太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である推手・太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど東京の中国伝統武術  掌友会代表  江口 博先生をお招きして、中国武術セミナーを開催します。また会員で定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。

toyotyu8@gmail.com

お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

太極拳 八卦掌 子供基礎中国武術 江口先生勉強会 in 2010.Nov.「ラストスパート」

2010-11-29 22:27:05 | 日記
本日は久々の江口先生をお招きしての教室です。
今年最後とあって、たくさんの会員さんが参加して下さいました。
ばんこう初代会長も駆けつけて下さって、大変充実した勉強会となりました。
内容も盛りだくさんです。


●表演会

1年のまとめ、ということで、一人一人これまで学んだ型を先生の前で演じます。
みんなの前でやるのは緊張しますねー。
管理人も平静を装っていましたが、自分の番が来るまで足が笑っていました(笑。

一番堂々としていたのは長拳のFさんだったのではないでしょうか。
颯爽と前に出て、見事な五歩拳を演じてくれました。

今回参加して下さった方全員の演武を録画しておきましたので、後でご覧になって成長の記録として頂ければ、と思います。


さて、勉強会の内容に行ってみましょう。


●八卦掌クラス

走圏した後、掌法をじっくり練習する組と、鞭杆(ベンガン)を学ぶ組とに別れます。

掌法を練習する組は三穿掌を重点的に形、動き、方向を確認です。
三穿掌は体をクルクル回すので、自分の位置を見失しなわないよう、滑らかに動作を繋げるように心がけて練習します。



一方鞭杆組。
「鞭杆」とは細くてしなる短棒を鞭の様に振るう棒術です。
ヒュンヒュン振り回して右から左から下から上から棒を飛ばすスピーディーでかっくいい武器なのです。
持ち方、扱い方、基本的な振り方を教わって、何回も練習します。
(簡単そうに見えてかなり難しい)



最後に対練をいくつかみんなでやって締めました。


●太極拳クラス

定番のスワイショウから開始です。

次はタントウ功。
江口先生よりポン勁についての基本的な理論の説明を受け、「要求」に気をつけながら形を作ります。
片足に重心を全部預けるので、かなりキツいです(笑。

鄭氏37式。
まず、最初の十字手までの第一段を先生指導の元、一式一式確認していきます。
方向、各式の注意点、など、細かいポイントを押さえていきます。
今日は更に十字手の先に進みました。
(抱虎帰山、肘底貫捶など)
この辺りからぐっと難易度が上がりますので、一つ一つじっくり練習しましょう。



そして対練。
まずポン勁対練です。
ポン勁についての基本的概念から力の置き所、実際に2人で体重を掛け合っての練習など、太極拳の重要な所を押さえます。



さらに推手を時間まで先生の説明を受けながら練習して終わりです。


●子供基礎クラス(長拳)

準備運動の後、さっそく新しい套路を教わります。
五歩拳の数倍長い、動きも複雑で飛んだり跳ねたりの運動量が多い型です。
最初からしっかり練習していきましょう。



次に蹴りです。
Fさんは時に蹴りが得意のようです。
今日はこれまで習ったものを復習した後、新しく2つの腿法を習いました。
今までは正面に向かって蹴る技でしたが、今日やったのは側面を蹴る技です。



2つ目は少し助走をつけて跳び蹴りっぽく蹴る技で、まともに当たったら相手が吹っ飛んで行きそうです。
これをマスターしたらお父さんもかなり大変だと思いますので、八卦掌の身法でヒラリとかわせるように練習して下さい(笑。



今回も大変有意義な勉強会でした。
江口先生、ご指導ありがとうございました。
参加して下さった皆さん、1日お疲れさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「地球温暖化の影響を受けながら」

2010-11-21 19:58:37 | 日記
既に11月も下旬に差し掛かっております。
が、この暖かさはなんでしょうね?
例年ならばコートを羽織っている時期です。
今日は上着を着ていると暑くてガマン大会でした。

温暖化が二酸化炭素のせいか地球自身のサイクルのせいか分かりませんけど、愛知県でバナナが採れるようになったらどうしよう、とワクワクしたりドキドキしたりの今日この頃です。


さて、今日は子供クラスがお休みのため、平均年齢が一気に上がりました。


●八卦掌クラス

いつものように走圏をした後、掌法を1つずつ確認です。
一動作ずつ形をしっかり作るのと、滞りないようにサーッとやるのと両方練習です。

次は単換掌の用法を練習です。
一人稽古はもちろん大事ですが、距離感とか抵抗感などはやはり実際に人に向かってみないと掴めないと思うので、なるべく毎週の練習に取り入れたいです。

その他迎面吸化掌、帯手対練、龍形対練、と対練中心に時間いっぱいまで練習です。




●太極拳クラス

スワイショウを要求に注意しながら3種類やります。
適当にブラブラやるにはどうということない動きですが、要求を入れると途端に難しくなります。

次は37式。
まずは最初の十字手までをしっかり出来る様に何度も繰り返し行います。

今日はせっかく3人いらっしゃるので、対練をたくさんやってみました。
まずは突いた分だけ体を凹ませるやつ。
相手が押しただけ引く、うまく体軸を回す、落として溜めてこらえる、などに気をつけます。

