雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

ガラスの靴の物語

2017-04-28 00:13:08 | 不思議...パワスポ寺社
「◯◯◯の魂を宿した人が2014年の1月に生まれると言ってるけど......」
「ハワイ島のアル教会に生まれたらしいよ......やっと......」
「その人は、今後、この星にとって大事なコトを成していくハズらしいのだけど......」



もう数年前。
めっぽうブリリアントなチカラを持つ横浜に住むプリリンなおねーさま
神様からそんな言葉が降りて来て、何故だか!?僕は、成り行きで!?
そんな御霊(ミタマ)を宿すベイビーさんに会いに、
広大なハワイ島をグルグルと回っちゃう......なんていう様なことがありました。



バカな話です......(*´ω`*)ぽふーん......



ここから先はドン引きしない方だけ進んでみてください。ええ。ええ。
トテーモ悪しからずで......(´ω`)にょふーん......



このブログの読者さんであれば既によくわかってくれているとは思いますが、
ハワイ島は僕さんキッテのお気に入り!アイランドでして。
愛してやまないコナ・コーヒーさんの産地でもありますし。
そんなこともあって、数年前、
「あの島なら......スーパーありえる話やな。。うん。うん。」
などと、狐につままれ、タヌキに騙され、自分の頬を指でつねりながら、
清水の舞台から飛び降りる気持ちで、噂の教会!?を探しに、
僕は島の探検に繰り出したのでした。

「教会の牧師さんは、イギリス人らしいの......
生まれたばかりだから、まだ赤ちゃんのはずだけど......」

情報はそれだけ。

ホテルの中にある様な教会も含め、広いハワイ島の中に果たして幾つ?
教会があるのか?は、正確にはわかりませんが、偶然が偶然を呼び、
日本とハワイの神様達の強力な後押しもあって、
兎にも角にも僕は奇跡的にその教会を探し当てることが出来ました。
辿り着いてみると、驚くことに、その教会は本当に!
イギリスから移住してきた牧師さんの一家が営んでいたところで。
最初、教会のドアをノックしてみたのですが、一家はお出かけ中の様子。
なので、然りげ無く、
怪しまれない様に近所の人達に家族構成を聞いて回ったのですが、ナント!
本当にお子さんが生まれたばかり!!!......なのだと......
日本から遠く離れたハワイ島の「イチ」教会の、イチ家族の、
「そんな事」までわかってしまう神奈川県の片隅に住むプリリンなねーさんの
降ろす言葉の正確さに心底驚いたコトを、僕は今でも鮮烈に覚えています。



「ねーさんや。。本当に教会あったぞ。。。」

「えええっ!?ホント!?すごいねーーー(^_^)ホントだったんだー。
赤ちゃんには会えた?」

「いや、それが留守なんだよね。。なう。
ちょっと、今どこにいるか赤ちゃんに聞いてみて。ねーさんなら話せるでしょ。
近くなら探すから」

「わかった。ちょっと待って......
......今ね、家族旅行中で今日は帰らないんだって。そこには。
でも来てくれて本当に嬉しいって言ってるよ(^_^)また会いたいって」

「マジか!?そーかー。。じゃぁ、また今度だな。
ま、場所がはっきりわかっただけで十分だな。今回は......」



♪♫$#%€£!!どどどどどっdっpどどdpdpdpどどどおどどどどーーーーんんn!!



「ねーさんや。。( ̄◇ ̄;)」

「なに?」

「か、雷が目の前、、すぐそばに落ちた......( ̄O ̄;)......き、急に.......空が......
街中が停電した......信号も消えちゃった........」

「あら!?そう!たいへーん。。つか、大丈夫なの!?」

「だ、大丈夫......みたい。ちょっとビリビリしてるけど......」

「そう。よかった。でもすごいね」

「こりゃ、今回はココまでっ!......って、コトだろーな。うん。今日は切り上げるわ。
命の危険を感じるし......
またいつか会いにくることになるだろーしな......うん。帰るわ」

