太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である呉式太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど講師の先生をお招きして講習会を開催しております。また定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。
toyokawatyuugokubujyutu@gmail.com
お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年8月 江口先生勉強会

2010-08-27 23:10:34 | 日記
今回の勉強会にはたくさんの方にご来場頂きました。
豊中始まって以来、最高の参加者数です。
支えてくださる皆様に心からお礼申し上げます。

今回だけでもかなり盛況なのに、目標の30万人が参加したらどうなるんでしょう?

勉強会の内容

●八卦掌クラス

東京から江口先生と一緒にNさんが来てくださって、八卦掌クラスにつきっきりでコーチをして下さいました。
(Nさん、ありがとうございました!)

まずはいつも通りじっくり走圏です。
要求を厳密に守って行うとエアコンをかけた会場でも汗が吹き出してきます。



次は掌法。
今日は新しく龍形八大母掌の内の1つ「三穿掌」を習いました。
穿掌と小ハイ歩を組み合わせた軽やかな転身を行う掌法です。
通常型と下勢で進歩するやり方の2つを学びました。



すでに三穿掌を習得している人は次の掌法である「揺身掌」まで進みました。

その他、自由対打などを練習です。


●太極拳クラス

今日は太極拳が一番盛況でした。
大変熱心な方々が集まっています。

こちらもいつも通り念入りにスワイショウを行います。
今回始めての方もいらしたので、先生が詳しく解説をされていました。

継いで鄭氏37式。
冒頭部分をゆっくりと丁寧に流してみます。



対練。
私たちの太極拳は特に基本功と対練を重視しているので、この時間になるとみんな燃えます。
入り口のドアから外に飛んでいく人もいました(笑)
なかなか激しいです。

とはいえ全てに理論が存在しているので、力任せにせず、太極拳の理に適った運用を心がける必要があります。
このあたりも江口先生が詳しく解説しながら教授されていました。





●子供基礎中国武術(長拳)クラス

今日はなんと跳躍技!
「二起脚」と「旋風脚」に挑戦です!

まずは二起脚。
スキップの要領でトントンと跳ねて、それに蹴りを加えていきます。
最初はうまく行かなかったFさんも、すぐに動作を覚えました(←この辺りがお子さんのすごい所です)

次は旋風脚。
始めは半回転だけ回ってコツを掴みます。
慣れてきたところで一回転に挑戦。
こちらもFさんは終わりごろには形になってきていました。




そして二起脚と旋風脚を組み合わせた「三不落地」。
これは空中で二段蹴りをした後、落下しながら後ろ蹴りと旋風脚をする、という信じられない大技です。
管理人は2,3回やった所でお尻が攣りました。

最後は対練。
五歩拳の用法と、パンチをはたくのを練習です。



ヘトヘトになっている大人2人とは対照的にFさんは最後まで元気いっぱいでした(笑)



大勢の参加者一人一人に丁寧に指導して下さった江口先生、八卦掌クラスを専属で見て下さったNさん、どうもありがとうございました。
そして暑い中勉強会に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。


ブログの更新が遅くなりましたことをお詫び致します。
(管理人のパソコンが壊れました;;)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「静けさのただ中で」

2010-08-15 20:45:33 | 日記
お盆です。
社会人の皆さんの夏休みも終わりでしょう。
そのせいか、学習会館は先週とうって変わって静寂に包まれていました。

というか利用していたの、私たちだけだったんですが。


今日の練習内容

●八卦掌クラス

走圏をやって掌法を確認した後、対打に時間を割きました。

穿掌対打の後、自由対打です。
今回は攻撃する側と反撃する側をお互い明確に決めて、技を3つに絞ってやってみます。

対打時の進歩(足の送り方)について疑問が浮かび、みんなで検証してみたのですが、ハッキリしなかったので来週の勉強会で先生に質問してみることにしました。




●太極拳クラス

Iさんがお休みなので管理人が太極拳クラスに参加しました。
タイミング悪く今日はNさん一人しかいらっしゃらなかったため、単独練習ばかりの薄い内容になってしまって申し訳なく思います。

今回は特に「虚実」をハッキリさせる事に重点を置きました。
スワイショウも37式も虚実を意識して練習です。



対練は単推手、四正推手、それに「リー」で引っかけて相手を斜め後ろに投げ捨てるやつを先生の受け売り解説を交えてやってみました。
いずれも虚実を心がけます。



さて、来週は江口先生の勉強会です。
会員のみなさん、ふるってご参加下さい。

ご見学、体験学習をご希望の方も大歓迎ですので、どうぞお気軽にお越しくださいねー。
(ご希望の際は、上記のメールアドレスに一度ご連絡頂けると助かります。詳細もお知らせ致しますので)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 子ども中国武術 「季節の移ろいに身をまかせ」

2010-08-09 06:18:10 | 日記
上達が早い武術の教室には共通点があります。
それは「スペースが狭いこと」です。
お互いぶつからない様に身幅に注意しながら動くので、聴勁が自然に鍛えられるのでしょう。
(たぶん)

そんな訳で、今日は狭い会場をセレクトしてみました。
(実はここしか借りられなかっただけなんですが)


今日の練習内容

●八卦掌クラス

会場が狭いので、小さな円の走圏をやってみました。
ハイ歩コウ歩をいつもより深くして、代わりに腰の落としを高めにして、人が立っているぐらいのスペースを回ってみます。



掌法。
単換掌などを要求に注意して練習です。

88式。
大起式から最初の数式を細かく復習してみました。

対練は迎面吸化掌と龍形対練を練習です。


●太極拳クラス

スワイショウの後、37式の第一段終わりまで進みました。
武術の型は冒頭部分に重要な要素が詰めてあります。
一番最初にやることは一番たくさん練習するから、覚えて欲しい大事な部分を始めにもってくるのでしょう。
37式も第一段に太極拳の大切な基本が込められていると思います。

その後は推手、按、リーの対練などを練習しました。




●子ども基礎中国武術クラス

いつも通り脚を伸ばして柔軟をやった後、蹴りの練習です。
クラスの子は覚えがとても早いので、蹴りも確実に進化しています。
お父さんに放つキックが日ごとに鋭くなっていきます(笑)

五歩拳も様になってきました。
下勢は相変わらず見事で、大人は敵いません。



最後は対練で、パンチを連続で打ち出したりはたき落としたり。
さらにまっすぐ突き込む、脚から力を出す様に「押し合い」なども練習してみました。


●クラス合同

カオ対打の後、按の練習です。
比較的理解しやすい心意拳を参考に掌で打つのをしてみました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加