ロシアねこの楽しい生活

まじめな宗教ブログでしたが、いつのまにか韓国ドラマとK-POPの記事に占領されつつあります。

 

先祖供養の日

2017年06月22日 | 霊波之光
霊波之光の年に一度の先祖供養の日。
6月8日。

この日は信者さんでなくても、誰でも先祖供養を無料でしてもらえる。
ただし、一人一体のみ。

亡くなった方の名前をお札に書いてもらって、川にながす。
○○家と書いて、最近の亡くなった方から順番に一人ずつというのものも。
あと、水子供養も。

どれかを選ぶ。

私は、昨年父親を亡くしたという方を連れて行った。
本当は、亡くなった方の奥様が行くべきなのだけれど、高齢で長距離がきついそうなので、娘さんが行くことになった。

病気を苦にした自殺だったので、おそらく自殺現場付近で地縛霊になって、成仏できないのではないかという恐れをもっていらした。
その後、家族にいろいろ不幸が起こり、病気や骨折などいろいろ。
気味悪がっていたところ。

相談を受けていたので、6月8日の先祖供養は必ず行きましょうということになっていた。

野田の霊波之光について、並んだりして、お札を流したのは、12時5分前くらいのこと。
無事に済んで戻ると、そのなくなった方の奥様が変なことを言う。

朝の9時から12時くらいまで、ものすごい睡魔に襲われて、意識がもうろうとしていたそう。
正午を過ぎたら目が覚めて、すっきりした。

翌日は、もっとすっきりして、もう夫に監視されているような気配がなくなったという。


普段、午前中に眠くなったりすることは絶対にないそうなので、ちょっと不思議だそう。
突然くる眠気は、霊体の仕業であったりするので、もしかしたら、そうかもしれない。
ちょうどお札を流した時刻に、スッキリ目が覚めたようなので、
供養されたのではないかと感じた。

低級霊になって、ウロウロしているのは、子孫に禍いを起こすことになるので、早く宇宙の神様のところへ送って、吸収してもらうのが一番。
天国があるのか、宇宙のどこかのエネルギーに吸収されるのか、それは知らないけれど、
とにかく、地表でウロウロしているのは、亡くなった方も辛いし、残った家族にもよくない。

2週間経って、奥様の体調不良もほぼ改善して、夫に見られているような気持ち悪さも消えたという。
良かった。

6月8日の先祖供養の日は、重要な日です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本「偽情報退散! マスコミと... | トップ | 映画「美しき緑の星」 »
最近の画像もっと見る

霊波之光」カテゴリの最新記事