「そーだね(^_^)また来て欲しいて言ってるよ。すごいねー。
お疲れ様ー。気をつけて帰ってねー。確かめてくれてありがとー」



————————少し前。
「Gut Feeling」というの記事の中で記した「ガラスの靴」の話というのは、
実は、この数年前のハワイ島での出来事から始まりました。
神々から言われた教会を探して島をグルグルと回っている時、
その途中の道すがらから、このお話は始まるのです——————————



時刻は未だ朝、7時ぐらい。真っ青に晴れ渡った南国のクリアな空。
コナ・コーヒーの母なる山「マウナ・ロア=長い山」も綺麗に見えています。
僕は教会を探して、「カン」だけを頼りにドライブ・ウェイをブンブンと飛ばしていました。
目前にはハワイ諸島最高峰、標高4205メートルの「マウナ・ケア=白い山」も見えて来ます。
その名の通り、南国の島の中で白き雪を頂き、雄大に聳える偉大な女神様を宿す霊峰中の霊峰。



その霊峰の直下。白い頂(いただき)のすぐ傍を抜けるドライブ・ウェイを走っている時。
道から少し入った所にある小さな石積みの祭壇がチラリと僕の目に留まりました。
僕は車に急ブレーキをかけ、道端の空き地に停め、ドアを開け、降り、そして......
そのあまりにも美しく、雄麗な風景にしばしの間釘付けとなります......



祭壇の前には一人、大柄な、
いかにもハワイアンと言った薄茶色の肌をした女性が裸足で立っていて、
黙々と、霊峰マウナケアに向かって「舞」を捧げていました。
彼女の髪は銀色に美しく輝いていて、長く、
背中をまっすぐに通ってカカトのあたりまで伸びていました。
彼女はその長い銀髪をゆらゆらと薫せ(くゆらせ)ながら、
雄大な自然と一体となった「舞」を一心に踊っていました。



彼女の大きく、ゆったりとしたリズムと呼吸と動きは何処か太極拳の様な感じでもあって。
それは確かに、僕には「踊り」というよりは「舞」の様に感じられて、
遠目から見ていてもなんだか「尊さ」みたいなものが全身から
溢れ出ている様にも見えていました。
そしてその舞の美麗さの本質というのは、紛れもなく、
その踊りが誰のためでもなく、ましてや自分のためでもなく、
ただひたすらに霊峰マウナ・ケアに捧げられていることから来ている様に思えました。

ゆっくりと繊細に踏み出され、また引き戻される素足。

ユラリユラリと空や山に向かい差し出される柔らかな腕。手のヒラ。指。

凛とした佇まい。姿勢。

車を降りた僕は、しばし、時を忘れ、
彼女の動きと空と大地とマウナ・ケアを感じ、見入ってしまいました。

そして......ふと、気づきました。

彼女の踊りは......フラ、だ、と。

コレがフラなんだ、と。

そうか、コレがキット、本物のフラなんだ、と。

そう思いました。

最初、一瞬。ショーやホテルで見る様なフラとあまりに違っていたので、
そう思わなかったのですが......

僕は多分、初めて本物の、本来の、
この島に太古から伝わるフラを見せてもらっているのだ......と。
その時、そう思いました。

そしてそれに気づいた時、えもいわれぬ熱いモノが胸の中にこみ上げて来ました。

気を許すと、思わず涙が溢れそうになります......



「コレが......フラか......」



僕は踊る彼女の後ろの方で距離をおき、無言で立ちすくみながらその姿を見ていました。
南国の早朝。富士山と同じ高さぐらいの場所。
僕と彼女以外、その場には誰もいません。来ません。

マウナ・ケアとフラと彼女と僕。

慄然と、しかしたおやかに流れる時間。

やがて踊りは終わり、彼女は近くに停めてあった自分の車に戻ろうと後ろを振り向き、
その時、初めて、僕と目が合いました。
彼女はニコリと、さりげない、しかし神々しくもある笑顔を僕に投げかけてくれて、
僕も思わずニコリと、彼女に無言の返事をしました。
歩いてくる彼女とすれ違う時は、なんとなく、沢山の会話をしたような、
そんな不思議な感覚がありました。

