アメノミミ

降り始めの雨のようにポツポツと言葉が落ちてくるようになった。
時に雨となるその言葉を書きとめるブログ。

2017年07月14日 11時42分42秒 | アメ
長時間同じ自分でいると

殻が厚くなり

自己を更新していくことが難しくなっていく

殻を破ることを日常化することだ

厚くなりすぎた殻は

まるで鉄の棺のようにあなたの霊体を覆い

霊体からの光も音も遮断してしまう

それは一切の光を断たれて生きることを意味する

内なる輝きが閉ざされた者は

外の光を追い求め彷徨うことになる

魂の声が聴こえなくなった者は

自分が本当のところ何を求めているかを知ることが出来なくなる

そのように霊体が鉄の棺に閉じ込められた者を

ゾンビと言う
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の意識 | トップ | 内なる光 »

コメントを投稿

アメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL