東京・ウサギSatellites

ウサギについてきた人だけが迷い込む不思議な衛星。。

語らずにはいられない9

2017-05-17 23:46:00 | 日記


というわけで、ここまでが映画『虐殺器官』を見た感想です。



はい。これだけ語っておきながら、小説はこれから読むという……。

でも楽しみです(理解できるかは別として)。


実は今回、映画館で本に挟む栞をもらえまして(宣伝風のものではなく特典的なもの)、虐殺器官が描かれた栞で虐殺器官を読むというのは、オリエント急行に乗りながらオリエント急行殺人事件(アガサクリスティー著)を読むようだな~と何か違う考えが浮びつつ、まあとにかく落ち着いて読もうと思います。。。

それにしても、原作映画もそうですけど、伊藤計劃さんのブログを読んでいると勉強になるというか、物事を見渡す眼をお持ちというか(うまくいえん)、惜しい方が去っていったなと。

パンフレットに載っているウェブマガジンからのインタビュー(Online Web Magazine[Anima Solaris No.90])でも「…終わらないのは日常でなくむしろ終末…」「…日々それぞれが世界の終わりであるような日常…」と興味深いことを言ってらして、ちょっと全文書けないのでなんなのですけど、まるで今の世界の不安定な状況を指しているようで唸りました。

とにもかくにも、映画の感想は一端ここで区切るとして、小説に関する感想はまたおいおい書こうと思います。

…虐殺器官でこんな感じなので、続くハーモニーと屍者~もどうなることやら、、、でもダラダラごそごそ書くのもまた一興(言い訳)。今はまず、読まねば。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語らずにはいられない8 | トップ | 進撃の巨人とかカバネリとか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。