きっと彼女は朝の6時半ぐらいからここにいて、たった一人、
ただひたすらにフラを山に捧げていたのだと思います。
彼女が車で立ち去った後の祭壇には美しいレイが、太陽の光を受け光り輝いていました。



それからです。
僕は一度「hula=フラ」の歴史を勉強してみました。

「なるほど。そーか。フラの生まれた聖地はカウアイ島にあるのか......
今度、一度行ってみよう。きっとそこは、素晴らしい所に違いない......」

今年、いつものハワイ島をやめてカウアイ島に行くことにしたのは、
実はこのことがキッカケであり、一番の目的でした。



「ハワイ諸島最古の島」と言われるカウアイ島は、僕は初めてで。
行ってみると当然ですが、オアフやマウイ
ハワイ島とも違った独特の空気感を持つ島でした。
雨季だったせいもあるとは思いますが、とにかく雨が多い様で、
島全体から湧き立つ様な湿気も水気も強く感じる島。
そして、とても古い空気。霊気。至る所に漂う精霊の感触。
他の島と比べると、日本にとても近しい空気感の様にも思えました。
他の島より住まう神々の姿の色濃さと重厚さがトテモ印象的で......
上の写真にもあるハナレイ・ビーチ・ピア(hanalei pier)や、
キラウェア・ライトハウス(kilauea lighthouse)とか。





ハワイのグランドキャニオンと呼ばれるワイメア・キャニオン(waimea canyon)とか。





カララウ展望所(kalalau lookout)とか。



そして、是が非でも見てみたかったフラの聖地は、そんな島の最北端。
島の外周道路の行き止まりの、さらに先にあるようで。
事前に詳しい人に聞いて、調べた所によると、
ハワイアンにとってあまりに重要な聖地であるため、
現在では旅行者などが安易に入らないように「立ち入り禁止」となっている......
とのことでした。

それはそうだろう......
日本でも伊勢神宮の宮内には入れないし、皇居にだって早々は入れない。
であれば、僕は、せめてその聖地の真下にあるという小さなビーチに行って、
その聖なる海の風景を見て、体を浸し、
その地の空気やエネルギーを自分なりに確かめてみよう......と。
あの、ハワイ島で見た神々しきフラの、その源泉の地のエナジーを、
一度でいいから感じてみたい、と。
でも、それで、なんだかトテモ十分な気がする......と。
そして、そう決めた時にまた1つ、ハワイの神様......
正確には「マウナ・ロア」の神様から......また新たなメッセージを預かりました。
プリリンねーさんの正確な言葉でもって記せば、ソレは、



「シンデレラの靴のレストランに行くといい。行けばわかるだろう」



僕はフラの生まれた聖地を目指しつつ、もう一つ、時間的に可能であれば、
シンデレラの靴のレストランも探し出してみようかと、車に乗り込みました。
走り出してみると、その日の空も、
初めて本物のフラを見せてもらった時のハワイ島の空の様に、蒼く、
なんだかトテモ輝いている様に見えました......



.......続く(^_^)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Street Life

2017-04-24 00:34:46 | 素敵...映画&音楽&珈琲
ADLIB(アドリブ)という、
1973年に創刊され、2010年に休刊した音楽雑誌が、以前、ありました。
その雑誌で取り上げられるCDやアーティストさん達というのは、もう、
有無を言わずよくチェックしていた様な時期が僕にはありました。

その雑誌がメインで扱っていたジャンルは、いわゆるジャズからフュージョン、
R&Bからファンク、ロック、AOR、時にPOPフィールドの作品に至るまで、本当に広範囲で、
とてもクロスオーバーな感じ。
そして、他の素晴らしい音楽雑誌さん達と同様、
常に紙面に溢れていたのはアーティスト・マインドに対するリスペクト
加えて、この雑誌には楽器プレーヤーとしてのミュージシャン・シップに対しての敬意と、
エンジニアリングやサウンド的観点からの評価も常に高いレベルで入れ込まれてもいて、
そんな部分からも個人的にはとても好きな雑誌でした。
下の写真は今でも書棚に永久保存!しているそのADLIBさんの創刊20周年特別記念号。



僕のいた会社からも「20周年おめでとー!(^^)」の記念出稿(広告)を出したりして。



その中にある特別記念企画「名盤100選」



この雑誌に取り上げられる作品というのは、どちらかというと
音楽マニア向けゾーンに入ってくるセレクションになって来るとは思いますが、
とにかく一貫してハイセンスでアダルトでアーバンな雰囲気が漂う作品群。
高校生ではちょっと背伸びしないと届かない様な世界感。
スティーリー・ダン、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、マイルス・デイビス......
それでも、ポップシーンからも「プリンス」や「マイケル・ジャクソン」「マドンナ」等も
常にキッチリと、敬意を持って取り上げられていたし、
「ジャミロクワイ」や「BECK」等もこの雑誌のゾーンだったと確信もできます。
日本だったら「山下達郎」さんや「YMO」なんてド真ん中で。
そんなエバーグリーン性を見抜く審美眼にもとても敬服するものがありました。



そんな雑誌でもオールタイムベストに選ばれていたこのアルバム。
音楽好きには言わずと知れた名盤中の名盤「クルセイダース/ストリートライフ」
最近、日本の音楽シーンを賑わしている
「Suchmos(サチモス)」さんのニューアルバム「THE KIDS」を聴くと......



僕はこのクルセイダースのアルバムを思い出すのです。
それと、少し忘れていた「アドリブ的感触」と、
一回りした世代のフレッシュさと眩さも(^^)



もう少しベースの走りとラインの抑えやタメが効いたら......
サチモス、さらにヤベーな......みたいな......
そんなADLIB的なコウルサイ感想を抱いたりなんかもして。
もし今も「アドリブ」という崇高なる雑誌があったら、
彼らはしっかりと取り上げられていただろうし、
そんな音楽ホリックな思いを喚起させてくれるアーティストがフロントライン
久々に現れてきてくれたこと自体が、なんだかとても嬉しくもあって。
個人的にはそんな彼らにとても敬意を抱いていたりもします。

バンド名も「サッチモ=ルイ・アームストロングさんの愛称」からきているであろうことは
ジャズファンならすぐにわかるでしょうし。

ちょっと興味があるのはその客層。
自分みたいなアドリブ世代が中心なのか?
はたまた、意外に若い層で、ファッショナブルな?女性?男性?が多いとか?なのか?
かなりごた混ぜなのか?
今度、ライブで見てみたいなぁ、なんて。

「STAY TUNE(ステイ・チューン)」

Suchmos "STAY TUNE" (Official Music Video)


この曲がCMで使われているホンダのSUV「ヴェゼル」さんは、
アドリブ的アーバンなイメージが欲しかったんだろーなーと。
ニューアルバムの三曲目、「PINKVIBES(ピンクバイブス)」という曲もとても好きだなぁ。。

Suchmos "PINKVIBES" (Official Music Video)



8曲目「MINT」

Suchmos "MINT" (Official Music Video)


アルバム冒頭の曲「A.G.I.T.」もなかなか良いっす。

Suchmos "A.G.I.T." (Official Music Video)


そして、もはや懐かしさもありますが、
「クルセイダーズ=The Crusaders」の永遠の名曲。
「ストリート・ライフ=STREET LIFE」

Street Life - The Crusaders '1979


ついでに、上にも少し記した「ジャミロクワイ=Jamiroquai」さん。
伝家の宝刀、「バーチャル・インサニティ=Virtual Insanity

Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)


