東京・ウサギsatellites

ウサギについてきた人だけが迷い込む不思議な衛星。。

進撃の巨人とかカバネリとか

2017-05-21 00:30:00 | 日記


虐殺器官についてモソモソ述べている間に、桜の時期もハナミズキの時期も過ぎてましたよ。。



(赤坂見附付近で見た今年の桜)



そして進撃の巨人の二期も始まりました。

もう…色々と衝撃展開で、容赦なく巨人の口の中はどーしても好きになれないのですけど(作者を嫌いになったさ)それ以外の展開には脱帽(作者を尊敬しましたさ←もちろん制作陣も)。

今のところ二期でグッときたシーンは

…この先ネタバレ注意…








同じ104期生のメンバーが鎧と大型巨人になる時の演出、その全て。

風にさらわれた旗の柄が壁にカンカンあたって訪れる緊張とか、流れる雲間からの光の差し方、鎧と…特に大型巨人の腕を伸ばした迫力とか人物の立ち位置など、鳥肌がたつのも忘れて魅入るという稀な現象が発生しました。

この時の音楽もとてもよくてですね、これは、一期のオリジナルサウンドトラックの【Vogel im Kafig】のアレンジだと思うのですけれども(後半に聞こえてくるメロディー)、荘厳で、やはり澤野弘之さんは天才だなと思いました。一期のリヴァイ班と女型の対峙がメインになってゆく際に流れる【Bauklotze】も印象的で好きです(その後の展開は受け入れられなかったけれど)。


それにしても、、、鎧と大型に変身は、悲しい悲しいシーンでした。こんな形で仲間を失うことになるとは。。。

エレンが目を閉じて浮かべる、彼らと仲間であった頃のシーンは泣けましたね。

声優さんたちも本当に素晴らしくて、特にエレン役の方は喉が心配になるほどの声の張り方で(アルミン役の方も一期で凄い時あったな~)、毎回ドキドキしながら聞いております(そして鎧の方は屍者の帝国のワトソンの
方という驚き)。

ところで、ずっと気になっているのが最初のお話しのサブタイトル『二千年後の君へ』。これについての考察とか一切読んでいないので、ちゃんとした意味は知らんのですけれども、昔誰かに(アニメとか関係なく)人って旅立つと時間が飛ぶ的な話しを聞いたことがあって、それが確か二千年だったな…と。なんだか自分の中でちょっと特別な記憶になっていて、進撃を見る度、いつもなんとなく思い出します。


で、荒鉄城のカバネリも二期が始まるとのことで感想をすこ…し。

このアニメはポイントポイントで心を鷲掴んでくるシーンがあるのですけど、一期を見終えた今の印象は、全体の流れが優しいかな?と。

なんというか、残酷になりきれないというか(心が痛くなるシーンはあるんだが!)、上手く言えないのですけど根が優しい人たちが作っている感じがしました。そういうのが作品の評価にどう繋がるかは分からぬ所でもあるけど(全て私の思い込みという可能性も大いにあるけど)。

そしてカバネリといえばアニメのクオリティーの高さが凄いのですが、そのせいで逆に気になる部分もありました。主に小さい人物の描写について。

アップはどれも美しいのですけど、時々引き?小さめの人物のクオリティーがかなり低い時がありまして(私のような素人にも分かるレベル)、他が美しいだけに不意に下手な絵がくると結構イラッとしましたね。でもこれ他のアニメ作品でもよく感じることなんだよな…ボソボソ。


そして今更気づいたのですけど、この二作品は同じWIT STUDIO。…ということは、カバネリが放送されるあたりは進撃は止まるということでしょうか?(熱量云々同時進行は不可能と思われ)

…こちらも正直申すと、進撃を続けてほしいかなと。

カバネリの美しさとか、もちろん素晴らしいのですが、進撃の巨人は日本漫画&アニメの特別枠にある代表選手的な気がしまして、私本当に阿呆なものですから見ているだけなのに「(凄いでしょ!日本のアニメ凄いでしょ!!)」といつも鼻息フンフンさせてどや顔で見てるんです。

原作漫画も(未読なのだが)巻数出ているようなので、どんどんアニメ化していってほしいのが本音。まあ色々難しいかもですが。

で、ちょっと話し繋がるかもですが(やはり熱く語り中)オイコノミアという番組でアニメーターについて放送しておりまして、過酷な労働環境が多いようですね。働きに準じた報酬を与えられていないというか。

今、日本ではアニメが大切な文化&産業として根付きつつあるように感じるので、それに見合っていない現場の状況ってどうなだろう?

