外部受診へ

2017年06月13日 17時43分13秒 | 日記
2017年6月13日(火)

今日は、主治医の先生の話を聞いてきました。

母と、母の弟と、私で。

もう、この精神病院へ転院してきて早3ヶ月が経ちました。

それもあって、なのでしょう。

母は今回の再発を機に歩行困難となっていて
車いすで移動しています。

それも大分弊害となっていて、
受入施設があるのかとか、ちゃんと考えなくてはいけません。

ですが。
今回の先生のお話では、
母はだいぶ食欲が落ちていて、貧血気味。
便に血が混じっていたりしているようで心配だと。

それに元々腎臓が悪いのもあって
腎臓機能も心配。

もしかしたら、何か大きな病気かもしれないので
外部受診をした方がいいと説明を受けました。

数ヶ月前にもそのような話しは聞いていましたが
ハイになってしまったのもあって
外部受診してもらえない状況だったので。。

ハイがようやく落ち着いてきたのもあり、
早急に外部受診をした方がいいとのことでした。

最悪、胃がんや大腸がんの可能性もあるとのことでした。

さすがに心配です。
涙が出てきそうになりました。

がんって。。。


でも、検査してみないことには何も分からないので
早急に、検査をすることに。

もちろん精神科病院では検査できないので、
元々入院していた転院前の病院へ受診するとのことでした。

何もないことを願います。


また、4月に病院のイベントで花見があり、
その日にハイになったのもあり
今回、外部受診をする際、外に出て
またそれをきっかけにハイになってしまうこともあるので
まだ「医療保護入院」を継続することになりました。

精神状態てきにも、もう「任意入院」に戻してもいいそうなのですが
やっぱりまたハイになることを考えると、だそうです。



そして、検査が進んで方向性が見えたとして、
次は退院のことを考えなくてはなりません。

精神状態が落ち着いてるのに、
歩行困難を原因にずっとこの病院にいるのは可哀想だと
先生もいっていました。

私もそう思いますが、
自宅に戻ることはどうしても出来そうにありません。

車いすで一人で生活するなんて。

グループホームで受け入れてくれればいいのですが・・・。

そればかりは、確認してみるしかありませんが
なんといっても私が主導権を握って進めて行くことはできませんから。

人に頼むより、自分で動いた方が早いし、
人がとろいのって本当に気になってしまうのですが
いくら行動力があっても
判断力がない&精神的に弱すぎて?
キャパもあまりないのですぐいっぱいいっぱいになってしまいます。

だから、もう、パイプ役はおりたので。。

話しが中々進まないことや
可能性を広げることが出来ないのが
モヤモヤはしますが…

「なるようになる」

そう思って今は過ごします。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隔離室から鍵つき個室へ | トップ | 検査入院 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。