春の都会の夜空に、結構似合うシリーズ!?かな(^^)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

古傷

2017-04-20 00:02:43 | 凄い
やっちゃったんすよ。
右足首。捻挫。
街中の段差で。ふつーにグキッ!と。ええ。
で、ですね。
ふつーのグキッとですから。本来は大したことは無いわけで。
それがこの通り、車椅子なわけです。ええ。ええ。大惨事で。ええ。



なにゆえ、ふつーの「グキッ!」とがこんな状況なのかというとですね。
昔々、高校生の頃。
サッカーをバリバリにやっていた僕さんは試合中に右足首を折ってしまったのです。
ゴール前でドシドシとドリブルを仕掛けて行った時に、
荒くれ相手ディフェンダーのスタライディング・タックルを見事に食らいまして。
その時、僕さんはそのままグラウンドに倒れ込み、あまりの痛みに声も出せず、
担架で運ばれ、救急車にライド・オン。見事!病院送り!なんて感じで。ええ。
今思い出しても

「ニャロオォォォーーーっ!(`O´*)/」

みたいな。
で、ですね。
その時に少々歪んでしまった右足首の骨というのがあってですね。
今回のグキッ!ってやつが、なんと!驚くことに!
その古傷さんに見事!ぴったし!マッチングーグー!ってな感じで。
いわゆる「古傷」ってやつに真正面から触れてしまったというわけなのでやんス。
それで、その古傷回りの炎症というのがまぁ、長き時を超え、
美しき青い空並みにこっぴどく腫れわたってくれまして。
あまりのハレの酷さに右脚を下に全くつけなくなってしまった......というわけなのでヤンス。
それわまぁ、痛くて。痛くて。
ハレハレのヘロヘロで。



いたひよぉぉぉぉーーーー。°(°´д`°)°。ぶぇぇ。。



ま、古傷にサワっちゃいまちた......というだけの話なので。
骨に異常なんてこともなく。靭帯も大丈夫で。ソコは一安心で。
腫れさえ引けばすぐ治りますし。
そこはいたってふつーなグキッ!って感じなのですが、まぁ、やっぱり、
古傷っていうのはサワルと祟るのですなぁ......

ひでーっす。

いてーっす。

古傷せつないっす(´。` )

そんな中、お仕事だけは頑張らねばならず。
えんやこらと、なんとか這うようにして会社にお出かけしてみたりして。
最初は自家用車で向かってみたのですが、右足を使った運転自体が痛くて痛くて。
あまりに痛いので、途中から怪我のない左足でアクセル&ブレーキをしながらの
ドライブになっていたりして。そんな感じだったので、次の日は、

「こりゃ、もうタクシーだな。。」

と、タクシーを呼んで会社に向かおうとするも、まぁ、
自宅のある住宅地の方にはナカナカ車は来てくれません。
こんな時、海外ではすぐさまキラーなタクシーアプリ「Uber=ウーバー」なるものを
使うのでやんスけど。
でも日本ではまだウーバー・ドライバーさんはほとんどいなくて。普及も全然していなくて。
なので車の台数も少なく、近所を走っている車はアプリ地図を見てもマッタク見当たらず。
予想通りですけど。
そこで「全国タクシーアプリ」なるものに切り替えて、再度呼び出してはみたものの......

「応答がありません」

の表示。
再三呼び出しを試みてみても同じ表示で。
タクシー会社の電話番号を調べるのもめんどーになって、結局、前日同様、左足一本!
のカードライブで今日も会社に向かっちゃったのです。
そんな本日、一つ強く思ったのが......



「もっと日本にUberおぉぉぉぉぉぉぉーーーーっ!」



なんてことでしょうか。ホントに。ええ。
組合や法的規制の強いこの国のタクシー産業の構造が
「Uber」普及の足かせになっている現状を嘆いてみたりもしたのです。





しかし、この「Uber」。
もしかしたら?知らない人もいるかもしれませんが、本当にスゴイアプリっす。
つーか、タクシー配車システムでしょうか。本当に革新的で発明的。
一度使った人は間違いなくその便利さに驚くと思いますし、値段の安さや、
全て自動的にクレジット決済になるので海外ではチップのめんどくささからも
開放されちゃったりもします。今、車が何処にどれだけいて、呼び出すと、
何ていう名前のドライバーさんが、何ていう種類の車で、
何分後に、どこどこに来ちゃいます、と。車のナンバーはこうこうです、と。
車が到着するまではアプリの地図上で配車の現在地がリアルタイムでわかっちゃうし。
到着したら