とはいえ、番組でも色々おっしゃっていたように一筋縄ではいかないというか…。

でも私は、アニメーターの中には職人といえるような高い技術をお持ちの方もいると思いますし、好きという気持ちを支えに身を削っている方もいると思うので、そういう方たちにはやはり見合ったものをと思いました。


いずれにしても、ワクワクさせてくれる物語を与えてくれる全ての方に感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[地震予報]※写真追加

2017-05-18 18:44:01 | 日記

近々(範囲1ヶ月)大きめの地震があるかもしれません。


場所は不明。



…と書くと予知のようですが、私はエスパーでもなんでもないパンピー(一般people)なので戯言ととらえられてもなんらなんらなのですが、ただ、、、


ただ、これまで蓄積した経験から地震の前によく見る空というマイデータがありまして、書いてます。


本当はこれまで何度も写真に撮ろうとしたのですけど、タイミングが合わず撮れませんでした(2013.5時点/2014.5写真追加下にあり)…こんな感じで信憑性もない有様なので、なんだよーと思った方はスルーして下さい。そして、仮に地震が来たとして(こないにしても)‘当たった~’とする気もないので、ある程度したら記事は削除します。


予報なので、倒れそうなものを片付けたりいくつか備えていただけたら・・・幸いです。



撮れた写真です(縦になっているので左を地にしてください)
お分かりになりますでしょうか...雲の下のラインが一直線になります。
北陸も東北も私はこの雲を数日~数週間前に確認しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

語らずにはいられない9

2017-05-17 23:46:00 | 日記


というわけで、ここまでが映画『虐殺器官』を見た感想です。



はい。これだけ語っておきながら、小説はこれから読むという……。

でも楽しみです(理解できるかは別として)。


実は今回、映画館で本に挟む栞をもらえまして(宣伝風のものではなく特典的なもの)、虐殺器官が描かれた栞で虐殺器官を読むというのは、オリエント急行に乗りながらオリエント急行殺人事件(アガサクリスティー著)を読むようだな~と何か違う考えが浮びつつ、まあとにかく落ち着いて読もうと思います。。。

それにしても、原作映画もそうですけど、伊藤計劃さんのブログを読んでいると勉強になるというか、物事を見渡す眼をお持ちというか(うまくいえん)、惜しい方が去っていったなと。

パンフレットに載っているウェブマガジンからのインタビュー(Online Web Magazine[Anima Solaris No.90])でも「…終わらないのは日常でなくむしろ終末…」「…日々それぞれが世界の終わりであるような日常…」と興味深いことを言ってらして、ちょっと全文書けないのでなんなのですけど、まるで今の世界の不安定な状況を指しているようで唸りました。

とにもかくにも、映画の感想は一端ここで区切るとして、小説に関する感想はまたおいおい書こうと思います。

…虐殺器官でこんな感じなので、続くハーモニーと屍者~もどうなることやら、、、でもダラダラごそごそ書くのもまた一興(言い訳)。今はまず、読まねば。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

語らずにはいられない8

2017-05-14 19:52:00 | 日記
※映画『虐殺器官』について綴っております。ネタバレも含みますのでご注意をば。

※いつにもまして、まとまりなく身勝手に語っております。






で、音楽について。

あの…もの凄く正直にのべますと、、


この映画で記憶に残っているメロディは、ティーザーでもインパクトを残していたベートーヴェンの[月光 第三楽章]とEGOISTさんのエンディングの[リローデッド]のみ。

