さんぽのあしあと

はな とり てふてふ きれいないろ が すき

すみれ色の涙

2007-03-29 | 




だいぶ前ですが、

♪すみれって すみれって ブルーな恋人同士が キスして キスして生まれた花だと思うの…

という歌がありました。結構ヒットした記憶があるのですが…。
タイトルはその歌から取りました。

スミレは思い入れのある花です。
初めて人に贈った花が小さなスミレの花束なんです。
茎が長くて、もっと色の濃い紫、花びらも細かったような記憶があります。
10本くらいが輪ゴムで束ねられ、小さなバケツに入っていました。
房総のほうで作られていたようですが、もう生産されていないそうです。
子供でも買える値段でしたし、珍しい洋花が数多く入荷してくる中、こういった可憐な花束が無くなるのは淋しいですが…。
もう一度花屋さんで、あのスミレに出逢えたらと、春になると思うんです。

すみれ色の涙
作詞 万里村ゆき子
作曲 小田啓義
歌 岩崎宏美

1枚目 2007年3月24日 花と緑の振興センター
2枚目 2007年3月29日 向島百花園
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牡丹咲く | トップ | 百花園の桜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ZEISS)
2007-03-29 22:15:52
スミレにはそういった思い出があったんですね。
ここで長々とコメを書くのは無粋な気がしてきました。

ならば、別館のスミレの記事にTBかけさせて下さい。
実は、小石川後楽園で撮影したスミレよりも、光が丘公園で
撮影したスミレの方が好きなんですよ♪
ZEISSさんへ (すうすう)
2007-03-29 22:25:54
こんばんは。
ビックリしました。
ZEISSさんの記事に影響されて、こちらもアップしたので、早速TBかけさせていただこうと思っていたんです!
そしたらZEISSさんから
ありがとうございます。こちらからもかけさせていただきます。

ZEISSさんは、もしや勘違いをなさっているかな?
初めてお花を贈ったのは母親です。
ホント文章書くのがヘタクソで、紛らわしかったですね。
あの歌が流行った時は子供でしたから、歌の意味なんて、あんまり深く考えませんでした

あわせて読む