「◯◯さん?」

「◯◯さんだよー!」

「Oh! Yaeah!」

「よろしこー(^^)」

ってな感じで乗せてもらい、目的地までらくらく到着。
もし、待ち合わせ場所で上手く出会えなくても、アプリ電話で話ができちゃう。
降りた後はドライバーの仕事ぶりの評価も一人一人個別で出来るから、
点数の低いドライバーは客も自然と呼ばなくなるし。
酷いドライバーやトラブルは自然淘汰されていくし。
ドライバーとしたら仕事を続けるには良い点を取りたいし。

「これ、日本ももっと普及してほしいなぁ......」

なんて。
2日連続、左足一本でウメキながらドライブしていた時にシミジミと思ったのでヤンス。


でもですね......


本当は......


お抱えドライバー!


なんて!


良くね!?すごくね!?


憧れちゃう!


でも!


そんなの俺じゃないしな。うむうむ......(*-ω-)


今日も左足一本で街を走るのだぁぁーーーっ!


ウリャーーッ!


ってね。


ケーサツなんか!!!


コワイぞ―---!逃げるぞ――!


ってね。( ̄ー ̄)



「会社に行くのでどうか松葉杖に変えておくなさいましーー!」

っと、お医者さんに言って、変えてもらったのです。松葉杖に。
骨折に関してはこれまで自慢できるほど数多くの経験を有している僕さんは、
松葉杖を使わせたら負け知らずのスキルを持っているのです。ええ。ええ。

しかし、バリアフリーのありがたさも、こーならないと......
心底わからんものなのですな。ええ。ええ。
大事っす。
バリアフリー......(o-´ω`-)シミジミ......
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

バーガー

2017-04-16 00:00:50 | 美味しい
LA(ロス・アンジェルス)って、バーガーなんすよ。
なんとなく。アチキの場合。B級ですから。
NYはピザって感じなんですけど。なんとなく。漠然と。
B級人的にわ。ええ。
LAでも最近は時ならぬラーメンブーム!?
なんかも巻き起こっているようなんすけどね。ええ。ええ。
でもやっぱりロスではハンバーガーが基本なんすよ。


で、


ですね、


太りまちた!(`_´)ゞキリリッ!


まずはですね、わかりやすいところでは、
最近、東京、青山に日本初上陸した絶品バーガー屋さん。
「UMAMI BURGER=ウマミ・バーガー」さん。
中でも一際落ち着ける!CBSの側、



ファーマーズ・ビレッジ(farmer's village)の端っこの方にある、
アチキのお気に入りのお店。



ウマミは「旨味」で。
ラーメン同様、ジャパン・インスピレーションのお味なのですな。ええ。ええ。
最近の日本食文化の世界進出度というのはカナーリのお高めで。
間違いなく旨味っす。うまいの三乗ぐらいっす。
ウマミさんはお店によってオリジナルバーガーがあったりもするのですけど、
コノお店ではマネージャーのシンディさんが作った
「CINDY'S CASA BURGER=シンディーズ・カーサ・バーガー」でちた( ´ ▽ ` )



どすこーーーい......(* ̄ー ̄*)と。





裏切らない美味しさのお店と言えば、あとはここ。
「SHAKE SHACK=シェイク・シャック」さん。



NY(ニューヨーク)発の最早定番!的とも言えるバーガー屋さん。
こちらはお膝元、NYのブロード・ウェイ(broad way)のお店の佇まい。



こちらも既に日本上陸を果たしていますが、肉の旨味に関しては、
かんなーーーーりの!上級!といったお味ではないでしょうか。
だいたい、焦がしたチーズを挟む!なんて!
すこぶる大技を仕掛けてくる様なヤツなのでやんす。なのでどーにもこーにも

「もう一個イッチャおーかなー......誰も見てないしぃぃ.......」

なんて、泥沼に引きずり込まれそうになる魅惑のバーガーさんなのです。
そんな沼に引きずり込まれたファンの人もとても多いバーガーさんなので、
会議のケータリングなどにもよく使われて......