あとは、何も、おぼえていません。

作曲されていた方には非常に失礼なことだと思うのですけれども、本当に何も覚えていなくてですね、多分…先に書いたとおりセリフにこだわりを感じてそちらに集中してしまったからなのではないかと(言い訳)。一言一句聞き漏らすまい!と気張った結果&映像的ショックとあれやこれやで、音楽を受け取る余力がありませんでした。次に見る時は集中しようと思います(思えばプロジェクトの他の2作品もそうだったような…)。

覚えていた二曲の印象については、エンディング曲はティーザーとの方がよく合っているように感じました。まあラストで呆気にとられたというのもあるのでしょうけれど。。。

そしてやはり月光ですよ。

個人的には一度は弾いてみたい曲ですが(技術はもってない)、映画の中でとてもいい使われ方をしていましたね。カオス的な状況と曲との対比が凄い重なり方で、この旋律ですら何か言語的な意味があるんじゃないか?と錯覚しそうでした。

ちなみに下の写真はショパンの[別れの曲]にトライしていた時のもの。後半怒濤の展開なんだこれが…





そして声優さんについても少し。

皆様の声が素敵なのは聞いてもらえば分かるとして(主人公と、追われる人物は大人の男性の声の中に少年ぽさも残しているような印象)、パンフレットにインタビューが載っていたのですけれども、特にメインのお二方は私が言いたかったことを簡潔にのべられていて、ちゃんと理解しているからこそ、それが演技に滲み出ているのだな~と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

語らずにはいられない7

2017-05-12 23:24:00 | 日記
※映画『虐殺器官』について綴っております。ネタバレも含みますのでご注意をば。

※いつにもまして、まとまりなく熱く語っております。







さて、内容についてあれやこれや語りましたが(まとまりのない萌語りだったさ…)絵や全体の雰囲気は、その内容をとてもよく表していたと思います。

とはいえ、近未来の描写についてハッキリと描かれている部分と(ナノディスプレイとかクラブの床の奈落とか)、暗くてよく見えない部分があって(これはパンフレットにてCGディレクターの方も語っているのですけど…スクリーンでちゃんと見える状態にできるのか気にかかった的な)私は黒いメカの細かい動きを(それこそ筋肉構造とか)もっとよく見たかったなぁと思いました。

あと、ここ数年でつくづく感じたのはCGとかVFXとかそういう類いにだいぶ慣れたな~と。

私が初めてそれらしきものを見たのは確か『漂流教室(1987年)』だったのですが、振り返った人物の口からダーッと砂が流れ落ちるシーンで(あれCG…ですよね?←)「なにこれーっ!?」と驚愕した記憶がありまして、あれから早30年…これほど進化した状態を見られる日が来るとは。

でも、だからこそ話しが重要になってくるわけで、虐殺器官はいい具合にバランスがとれていたように思います。


そして人物描写について。

小さめの顔のパーツはリアル寄りというんでしょうか、『屍者の帝国』が目が大きめのアニメ寄りでそちらもとても好きだったのですけど、虐~のリアルさも内容とよく合っていると思いました。

で、キャラクターデザイン(原案)はどなただろう?と思ったら、redjuiceさんという方。

『屍者の帝国』『ハーモニー』もそうとのことですが三者三様で違った印象があって、特に屍者~と虐殺器官はだいぶ違うイメージがあったので意外だったのですけど、パンフレットによると自分の絵に固執せず作品の世界観に合わせているとのことで納得。しかも今回はかなり監督の絵になっているみたいですね。

文庫カバーの方はアニメ寄りにしたとのことですが、確かにそちらで見た方がこれまでのredjuiceさんのイメージだなと思いました。でも先に書きましたけど、今回の映画はリアルな感じの方が合っていたと思います。

ところでredjuiceさんはあのEGOISTのジャケットも描いていらしたんですね~昨年ノイタミナ枠で知った『荒鉄城のカバネリ』のエンディング曲で知り、そこから検索かけて素敵なジャケットだ~と思っていたら繋がりましたか。

そして、そこから更にTwitter経由でBOOM BOOM SATELLITESに繋がったのですけれども……

メンバーの方が旅立たれたことを知りました。

最後のアルバムは全体的に宇宙を感じさせて銀河鉄道の夜を思い出し泣けました。


音楽については、また次に語ろうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加