次は相手をリーで放り投げる練習。
手でひっぱらず、体の落下と回転で相手をナナメ後ろに投げ飛ばします。



最後が手を引っ張られた時に落として耐える功法。
引っ張られた方向の逆に引っ張り返すと、手を離されたとき自分がひっくり返るので、体を下に落とす事で対処します。

後は時間まで単推手と四正推手を練り練りしました。




来週は江口先生の勉強会(の予定)です。
今年最後なので皆さん是非いらして下さい。
見学、体験されたい方も歓迎致しますので、お気軽にどうぞー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八卦掌 太極拳 子供基礎中国武術 「ドッジ大会の片隅で」

2010-11-14 22:29:12 | 日記
御津体育館に会場を移して練習です。

ここはいつもイベントで賑やかです。
今日はドッジボール大会で小学生が真剣勝負を繰り広げていました。

廊下でコーチと選手達の気合いが鳴り響く度に、こっちまで背筋が伸びました(笑。


では、今日の練習内容に行ってみましょう。


●八卦掌クラス

走圏から各種掌法で中盤まで一通りこなして、今日は後半開始から対練です。

龍形対練、穿掌対打、迎面吸化掌、圧掌対練、帯手、とこれまで学習した対練を通します。
穿掌対打には不意打ち的に連続攻撃を入れそれを捌く、自由対打の練習も混ぜてみました。



88式。
一回通した後、型の一部を取り出して用法を練習してみます。
今日は相手の蹴りを受けて、すかさず探掌穿掌で反撃するのをやりました。

Fさんは時々娘さんからキックで攻撃されているので、後ろから蹴られた場合についても練習してみました(笑。



●太極拳クラス

スワイショウで体を弛めます。
この辺りはみなさん、かなりなじんで来ました。

次は37式。
最初の十字手まで何回か通して練習します。



次はこの中からホウ・リー・セイを取り出してどのように運用するかやってみます。
ホウ・リー・セイ・アンのランジャク尾は太極拳の代表的な技で、基本が全て入っていると思います。
特に相手の力に逆らわないよう注意しながら一連の動きを対練で練習しました。



後半はひたすら単推手です。




●子供基礎クラス

今日はゲストでFさんの弟さんも練習に加わりました。



いつも通り柔軟をしっかりやって、まず蹴りと突きを練習です。

次は五歩拳。
形がしっかりしてきました。
Fさんは体が柔らかいので、形を整えればかなりカッコ良くなります。
これに正確な力の出し方が加わると鋭さが増すと思います。
キックは既に鋭いですけど(笑。

二起脚、旋風脚、三不落地も練習してみます。


多目的ホールは廊下がガラス張りなので、練習していると動物園の「珍しい生き物コーナー」みたいな扱いになります(笑。
今日体育館にいらして「武術を学んでドッジボールの必殺技を編み出したい!」と思った方がおられたら是非豊中に声をお掛け下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「下に落とす日」

2010-11-07 21:43:03 | 日記
前回ブログの締めで「みなさん、風邪をひかないように気をつけてくださいねー」とか書いた自分が風邪でダウンしてしまいました。
今日のテーマは「落とす」なんですが、こういう落ち方はおすすめできません。

皆様、この悪い例を参考に、どうぞお気をつけ下さい。


では、今日の練習内容です。


●八卦掌クラス

準備運動の後、30分ほどひたすら走圏と掌法です。

一休みして、今日は「下に落とす」のと「探掌・穿掌」の2つについて研究してみました。

相手が押してきたとき、それに対抗して押し返すと力の強い方が勝つか、押したのを逆手に取られて崩されます。
そうならない為に「押されたら下に落として耐える」のが八卦掌や太極拳の防衛法です。

太極拳はそうした圧力を逆利用して崩す方向に導きますが、八卦掌は功力を張った全身で受けて力をアースし、結果的に相手が崩れる、という感じです。

実際にやってみます。
グイグイ押して来るのを龍形で受けて「下に落とす」事で耐えます。
逆に引っ張って来るのも下に落として耐えます。



次は「探掌・穿掌」。
探掌と穿掌は「陽と陰」みたいな関係で、一方が受けられた時、一方がそれを補完します。
探掌をかわされたら、すかさず穿掌を見えない位置から飛ばす、という様にセットで使うようです。
手先で突かないよう、体当たりを手の先に伝えるつもりで打つのも重要です。
こういたポイントを押さえて、みんなで練習してみました。

残った時間は88式。
体を伸ばすのを意識しながらやってみます。
スポーツにおけるストレッチと違うのは、伸ばすのに経絡など「気」の考えが入っていると思われるので、その辺りも意識してやってみました。


●太極拳クラス

いつもの様にスワイショウからです。
今日は特に体の感覚を見つめながら行う事をテーマにしました。

37式。
最初から十字手までの第一段を通してみます。
今日参加しているみなさんはほぼ形を覚えられた様です。



次は二人一組になって型を実際にどう使うのか、分解しながらやってみました。

単推手。
攻撃側はやや力を込めて攻撃します。
それを化勁でうまく受け流す。


その他、四正推手なども練習してみました。



今日は子供クラスはお休みです。
また来週から元気に練習しましょうー。



風邪をひくなら真っ先にひくべきです。
例えば職場で最後にひくと、それまで散々伝染して耐性をつけた激烈なやつにやられます。
管理人もインフルエンザ並に強烈なヤツに襲われました。

こうならない様に練習で体を温めて、しっかり睡眠を取りましょう。
風邪は疲れが溜まってくるとひきますからねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加