ついつい、もう一個......イケません。罠に落ちます。ええ。ええ。いけません。
ケータリングはいけません。けーたりんぐなどわ......

お次わ......

「FIVE GUYS=ファイブ・ガイズ」





こちらはウェスト・ハリウッドのサンタモニカ・ブルーバード沿いにあるお店。
土地柄で、そっち系の方々もわんさかといらっしゃいます。
最近、出来る!ビジネスウーマン「H嬢」さんにオススメされていたので、

「それわ意地でも行かねばなんねーど、、、食べたことないし、、」

っと。仕事終わりの深夜にスタッフさん達何人かで行ってみたのでやんすけど......
パッケージ料金でバーガーの中身の具材やソースを全て自由自在に!オーダー出来ちゃう!
というスタイル。どこかのサンドイッチ・チェーンみたいですが、
どーもその辺りが人気の理由のようでして(^^)
凄いのはその選べる具材やソースの種類の豊富さで。確かに充実感あります。なので

「具は全部入れてくだされっ!」

って強者も沢山いますし、モチロン好き勝手にアレンジする人も沢山いますし。
僕ちんはBBQソースのファンですから、それを基本にイッチャイますけど。ええ。ええ。
「選べる贅沢!」って感じでしょうか。
ヤケに美味しいポテトさんもアブナイ誘惑っす(●´ω`●)ええ。ええ。



そして、大トリわ!

こいつは間違いなく!斬新に美味かった!(*゚▽゚)ノっす!

驚いたっす!

初めて食べたっす!

「eggslut=エッグスラット」さんのチーズバーガー、ベーコントッピング!!







ヤバイっす!

エッグだけにエグイっす!

バーガー用に食べやすくデザインされた紙の包装パッケージも斬新。

店の看板メニューでもある一押しの「エッグスラット」はモチロン、





マストオーダーの一品ではありますが、このお店のバーガーの味にはマジ驚くっす。

「卵にこだわるとバーガーもこーなっちゃうわけぇぇぇぇ!?(@_@)」

という驚き。
あまりに美味しくて食べながらずっとニヤニヤしちゃいました。
ニヤニヤ......と。
変態です。ええ。変態。
人を変態にするバーガーさんなのです。
日本にはまだ未上陸だと思いますが、
コイツはヴェニス(Venice)店あたりでテイクアウトして、
すぐ近くの白砂ビーチのベンチで食べる......
なんてのが、B級人としては至上の幸福♪( ´▽`)ってなものでしょうか。ええ。ええ。
サイコーっす。





しかし、ふと気がつくと、
マクドナルドとかはもう行かないよーになっちゃってるのですな。自然と。
前はもっといっていた気もするのですけど。
こんなバーガー屋がたくさん出来てくると、なんだかそんな感じになっちゃっていて。
その辺の変化にも少々驚くのです。ええ。

タイヘンだ。

しかし、本当にプレミアバーガーは太りますなぁぁ。。

でっぷぅぅーり。。

タイヘンだ(●´ω`●)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

insanity

2017-04-12 00:30:27 | 面白い
窓の外はNY(ニューヨーク)なのです。なう。









まだ着いたばかりで、お腹減ったどー、
なんか食わせろー、って、歩いてるんですけど。。





なんだか、ケッコウ色々なことに追われていて。
数日前まではLA(ロスアンゼルス)にいたのですが、
そのままココまで飛ぶことになり、バタバタのピョンピョコピョンで。
世界随一のパワーを持つ都市の空気も、もう一つ味わえていないよーな......感じで。



しかし、クレイジーさが目につく街です。

東京もかなりクレイジーな街だと思いますが、
アメリカ一の都市というのは、やっぱり、
それとはまた違ったクレイジーさがある様に思います。

よく語られるのは人種の坩堝(ルツボ)。

そこから生まれる様々な摩擦と混沌のエネルギー。

「混沌」とは時に創造の源泉であって。

全てのものは混沌から生まれたりするワケでして。

しかし、この街にはそんな混沌としたエナジーを更に独特にしている空気感があって......

