは「今!」しか無いのだ......
という答えに立ち戻ってしまうということを改めて思い知らされる映画の様に思えました。
偶然なのか?結果的なのか?
そんなことも描いている映画の様にも僕には思えました。



「今=自分の存在」とは何か?を再確認させられるような映画。考えてしまう様な作品。



意外に!?面白かったところは、
一人6役の俳優が誰がどの役を?何処でやっていたのか?
それが最後のエンドクレジットを見るまでは「全ては」分からない......というところ。
僕も見ていて一部しか分かりませんでした。
それを最後に発見出来るのもなんだかちょっと楽しかったです(^^)!!
そんな部分も、鑑賞中見る人はその役者さんの「劇中における今」に集中して見ているので、
「結果」そういう楽しみ方にもなっているのかな......とも思いますし、
そんな風にして映画を見ていた自分自身というのを、
映画の最後の最後で「客観的」に省みさせられる!?ような感覚も湧いて来ます。

そしてまた、そんな感覚というのは凄く「神」的視点!?感覚?
みたいなことのようにも感じさせられて、
「もしかしたら」そんなことも意図して創られているのかも!?しれません。

ウォシャウスキー姉弟?兄弟?らしく、
美しい映像の裏にとても深遠なテーマを隠した作品に僕には思えます。

そんなこんなで僕は「静かに」好きな映画です(^^)



いつも映画を見に行く横浜、桜木町「みなとみらい」にある「109シネマズ」
「クラウドアトラス」もここで見ました。

ここのロビーからの景色はなんだかとても気持ちよくて、
開演前の待ち時間も心地よく過ごせます。
コーヒー買って、ポップコーンのデカイのを買って......バターが無いのがタマに傷。。

「みなとみらい」は開発ラッシュが続いていて、もう何処までやるの!?横浜さん!?
ってなくらい長いこと、毎日、来るたびに変り続けてます。。
神戸港2つ分以上!の大きさは優にあります。
凄い予算だなぁ。。ホント。。凄いです。。開発が止まらない。
このまま開発が進むと完全に日本の上海?と言うより香港かなぁ......のように成っていく感じ。

左の方には日産本社ビルと
マリノスの広い練習グラウンドやクラブハウスなんかも見渡せて、
中村俊輔も練習していたりして。。小さくてよくわかんないけど!
......大好きな映画館の一つです(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまだテルマエ

2012-08-16 01:13:23 | 面白い...映画&音楽
「アベンジャーズ」を3Dで見てきました。
豪華絢爛。派手。楽しい。
エンターテイメントとして何の不満も無い作品でしたが、
僕の中での今年一番は......
今日の時点では未だ「テルマエ・ロマエ」でございますな。はいー(´▽`)ノ



もう昨年の話しになりますが、読んでいてとても面白く、
「是非映画にしてほしい!!コレ!」
と強力に思うような本に出会いました。
高野和明さんの「ジェノサイド」。
各所で話題にもなっていたかもしれませんが......コレです。



出来ることであれば、この本に関しては「テルマエ・ロマエ」的な方向ではなく、
「アベンジャーズ」の様なハリウッド・ライクな、というかハリウッドで、英語で、
インターナショナルなキャスティングと公開規模で作って欲しい......と思う様な作品でした。
日本の小説でこんな風に思える「スケール感」のある作品というのは
なかなか思い浮かばないのですが、
そう言う意味でも僕にはちょっとした衝撃と嬉しさを喚起させてくれた作品です。

著者の高野さんは元々ハリウッドの映画制作業界から日本のテレビ番組制作業界と、
映像畑を渡り歩いてきた人らしく、なるほど、
読んでいてカメラのフレームワークまで見えてくるような描き方をするわけです。

高野さんによると、この作品は二十歳の頃から二十五年以上もの時間をかけて
構想を練ってきた物語のようなのですが、
地道な生活を送るイチ大学院生の生活世界と世界を動かす大国の軍部や政治の中枢世界。
薬品開発に関わる小さな研究所世界から大きな利権や欲望が渦巻く大国や大企業の裏世界。
真の世界像と、支配階級に都合の良い様に統制される情報がもたらす世界象。
東京都町田市の片隅にあるアパートとアフリカ、コンゴの密林......等、
大きなギャップのある様々な対極構造の中を行ったり来たりする話しが
同時にパラレルで進んでいく感じ。
その辺りのスケール感はまさにハリウッド映画向き。

そして、エンターテイメントなのにとても強い「リアリティ」もあります。

何故だか!?
作者の日本に対してのネガティブな解釈やニュアンスの多さや、
配役における民族の配置に関して感じてしまう強い主観......等々、
ディテールにこだわるのであればきっと多くの批判も出てくるような作品とも思いますが、
直木賞、芥川賞を狙う!というわけではないと思いますので、
楽しむのには必要十分のディテールと世界観だと僕は思います。

そんなこんなで、僕的にはこの作品は
「ハリウッドで是非に......」
となる次第でございます。
「アベンジャーズ」に一々ディテールを突っ込んでいたら大変ですし(^^)
細かいことは抜きで、想像力があって、スケールが大きく面白ければ最高!
これは、きっとそんな解釈で楽しめる小説。
映画化してくれないかなぁ......楽しみに待とおっと。

あと、「プロメテウス」も面白そう。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加