波打ち際の考察

思ったこと感じたことのメモです。
コメント欄はほとんど見ていないので御用のある方はメールでご連絡を。
波屋山人

言ってはいけない

2009-07-01 22:54:00 | Weblog
村八分問題で有名になった新潟県の関川村には、渡邉邸という豪農の屋敷が残っている。
渡邉家の一族には、元通産省局長で元大臣官房長であった渡辺弥栄司TOEIC会長だとか、作曲家の三木たかし、歌手の黛じゅん兄妹だとか、東北大学医学部の渡辺彰教授だとか、有名な方が多い。新潟県の名家らしい。

現在は、財団法人渡邉家保存会が屋敷を管理している。
財団法人には関川村の村長さんも理事として関わっているけど、理事長に関して横領だか何だかの疑惑があり一族の間で揉めているらしい。
一連の話については渡辺弥栄司TOEIC会長の姪っ子のブログに詳しく綴られている。

だが、文中に不穏な記述があった。
思わず書いてしまったことならすぐ書き直されるかと思ったけど、数日経ってもまだ変わっていない。
コメント欄がないので、読んだ人の意見が届かないのだろうか。
伏字部分は、実際は実名。
  ↓
2009/06/25
> ××××さん
> 【アテクシが大奥と書いてる方ざます
> 部落出身。部落育ち。
> 渡邉邸に憧れて16才だか18才の頃に理事会の面接を受け、
> なんと36年も窓口職員(通称:切符売り、切符切りの女)とか
> 渡邉家からは使用人と呼ばれてる方ざます
> 部落の身ゆえに、コンプレックスが人一倍強く、渡邉邸事務局でも
> セレブぶって威張り散らしていたらしく、
> アテクシはたくさんクレームを受けたざます
> (略)
> 部落に生まれ、関川村で死んでゆく運命を自ら選択してるようざます
> とにかく村民から嫌われてることだけは確かざます
> 名刺屋さんにまでバカにされ、村民皆さんが早く出て行ってほしいと
> 嫌ってる方ざますね】
> (略)
> 犯罪者に名誉も糞もないので、名前は出していいそうです

これには衝撃を受けた。
ここで書かれている部落とは、集落の意味での部落ではなく、被差別部落の略語としての部落だろう。
明らかに見下し、否定的な用語として使用している。
新潟県は東北と違い被差別部落が多く残り、デリケートな問題となっている。
被差別部落出身を理由に教育、就職、結婚などで不公平な扱いを受け、辛い思いをしてきた人も多い。
社会組織の中でよき一般人として平穏にすごしていたい人が、その出身を理由に疎外されれば、大きな苦痛と絶望を味わうだろう。

東京ではあまり被差別部落のことを知らない人も多いだろうけど、地方によっては今でも深刻な問題だ。
(東京の人だって弾左衛門とか車善七の歴史くらいは知っておいてほしい)

被差別部落を見下すようなことを公共の場で口にすれば、関西では大きな社会問題になる。
冗談では済まされない。
部落解放同盟の支部に出向いたりして、きちんと謝罪しなくては収まらないだろう。

ブログの著者は常々名門渡辺家に連なることを誇りにしている。
だが、地方の名家がどのような存在だったか、ご存知なのだろうか。
小作人を搾取することによって資本を蓄え、自分たちだけいいものを食べ、高等教育を受けることができた。
戦後すぐに農地改革が行われ、地主の土地が格安で小作人たちに分配されるまで、農村地帯で銀行に預金がある家は、ごく一部だった。
子どもを旧制中学や大学に進学させる余裕がある家庭も、かつて庄屋や名主だった家や造り酒屋の家など、ごく少数だった。

封建的な搾取システムを土台に教育を受け、大きな態度で富を蓄積していたことを棚に上げ、世の中の片隅で細々と生きてきた人たちを見下すという行為は、残念に感じる。
(ぼくはむかしから「差別する者を否定し疎外することもまた差別の一種なのである」と言っているから表現が比較的穏やかだけど、多くの差別問題関係者はもっと厳しい言い方をすると思う。。。)

いくら不満に感じることがあっても、「××出身のくせに」とは言わないほうがいい。
相手を全否定したいときに、「××出身のくせに」「××人のくせに」「犯罪者のくせに」などという言葉を使う人は、美しくない。

不満を感じるとき、相手をやっつけたければ淡々と押えるべきところを押さえ、縛るところを縛り、進めるところを進めればいい。
つばを吐きかけたり、仲間はずれにしたり、汚い言葉を投げつける、というのは技術のない攻撃方法だ。
相手を否定するときに、否定的な感情を自分に投影させなくてもいい。
憎らしげな顔をしてつばを吐く姿は、おぞましい。
そのような行為で否定されるのは相手ではなく、自分かもしれない。

口げんかをするなら、もっと頭を使って、スマートに戦えばいい。
一流の格闘家による関節技の応酬は美しいけど、髪を引っ張りながら戦う素人のキャットファイトは見苦しい。
言葉の戦いも似たようなものではないだろうか。


追記
ブログの著者には、影響力のある知り合いがいるらしい。
しかし、いくら力のある人でも細かいことまではフォローできないから、無謀なことをわざわざしなくてもいいと思う。

2009/01/02
> (略)周防さんも長良さんも、avexの松浦社長もツルんでいて、
> 政治的権力もあれば、暴力団が周りを固めているんだから、
> 逆らえば、それこそ射殺されちゃうざます
> (略)
> アテクシゎ、全ての暴力団が頭を下げるトップのトップのドン競馬関係とか
> パチンコ関係の協会の名誉会長をしてる今はカタギの方を知ってるから、
> なんも怖くないざます



<参考>




コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加