それが、この街に住む人々のただならぬ「成功欲」と「失望感」......なのかなぁ......と。

そんなものが合わさると、ギラギラとした熱が出てきて。

そんな熱は少しばかり空間、磁場、時間を捻じ曲げていて。

そんなことをまとめて言おうとすると「狂気」「クレイジー」なんてことになるなのかなぁ......

なんて。

「個人的には」そんな感覚を抱く街であったりします。

そのクレイジーさというのは時折、ポン!と、寂寥感に変わったりもするのでしょうし。

それがまたこの街の醍醐味なのかもしれません。





今回、この地で詰めた仕事も、
プランニング上の売上金額としたら......結構なクレージーさで。
アメリカとか、こんな街でビジネスを描いたりすると、
その波動を少なからず受けた感覚になってしまうのでしょうか。
まとめあげたチームメンバーの間でも、フッ......とした瞬間に、ちょっとした不安を抱く!?
くらいビッグなプランになっちゃったりしていて。
ま、こんな国や街で描く「絵」であれば、ソレはソレなりのクレイジーさもないと。ね。
やっぱり。
面白くないってなもんで(^^)





創造的な仕事には、
常に、
絶対的に、
クレイジーさが必要だと、僕はいつも思うのです。
狂気なるものを、
いつも意識もしているのです。





そんな意識や言動に対しては、
至極真っ当な方々からは至極真っ当な物差しでもって、
時に「バカ!」とか「アホ!」とか。
「キ○ガイ!」とか「あいつはちょっとおかしい!」とか「距離をおこう」とか。
そーいう印象を抱かれたり、対応とかされたりもするのですが。
まぁ、僕ちんの場合、そんなことにはもう何十年と慣れっこなもので( ̄ー ̄)ええ。ええ。
アーティストとかだとこのスタンスが美しく、評価もされるし、普通なのですけど、
一般的なビジネスラインで......となると、
それはやっぱり、それなりの変人扱いを受けたりなんかもして。
プロデューサー業や作詞業をする時のマインドと、
組織マネジメントをする時のマインドはマッタク違う......
ということも僕の中でも確かなことですし、
それらが一人の人間の中で共存していたりすると、
忙しくなったり、心の余裕がなくなったりした様な時に、
無意識に混濁を起こしている様な状態が起きたりもします。
それ故の失敗もたくさん経験してますし。
ソレはソレで、僕の様なヒヨヒヨとした小さな田舎者的人間にとっては、
なかなかにタフな人生を突きつけて来やがるのでございます。





この街で思い出すのは、
この世界に入ったすぐ後に敬愛する先輩「KR」さんに言われた言葉。

「俺たちって馬鹿じゃん。そーだろ。俺も、お前も。だからこんな仕事してるし。
でもよ、オマエ、タダのバカになるなよ。
いいか。タダのバカじゃダメなんだよ。俺らは......」

それは以前「新価値創造」という記事でもスルリと記していた言葉ではありますが、
また改めて、
偉大な言葉だなぁ、と。
偉大な先輩だったなぁ、と。
このクレイジーな街で久々にまた、そう思うのです。

我々は、
あまりに「ちゃらんぽらん」ではありますが、
生き馬の目を抜く世界に生きる人間でございます。
あまりに「馬鹿者」ではありますが、
ただの馬鹿にならぬよう、日々頑張っている次第でございます。







この街は自分の中にある欲望と失望とに向き合える街なんだと思います。
それが心地よかろうが、悪かろうが......
ちゃんと炙り出して見せてくれる街なのではないか......と思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加